TechTargetジャパン

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント
 サーバ仮想化のメリットは一言では説明できない。さまざまなメリットがあり、どのメリットを重視するかはシステムによっても異なる。あるシステムではコストが重要視され、あるシステムでは冗長性が最も重要視される。ここでは、3つの観点でサーバ仮想化のメリットを解...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
1回で分かる:モバイルアプリ開発を楽にする「BaaS」って何?
 スマートフォンをはじめとしたモバイルアプリケーション開発のためのクラウドサービスとして注目されている「BaaS」(Backend as a Service)。 モバイルアプリケーション開発者がサーバ側(=バックエンド)のことを気にせず、認証サービスやデータベースへの読み書き...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
物理PCと何が違うの? デスクトップ仮想化、基本の「き」
 「デスクトップ仮想化」(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)とは、クライアントPCのデスクトップ環境を、仮想化技術を使いサーバで集約して利用する仕組みである。よく比較されるリモートデスクトップ(サーバ共有型デスクトップ)は、サーバOSをマルチユーザーで...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
実は簡単、Webサイト常時SSL化のために必ず知っておくべきこと
 Webサイトの全ページをHTTPS化する「常時SSL」が、大きなトレンドとなっている。従来、個人情報を入力するフォームやログインページなどをSSL化するWebサイトは多かったが、巧妙化するサイバー攻撃への対策や、モバイル化の進展に伴い急増している公衆Wi-Fiなどからの通...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSLサーバ証明書に関する「10のあるある」──よくある10の質問&回答集
 Webサイトを運営する企業にとって、必須といえるセキュリティ対策。中でもSSL暗号化通信やサーバ証明書の導入は基本中の基本といえる。しかし、初めて導入およびリプレースを検討している企業にとっては、その設定方法や手続き内容に不安を感じることも少なくないだろう...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ、情報の盗聴や改ざんをする...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
いまさら聞けない、SSLサーバ証明書とルート証明書の関係
 現在のWebサイトは、単純な情報掲載サイトから一つのサービス提供窓口としての役割を担うようになっている。そのため新しい技術やサービスを取り込みやすくするために、外部システムと連携させることを前提としてサイトが構築される傾向にある。 しかし、システムの複...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
サイバー攻撃の脅威に備える。脆弱性診断スタートガイド
 近年、企業のWebサイトがサイバー攻撃によって情報を漏えいする事件の多くは、Webアプリケーションの脆弱性が狙われて発生している。 脆弱性を作らないためには、Webアプリケーションの設計/実装/テストの各工程においてセキュリティを考慮する必要があるが、短納期...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレ認証局」にはできない、SSL証明書失効確認のメカニズム
 認証局にはSSLサーバ証明書を「発行する」だけでなく、Webサイト運営企業による「秘密鍵」の紛失時などに際し、証明書を「失効する」という重要な役割があることをご存じだろうか? 失効されたSSLサーバ証明書の情報は、インターネット上で「失効リスト」として公開さ...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
クラウドやネットワークに寄らず、パフォーマンスを最適化する3つのポイント
 多様なクラウドを活用するエンタープライズシステムのハイブリッド化は、MPLS(Multi Protocol Label Switching)、インターネット接続、VPNなど複数のネットワークを使い分け、ネットワークのハイブリッド化も進展させてきた。これにより企業のデータ活用は、クラウド...(2016/6/10 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
基幹システムの投資利益率を最大化する「サーバリソースの黄金比」とは?
 企業活動の基盤となる基幹システムの停止は、ビジネスにおける大きな損失を意味する。そのため、業務で想定される最大の負荷に備えてリソースサイズを決定するのが一般的だが、ROI(投資利益率)の観点から見たとき、この考え方には大きな弱点がある。 それは、リソー...(2016/6/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
もうSSDしかあり得ない、第一線システムでHDDが置き換えられるこれだけの理由
 サーバ内蔵SSDの時代が来ている。SSDは登場した当初、容量対コストや製品寿命、ランニングコストなどはHDDに比べて格段に高く、サーバ導入が非現実だった。だが、SSDは現在、HDDと同程度の価格となり、テラバイトクラスの大容量モデルも登場した。サーバのストレージをH...(2016/6/2 提供:オリックス・レンテック株式会社)

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を負わせる負わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返す...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
すかいらーくが80業務システム200サーバをクラウドへ、その統合効果とは?
 企業の成長とともにITシステムは拡張されてきたが、その時代に最新と思われたプラットフォームやアプリケーションも、今日の技術からみるとつぎはぎだらけの時代遅れシステムとなっている例は多い。 ファミリーレストラン大手のすかいらーくでは、80業務システム、200...(2016/6/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「狙われるならどこですか?」専門家へ脆弱性診断の依頼が増えている理由
 年々、高度化するセキュリティの脅威に対抗する手段として、さまざまな診断ツールが開発されている。事故防止に有効な施策だが、十分な効果を得るためには、サイバー攻撃の専門知識や最新動向について知っておかなければならない。 攻撃者の手口は多様で、常に変化と悪...(2016/5/31 提供:サイトロック株式会社)

事例
ユーザーも実感したバッチ処理時間の短縮、オールフラッシュストレージの効果
 あらゆる分野でデータが大容量化し、サーバにかかるオンライン処理やバッチ処理などの負荷が上昇を続けている。そのため、この影響がユーザー体験に直結するクラウドサービス事業者を中心にストレージ基盤の刷新が進んでいる。 クラウドサービス「iNET IMAGE BANK」を...(2016/5/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
レンタルサーバ事業者の評価基準に応えるバックアップ運用の要件
 企業が管理するデータが爆発的に増加する中、事業継続計画の要となるバックアップシステムに対する意識も変わり始めている。レンタルサーバ事業などを行うプロックスシステムデザインでは、この変化を受けてバックアップサービスの内容を大幅に変更した。 同社は、2002...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

事例
白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の「業務改善効果」
 直接的には価値を生み出さないITシステムの使い勝手の向上は、対策の優先順位が上がらないことも多いという。しかし、それが業務改善につながることもある。日本酒メーカーの白鶴酒造では、全国に点在する約60台のサーバのバックアップシステムを刷新することで、このこ...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

レポート
クラウドサービスの「メリットを最大化する条件」と「選択するポイント」とは?
 Webサービス提供企業やゲーム開発企業などを中心に利用が進むクラウドサービス。一般的な業種でも運用コスト削減のために、基幹系システムのクラウド移行を図る企業が増えている。しかしながら、コストパフォーマンスの評価が正しく行えずに、そのメリットを享受できて...(2016/5/16 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
サーバの次はストレージも仮想化、ソフトウェア実装による仮想SANの実力
 クラウドシステムにおいてはサーバの仮想化だけでなく、ストレージも仮想化することで高い可用性を生み出すことが可能になる。ストレージ仮想化がされなければ、サーバ側の処理がいくら高速化してもパフォーマンスのボトルネックとなり、コスト効率も上がらない。そして...(2016/5/13 提供:株式会社トライテック)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/5/12 提供:デル株式会社)

技術文書
情報漏えい対策の最後の砦「ファイル暗号化」の3つの運用モデル
 マイナンバー制度の本格運用が始まる2017年7月に向けて、金融機関、官庁、教育機関だけでなく一般企業でも、サーバやPC内のファイルを暗号化する動きが進んでいる。その背景には、現時点では完全に防ぐことができないといわれる標的型攻撃の激化がある。 従来の侵入防...(2016/5/12 提供:株式会社ネスコ)

製品資料
SDSで汎用ハードウェアのストレージ性能を拡張――スケールアウトSAN活用事例
 企業や組織が管理するデータが著しく増大し、従来型ストレージの高額な拡張コスト、拡張性の不足、柔軟性に欠ける調達/導入モデルなどが問題となり始めている。そこで、これらの課題を解決するためにSDS(Software-Defined Storage)の活用が進んでいる。 SDSには複数...(2016/5/11 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
組み込みモジュール「COM Express」、最新の「タイプ7」とは?
 ADLINK CTOのジェフ・マンシュ (Jeff Munch) をリーダーとするPICMG COM Expressサブコミッティが策定した最新のCOM Express仕様が間もなくリリースされる。 最大4つの10GbE-KRインタフェースに対応したCOM Expressタイプ7にピンアウトは、将来の大きな発展の1つで、Io...(2016/5/9 提供:ADLINKジャパン株式会社)

製品資料
全体最適でセキュリティ対策を再点検、弱点発見のコツとは?
 新たな攻撃への対策という形で拡張されるセキュリティは、IT環境の中で最も統合運用が難しい分野だ。次々と生み出される攻撃手法への対応を続ける中では、思わぬ形でシステムの穴を残すこともある。セキュリティ対策では、定期的に俯瞰視点から見直すことも必要だ。 セ...(2016/5/2 提供:株式会社アシスト)

技術文書
“わんこそば”理論でDB高速化のボトルネックを解消する3つのポイント
 フラッシュストレージを導入すれば、データベースサーバのCPUコア数を減らせるという話を聞くことがある。果たしてそれは本当なのか? この問いに正しく答えるためには、サーバのボトルネックを理解する必要がある。 データベースシステムの専門家いわく、“わんこそ...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
データベース環境の賢い作り方――5つの課題で解説
 データベースサーバに求められるスペックは、バックアップシステムやハブシステムなどの要件によって異なるが、その導入に際しては、処理性能だけでなく、運用コスト、可用性、導入期間なども検討しなければならない。データベース環境をより少ない時間とコストで導入す...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

Loading