TechTargetジャパン

事例
予算範囲の最適コア数は768――明電舎が分析時間を短縮した特化型のサーバ選び
 サーバの導入や刷新では、予算や時間などのさまざまな制約条件が課される。その中でパフォーマンスを最大化するためには、用途を絞り込むことも重要となる。このアプローチでサーバ環境の大幅な改善に成功したのが重電メーカーの明電舎だ。 同社は大型発電機の開発に必...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ビットアイル・エクイニクスのベアメタル型IaaSを支える新サーバの付加価値とは?
 サーバ・ネットワーク機器レンタルサービスやクラウドサービスを提供するビットアイル・エクイニクス(旧ビットアイル)。2009年にスタートしたクラウドサービスが好調で、年率20%という成長を続ける同社だが、2015年にサーバ環境を刷新し、さらなる付加価値の向上を目...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
IT統制に欠かせないシステムの変更管理――工数を大幅に省力化する3つの秘訣
 近年は標的型攻撃による情報流出などの事件が後を絶たない。このようなセキュリティ上の問題が発生し、システムの監査が発生したとき、システムの変更履歴を記録していなければ、企業の信用失墜や社会的責任の追及といったコンプライアンス面の問題が生じる。 しかし...(2016/7/29 提供:株式会社ラネクシー)

Webキャスト
サーバ管理者が運用できる「サーバ仮想化後に最適なネットワーク」とは?
 サーバ性能の急速な向上から、仮想化によるサーバ集約率は数年前とは比較にならないほど高まっている。これに伴い、サービスインスタンスとデータ量は著しく増加したが、旧来のネットワークはこの変化に対応できずボトルネックとなっているケースが多く見られる。 仮想...(2016/7/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
アプリ処理速度を向上する運用管理術――秘訣はネットワーク設計にあり
 サーバ仮想化、ビッグデータ分析、モバイルワークなどの活用の広がりに伴い、データセンターの大規模化やアプリケーションの増加が急速に進んでいる。多くの企業が、この変化に対応するため、ストレージ環境の増強を検討するようになった。 IT調査会社のIDCによれば...(2016/7/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
コスト最適化が難しい中規模環境のバックアップ、選ぶ価格と機能の条件とは?
 事業継続計画(BCP)や災害対策の観点から、多くの企業がバックアップ製品を導入している。しかし、中規模なシステムを運用する企業の中には、バックアップコストを最適化できずにいるケースが少なからず見られる。 その理由としては、物理/仮想サーバが混在した数十...(2016/7/12 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは、企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対し、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題が明らかとなった。目的:TechTargetジャパン会員...(2016/7/11 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
フラッシュストレージへの誤解を解消、低TCO・高ROI実現のポイント
 近年、パフォーマンスやデータ密度の進化が著しいフラッシュストレージを企業向けに導入する動きが進んでいる。DB、仮想サーバ、VDIなどのパフォーマンス向上は、多くの企業が課題としており、今後もフラッシュ製品への移行は進むと考えられる。 その一方で、「容量当...(2016/7/7 提供:ネットアップ株式会社)

事例
Google Apps移行の「2つの困難な条件」、食品卸の国分はどう解決したのか?
 旧来のオンプレミス型メールシステムに限界が見えてきたことから、多くの企業がクラウドサービスへの移行を図っている。これにより多くの課題を解消することができるが、単一のサービスだけでは解決できない問題もある。 食品卸業を行う国分は、約20年間利用していたメ...(2016/7/7 提供:株式会社インターナショナルシステムリサーチ)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
“なりすまし”アクセスを防ぐ、認証サーバ不要のワンタイムパスワード管理術
 業務におけるモバイル活用が進み、外出先からクラウドアプリや社内システムにアクセスすることが一般的になった。それに伴い、パスワード不正使用による“なりすまし”のリスクも高まったが、まだ十分な対策が取られていないケースも見られる。 なりすまし対策として一...(2016/7/1 提供:ジェムアルト株式会社)

製品資料
VPNで「拠点間接続」「リモート接続」、利用シーンや導入のメリット
 スマートフォンやタブレットをはじめとするモバイル端末の普及や、ワークスタイルの多様化などにより、拠点間でファイルやネットワーク機器、アプリケーションを共有したり、自宅や外出先から社内と同じ環境で仕事をしたりする環境が求められている。 そこで注目される...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

事例
SAPシステムの運用コストを40%削減、タマホームに学ぶ基幹系のクラウド移行術
 住宅の施工・販売業者のタマホームは、「より良い家をより安く」をモットーにしたビジネスで成功を収めているが、ITインフラの運用においては大きな課題を抱えていた。急速な事業成長に伴うシステムの肥大化が、コストと工数を増大させていたのである。 同社が目指す高...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

事例
医療ITをリードする佐世保中央病院、大規模なインフラ刷新で目指す先は?
 長崎県の地域医療を支える佐世保中央病院は、医療ITの先駆者として知られており、2002年にはオーダリングシステムと市販の電子カルテを組み合わせた病院情報システムを既に構築していた。厚生労働省が、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」を制定したの...(2016/6/30 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

事例
ナブテスコがSAPを含む200台のサーバをクラウド化、約1年で実現できた理由とは?
 モノを“動かす・止める”モーションコントロール技術を強みに、幅広い産業の発展に貢献するナブテスコはSAPで構築した基幹系システムやNotesやActiveDirectoryなどで構築した情報系システムを24時間、365日体制で運用している。このシステムは国内だけでなく、海外拠点...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

Webキャスト
DB統合型システムの基礎知識――普通のコンバージドと何が違う?
 コンバージドシステムの大幅な進化により、DBの処理能力の伸び悩み、DBサーバ乱立による工数やコストの増加などの課題はある程度解消されてきている。しかし、それらは主にハードウェア側からもたらされた効果であり、ソフトウェア側での改善の余地はまだ多く残されてい...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
日本精工の現場担当者が語る、インフラ主導の「プライベートクラウド」活用術
 大企業を中心に統合的なIT基盤への移行が進みつつあるが、いまだにサイロ化した個別最適システムを利用している企業は多い。一方、早い段階でIT基盤の刷新を行うことで、他社よりも多くの効果を得られると考える企業が現れている。 世界有数のベアリングメーカーとして...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
バックアップ高速化を徹底検証、NICチーミングと重複排除でどこまで速くなる?
 バックアップ製品の選択で、まず気になるのはバックアップ時間である。ただし、これを計測する際は幾つかの「条件」を考慮すべきだ。特に、高速化の鍵となるNICチーミングと重複排除機能については、実際にどのような仕組みになっているのかも含めて確認したい。 NICチ...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の「業務改善効果」
 直接的には価値を生み出さないITシステムの使い勝手の向上は、対策の優先順位が上がらないことも多いという。しかし、それが業務改善につながることもある。日本酒メーカーの白鶴酒造では、全国に点在する約60台のサーバのバックアップシステムを刷新することで、このこ...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント
 サーバ仮想化のメリットは一言では説明できない。さまざまなメリットがあり、どのメリットを重視するかはシステムによっても異なる。あるシステムではコストが重要視され、あるシステムでは冗長性が最も重要視される。ここでは、3つの観点でサーバ仮想化のメリットを解...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
1回で分かる:モバイルアプリ開発を楽にする「BaaS」って何?
 スマートフォンをはじめとしたモバイルアプリケーション開発のためのクラウドサービスとして注目されている「BaaS」(Backend as a Service)。 モバイルアプリケーション開発者がサーバ側(=バックエンド)のことを気にせず、認証サービスやデータベースへの読み書き...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
物理PCと何が違うの? デスクトップ仮想化、基本の「き」
 「デスクトップ仮想化」(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)とは、クライアントPCのデスクトップ環境を、仮想化技術を使いサーバで集約して利用する仕組みである。よく比較されるリモートデスクトップ(サーバ共有型デスクトップ)は、サーバOSをマルチユーザーで...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
SSLサーバ証明書導入のための「5つのキホン」
 Wi-Fi環境の整備やスマートデバイスの普及により、社内外のネットワークからWebサイトにアクセスするユーザーが増えている。Webサイトのセキュリティ対策として、SSLサーバ証明書の導入で、サイト運営団体の実在性を証明したり、通信を暗号化し盗聴や改ざんを防ぐことは...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSLサーバ証明書に関する「10のあるある」──よくある10の質問&回答集
 Webサイトを運営する企業にとって、必須といえるセキュリティ対策。中でもSSL暗号化通信やサーバ証明書の導入は基本中の基本といえる。しかし、初めて導入およびリプレースを検討している企業にとっては、その設定方法や手続き内容に不安を感じることも少なくないだろう...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSL実装の教科書──脆弱性を作り込まないための8つのポイント
 従来Webサーバに対する攻撃は、管理者や社内の人間だけがアクセスするアプリケーションやポート(FTPやSSHなど)へのアクセスをファイアウォールで対策しておけば、多くを防ぐことができた。しかし、攻撃技術の進歩や攻撃ツールの普及により、公開サーバで脆弱性を放置...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading