2018年08月01日 05時00分 公開
特集/連載

経営情報ダッシュボードに必須企業が設定すべき「KPI」(重要業績評価指標)10選

KPIは企業目標の達成度を評価するのに役に立つ。有益な経営情報ダッシュボードを作成するための適切なKPIは、どのように選べばよいのだろうか。本稿では、主要なKPIを10件紹介する。

[David Parmenter,TechTarget]

関連キーワード

KPI(Key Performance Indicator) | 経営


画像

 重要業績評価指標(KPI)は、企業がビジネス上の目標を達成しているかどうかの判断に利用するための、測定可能な値を提供する。ビジネスリーダーは、追跡が必要な対象に応じてKPIを定義する必要がある。レポーティングツールやセルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを使用し、そのKPIに照らして業績に関する洞察を得る。通常、業務の進捗(しんちょく)状況を示す「業務KPI」はリアルタイムBIデータを使用して毎日追跡し、戦略の進捗状況を示す「戦略KPI」は、毎週、毎月、四半期ごとなどさまざまな間隔で監視する。

 本稿では、『Key Performance Indicators:Developing, Implementing, and Using Winning KPIs』の著者デイビット・パーメンター氏が同書の一部を引用しながら、KPIやその管理用テンプレートの幾つかの例を紹介する。これらは経営情報ダッシュボードやバランストスコアカード(BSC)に利用できる。

分かりやすいダッシュボードはなぜ必要か

 適切な方向性のKPIを記載した、分かりやすいダッシュボードを用意すれば、「経営陣は企業の状況をきちんと把握しており、事業が適切な方向に向かっている」との確信を取締役会に与えることができる。結果として取締役会は、企業がベストを尽くすべきことに集中できるようになる。

 タイムリーな意思決定を実現するのに役立つ、主要なKPIと、その管理用フォーマットを紹介する。取り上げるKPIは以下の通りだ。

  • 顧客満足度
  • 従業員満足度
  • 新事業成長度
  • 税引前当期純利益
  • 使用総資本利益率
  • キャッシュフロー
  • 収益率
  • 安全衛生状況
  • 設備稼働率
  • 経営効率

顧客満足度

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...