2018年07月06日 05時00分 公開
特集/連載

全ての開発環境、全ての開発者をターゲットDevOpsを進めるMicrosoftが決断 「Azure DevOps Project」強化点とは

Microsoftは最新のツールを用意してアプリケーション開発者に手を差し伸べている。それは、DevOpsパイプラインを自動的に構成して、クラウドに接続できるようにするツールだ。

[Darryl K. Taft,TechTarget]
画像 全てのアプリケーション開発をAzureで

 Microsoftのドノヴァン・ブラウン氏(プリンシパルDevOpsマネジャー)は同社が開催する開発者向け会議「Microsoft Build 2018」で「Azure DevOps Project」の最新機能を紹介した。その説明の中で、同氏はアプリケーションを迅速に開発、導入することが求められる今の時代、DevOpsが不可欠であることを明確に示した。


 Azure DevOps Projectのプレビューが初めて公開されたのは、2017年11月に開催された開発者向け会議「Microsoft Connect(); 2017」だ。このAzure DevOps Projectは、予備知識のない開発者でもDevOpsのための環境(DevOpsパイプライン)を構成してクラウドに接続させる。

 わずかな手順を踏むだけで、アプリケーションの構築に使用した開発基盤とは無関係に、ツールがDevOpsパイプラインを自動的に構築する。その後、DevOpsパイプラインを使用して、クラウドでアプリケーションの開発、配布(デプロイ)、監視をする。必要なAzureサービスは全てリソース調整(プロビジョニング)される。プログラム変更管理サービスの「Git」用リポジトリも提供する。Microsoftのアプリケーションパフォーマンスを管理するツール「Azure Application Insights」との統合や、Azureへのデプロイ用の継続的統合および継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインも設定される。

Azure DevOps Projectの強化点

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】