2011年01月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

導入企業はわずか14%という調査結果もエンタープライズSSD、出荷増大も普及は進まず

エンタープライズSSDの出荷は増大しているが、急速な普及には至っていない。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 ソリッドステートドライブ(以下、SSD)は、ストレージおよびサーバベンダー向け製品の出荷は2010年に200%以上増えたが、エンドユーザーによるSSDの採用パターンは、それほど明らかな上昇曲線を描いていない。

 さまざまな規模の企業のIT専門家354人を対象に米SearchStorage.comと米Storage誌が2010年秋に実施したStorage Purchasing Intentions調査では、SSDを利用していたのは14%にとどまり、そのほとんどがストレージアレイだった。導入の計画があるのは9%、検討中は33%だったが、44%はSSD採用の計画はないと回答した。

 この数字は同年春に実施した同じ調査と比べても微増にとどまっている。春の調査に回答したIT専門家472人のうちSSDを利用していたのは10%、導入の計画があるのは6%、検討中は35%、SSDの計画なしは49%だった。

 SSDを導入しない理由についての回答は、いずれの調査も同じだった。約3分の2がSSDは価格が高過ぎると答え、約3分の1はHDDの性能で十分、またはSSDストレージのことをよく知らないと答えている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news003.jpg

第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本...

news002.jpg

心の扉を開くBtoBコミュニケーション――紙のDMの意外な力
BtoBにおける購買担当者の“心”の扉を開くにはどうすればよいのか? IT時代と言われる現...

news004.jpg

第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...