TechTargetジャパン

製品資料
非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは?
 企業におけるビッグデータ分析やソーシャルメディアなどの活用が進むにつれ、企業が扱う非構造化データは増加し続けている。この非構造化データは、RDBなどで管理される構造化データに比べ、データ量および入出力性能への要求が急速に高まっていく傾向が強い。とりわけ...(2017/10/20 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは?
 いまやストレージはオールフラッシュが主流となる時代に突入した。しかし現在でも、多くのストレージにはディスクストレージのために開発されたテクノロジーや、ディスクストレージ時代のアーキテクチャが使い続けられており、フラッシュの特性を必ずしも生かし切れてい...(2017/10/20 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン
 インターネットのビジネス利用が拡大する中、企業のWebサイトに対するサイバー攻撃が継続的に発生している。2016年には、公開Webサーバが攻撃を受け、情報漏えいしたケースは40件以上報告されており、サーバ環境を取り巻く脅威は依然として深刻な状態である。 情報漏え...(2017/10/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策
 メーカーサポートが終了したOSが、業務システムを運用する企業にとって大きな問題となることがある。その最たるものが、ミッションクリティカルなアプリケーションが稼働するレガシーシステムが、技術的、財政的な理由で新規システムに移行できないケースだ。 そのため...(2017/10/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
WannaCryの陰で深刻化していた「公開サーバの脆弱性」、攻撃手法と対策を解説
 世界規模で猛威をふるった暗号化型ランサムウェア「WannaCry」。国内でも多くの企業が対策を迫られた。このランサムウェア騒動の裏で深刻化していたのが、「公開サーバ」への攻撃だ。 トレンドマイクロによれば、2017年1月〜3月だけで、国内で既に17件もの公開サーバへ...(2017/10/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理
 基幹業務における無線LANの利用が拡大するとともに、ネットワーク運用の複雑化と高度化が急速に進んでいる。BYODやリモートオフィスへの対応、IEEE 802.11acの導入、ビーコンを用いた位置情報の活用などへのニーズが高まる一方で、無線LANにも有線LANと同等の安全性や安...(2017/10/17 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
 仮想化とクラウドというソフトウェアベースのソリューションによって、データセンターのインフラは劇的な効率化とコスト削減を果たした。しかし、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存しているため、管理やメンテナンスの手間は従来のままになってい...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか?
 運用の複雑化やリソース不足、最新テクノロジーの対応の遅れなどの課題を解消できるインフラとして注目される、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)。この強力なインフラにデータセンターを移行するための最新アプローチは、大きく分けて2通りがある。 その1つが、HCI...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
ファームウェアへの攻撃をシリコンレベルで防ぐ、次世代サーバ技術を徹底解説
 次世代サーバに求められているセキュリティとアジリティの進化。その取り組みは既に実を結び始めている。セキュリティ面で特筆すべき新技術が、近年増加しているファームウェアやBIOSレベルのサイバー攻撃を防ぐために、シリコンレベルでセキュリティを高めるというもの...(2017/10/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」とは何か、その文脈とは
 ガートナーの調査が「2019年には約50億ドルの市場に拡大」と成長を予想しているハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)だが、その実態を理解しているユーザー企業は意外と少ない。そのため、導入の検討を始めても投入コストや導入メリットのバランスが正しく把握で...(2017/10/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決
 日々増え続けるデータは、バックアップの所要時間の増大を招き、仮想化や災害対策などの足かせになっている。日次のバックアップは、差分/増分バックアップでしのげたとしても、定期的に行うフルバックの負荷が極めて大きく、所定時間内に作業が終わらない状況まで生ま...(2017/10/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「オンラインストレージ」入門:4つのビジネス効果を基礎から解説
 インターネット接続環境があれば、世界中のどこからでも、さまざまな端末を用いてファイルにアクセスできる「オンラインストレージ」。文書、写真、動画などのデータをオンラインストレージに保管しておけば、会社で作成した文書ファイルを移動中などに閲覧・編集できる...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
コスト比較:法人向け主要クラウドストレージの7つの違いとは?
 企業が取り扱うデータが増加し続ける中、クラウドストレージを導入する企業が増えている。データがクラウド上に保存されるため、インターネットにさえ接続していればどこからでもアクセスでき、共同作業もスムーズになる。ローカルサーバと異なり、物理的な保管場所が不...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が33.3%と続いた。一方、「Windows ...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

事例
オールフラッシュ導入事例:ハイブリッドクラウドの運用性はどこまで変わる?
 町田市では、庁舎内に構築された「庁内クラウド」と、商用データーセンターの「庁外クラウド」によるハイブリッドクラウド環境の活用が進められてきた。仮想化技術により両クラウド間での柔軟なシステム移動とバックアップが可能な仕組みを取り入れ、業務継続と災害対策...(2017/10/6 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
3拠点にまたがるVDI環境を安定稼働、日本女子体育大学のオールフラッシュ活用法
 日本女子体育大学では、長年IT教育の強化を進めてきたが、サーバ数の増大による設置スペースの問題にぶつかっていた。そこで2008年から、システムを集約化するため仮想化環境への移行プロジェクトを開始。同時に、セキュリティ対策など管理性の強化も考慮し、クライアン...(2017/10/6 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
次世代ハイパーコンバージドが実現する「Converged 3.0」とは?
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、「究極にシンプルなITインフラ」を実現する次世代モデルに移行しつつある。次世代HCIは単にストレージをサーバに内蔵させるだけでなく、ラックにあるさまざまな周辺機器まで統合できるようになる。 また、次世代HCIは全てHCIで...(2017/10/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
営業活動ですぐ役立つ、アドビ社員が教える「Acrobat DC」の便利機能
 社内外での情報共有ツールとして定番となっているPDF文書だが、その機能を余すことなく活用できている企業は少ない。そこで、ビジネスシーンでの利用も多い「Acrobat DC」が持つ便利な機能を紹介しよう。 その1つが「送信とトラック」機能だ。この機能により、Adobeの...(2017/10/5 提供:アドビ システムズ 株式会社)

事例
ハードの在庫を持たずに即時のITリソース増強、沖縄クロス・ヘッドの調達術とは
 データセンターのハウジングサービスを利用する企業には、ラッキングやセッティング、障害対応など現場に出向いて対応しなければならない作業負担が付きまとう。そこで、リモートでこれらの作業を実行できる「次世代IoTセンターサービス」を開発したのが沖縄県のIT企業...(2017/10/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ
 モバイルデバイスやIoTデバイス、新しいサービスの普及により、ネットワークの構築および運用の複雑さとコストは増大する一方だ。より多くの帯域幅へのニーズも高まっており、世界のIPトラフィックは今後5年間で3倍に増えると予測されている。 このIPトラフィックの急...(2017/10/2 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
ITインフラの複雑化を解決、マルチOS/マルチクラウド対応の運用自動化サービス
 多様な環境を一元管理できるクラウド型運用サービス「Operations Management Suite(OMS)」が、ITインフラ複雑化の解決策として脚光を浴びている。ログの収集・分析を、オンプレミスやクラウドといった環境にかかわらず実行できる上、定義済みの設定であるソリューショ...(2017/9/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
1台からでも対応可能、中堅・中小企業でも手軽に導入できるVDI環境
 少子高齢化、介護や子育ての負担、長時間労働のまん延など、さまざまな形で表面化している問題は、企業にとっても真剣に取り組むべき大きな課題だ。そこで、これらの課題を解決する方法として求められ始めたのが、高いセキュリティを担保しつつ、どこにいても会社と同じ...(2017/9/29 提供:丸紅ITソリューションズ株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入ガイド――主要製品の特長と重要オプションを解説
 サーバやSAN、ストレージなどの統合基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットは、セットアップが簡単に行えることや、後から簡単にスケールアウトできることにある。また、搭載された高機能ストレージにより、さまざまなビジネスニーズに柔軟に対応...(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
バックアップ環境の刷新で数百万円のコスト削減、ドン・キホーテが選んだ手法は
 食品や衣料品、家電など、幅広い商品を扱う小売店として知られるドン・キホーテ。同社は、プライベートクラウドの活用を積極的に進め、数百の仮想化システムを統合運用している。この仮想環境のデータ保護についても、統合ストレージを導入することで一元化に成功した。(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
基幹業務の負担となる「帳票のFAX送信」、到達率99.9%と経費削減の両立法は?
 製造業/卸売業に特化した受発注の業務シーンなど、FAXによる帳票の伝達が欠かせない業界・業務では、その運用や維持に多くの経費と人手を割いているのが現状だ。また、短時間に大量の帳票をFAX送信しようとすると、回線状況によっては、届くまでに数時間かかるようなケ...(2017/9/26 提供:株式会社ネクスウェイ)

製品資料
SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?
 IT環境を迅速に立ち上げる方法として、近年、ハイバーコンバージドインフラ(HCI)の注目度が高まっている。HCIはSDS(Software-Defined Storage)の技術を使い、外部のストレージアプライアンスを用いず、汎用的なx86サーバ上にコンピューティング機能とストレージ機能...(2017/9/25 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

製品資料
2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用
 ビッグデータの活用に対する関心が高まる中、多くの企業がビジネスインテリジェンスとアナリティクスに向けた投資の優先度を上げている。アナリティクス市場は、2020年までに760億ドルという規模に成長するという予測もある。 成長が期待できる一方で、業績に貢献でき...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

製品資料
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策
 「Amazon Web Services」(AWS)は、高いスキルがなくても手軽にサーバを立ち上げられる半面、セキュリティに関して十分に検討・対策がされていないケースも見られる。 AWSの基本的なインフラ部分は、AWS側で効果的なセキュリティが用意されているが、ゲストOS、ミドル...(2017/9/19 提供:トレンドマイクロ株式会社)

Webキャスト
次世代x86サーバが切り開くサーバセキュリティの新標準とは?
 急激に進むデジタル変革、被害の拡大が続くサイバー攻撃などを背景として、企業がITプラットフォームに求める条件は、さらに多様かつ高度なものとなっている。このような要求に応えるため、サーバ製品はセキュリティ、アジリティ、経済性の面で大きな進化を遂げてきた。(2017/9/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading