2017年11月08日 05時00分 公開
特集/連載

意思決定の助けにいまさら聞けない「SWOT分析」とは? 強み、弱み、機会、脅威を分析する

「SWOT分析」とは、プロジェクト、製品、組織、個人の実行可能性に影響を与える内外の要因を特定し、分析するフレームワークだ。どんな場面でSWOT分析が役に立つのか、その長所と短所をおさらいしよう。

[Margaret Rouse,TechTarget]

関連キーワード

CIO | CTO | 経営 | スキル


 強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)を分析する「SWOT分析」とは、プロジェクト、製品、組織、個人の実行可能性に影響を与える内外の要因を特定し、分析するフレームワークだ。

 SWOT分析を活用するのは圧倒的に企業が多い。だが、営利を目的としない組織が利用したり、少ないとはいえ、個人が自己評価のために利用したりすることもある。また、戦略、製品、プロジェクトの評価に使うこともできる。

 このフレームワークの評判を高めたのはアルバート・ハンフリー氏だ。同氏は1960〜1970年代にかけてStanford Research Institute(現SRIインターナショナル)でこの手法を検証した。このSWOT分析はFortune 500企業のデータに基づき、ビジネス向けに考案されたもので、さまざまな企業が意思決定の補助として採用している。

SWOT分析を行う時期と理由

 SWOT分析は、戦略的プランニング活動の開始時またはその活動の一環として用いられることが多い。SWOT分析は意思決定の強力な手助けになると考えられている。なぜなら、分析前には見極められなかった成功の機会を発見したり、ことが手遅れになる前に脅威を明らかにしたりできるためだ。例えば、成功を脅かす恐れのある脅威について警告を発しながらも、強みを最大限に引き出す道筋を示すことで、企業は競争の優位を得られる市場を明らかにでき、個人は仕事で成功を収めるための戦略を立案できるようになる。

SWOT分析の要素

 SWOT分析はその名が示す通り、次の4つの要素を分析する。

  • Strength(強み):目標達成を助ける内的な特性とリソース。
  • Weakness(弱み):目標達成の妨げとなる内的な特性とリソース。
  • Opportunitiy(機会):分析対象がメリットとして活用できる外的要因。
  • Threat(脅威):分析対象の成功を脅かす恐れのある外的要因。

 SWOTマトリクスは、一般に、この4つの要素でそれぞれ特定される項目を整理するために用いる。SWOTマトリクスは、通常は4つのクアドラントに区切った正方形で、1つのクアドラントが4つの要素の1つを表す。意思決定者は、各クアドラントに強み、弱み、機会、脅威をそれぞれ一覧にして記入する。

 SWOT分析の対象となる実体は、既存のさまざまなSWOT分析テンプレートを選んで使用できる。テンプレートの多くは、一般に4つのクアドラントから成るSWOTマトリクスのバリエーションだ。

SWOT分析の手法

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

Facebookで”刺さる”動画広告の条件とは? 中の人が解説
Facebookの人ベースの広告で良い結果を生むため、広告表現(クリエイティブ)はいかにあ...

news054.jpg

アイレップ、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」を提供
アイレップは、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered b...

news008.jpg

Webサイトのスピード改善はUI/UX改善以上に効果あり――ゴルフルダイジェスト・オンライン担当者が断言
Webサイトの表示速度改善は離脱を減らしコンバージョンを増やすために取り組むべき重要課...