TechTargetジャパン

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2017/1/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

Webキャスト
「SDS」はどう使える? 構築・運用管理の実態を分かりやすく解説
 IoTによるビッグデータ時代を迎え、限られた工数と予算の中で、いかにして変化の激しいビジネス要求に応えるITインフラを整備するか。そのキーワードの1つがSDI(Software Defined Infrastructure)だ。 「高い俊敏性」「ビジネス成果中心」「新たなワークロードとアプ...(2017/1/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
読込時間を大幅短縮、HTTP/2活用の基礎知識――ECC対応版サーバ証明書はこう使う
 Webブラウジングを高速化するプロトコルとして、HTTP/2が脚光を浴びている。Webサイトの運営者は、ユーザーに快適な閲覧環境を提供でき、特にECサイトなどでは訪問者の離脱防止効果が期待できる他、リピーターの獲得にも期待が高まる。 Webブラウザとサーバの両方で対...(2017/1/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo! JAPANも実装する常時SSL化、新時代の「SSLサーバ証明書」の選び方
 これまでSSLによる暗号化は、1つのWebサイトの中でも個人情報を取得するフォームだけに使われてきたが、近年はこの考え方が変化している。個人情報取得の有無にかかわらず、Webサイトの全ページを常時SSL化する企業や組織が増えてきているのだ。 インターネットにおけ...(2017/1/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは
 ビッグデータの活用が本格化している中、多くの企業で課題となるのは「データ量の爆発的な増加にどう対応していくか」というものだ。総務省の調査によれば、データの流通量は9年間で約9.3倍にもなると見込まれている。 これだけ巨大となると、従来の延長線上ではすぐに...(2017/1/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
テレワークの情報漏えい対策、外部パートナーに共有したファイルも暗号化/追跡
 現在、国が主導する「働き方改革」と歩調を合わせて、多くの企業でワークスタイルの多様化が進められている。この取り組みを成功させるためには、テレワーカーに安全なファイル共有環境を提供する必要があるが、従来の方式にはさまざまな課題がある。 例えば、社内サー...(2017/1/10 提供:アイドック株式会社)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が(33.3%)と続いた。一方、「Wind...(2016/12/28 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは
 TechTargetジャパンは、ファイルサーバの導入・利用状況に関するアンケート調査した。その調査で目を引いたのが、データの管理に対して課題を抱えている企業が多いことだ。ファイルサーバ管理への不安や課題を聞いたところ「データの肥大化対策」と回答した割合が73.5%...(2016/12/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
データ増大に備えて不要ファイルを削減せよ、三菱重工業が35テラバイトのサーバを20%ダイエット
 ファイルサーバのデータをなかなか削減できない原因は、サーバ内の“データ可視化”が難しいからだ。数十テラバイトにも膨らんだデータはファイル数にすると膨大なものになり、捨てても構わないデータをそこから選別するには時間や手間が予想を超えて掛かってしまう。フ...(2016/12/28 提供:株式会社ジャストシステム)

比較資料
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型」と「統合型」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を指す。このコンテンツではターゲット型アプライアンスに...(2016/12/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
常識となりつつある常時SSLの課題――隠れた攻撃の発見と解析負荷の軽減
 SSL/TLSによるWebサイトの暗号化通信が標準になりつつある。SSL暗号化通信に必要なサーバ証明書が安価になったことでセキュリティを高めやすくなったと同時に、GoogleがSSL暗号化通信に検索順位の優遇を図っていることも影響している。 一方、SSL暗号化通信は通信内容...(2016/12/22 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
実態調査で明らかになる サーバ、デスクトップ、アプリケーションの仮想化
 サーバの仮想化は多くの企業で導入が広がっており、その用途も多様だ。特に開発/テスト環境のように一時的な利用で終わるサーバは、負荷が軽いものの台数が必要となるだけに、仮想サーバに適しているとされる。しかし仮想サーバの運用は物理サーバと異なる点もあり、そ...(2016/12/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?
 単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築している場合、これまでは1つのSSLサーバ証明書しか設置できなかった。この状態だと、もし一部のサイトから暗号鍵の漏えいなどが起きると、サーバ内に同居している全てのサイトに、改ざんや...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Webキャスト
知らないと損するSSLサーバ証明書の「違い」とは?
 Webサイトが本物であることを証明する「SSLサーバ証明書」は、昨今のOpenSSLの脆弱性問題などが引き金となり、あらためてその重要性に対する認識が高まった。しかし、幾つかのセキュリティベンダーがSSLサーバ証明書を提供しているが、その種類や特徴を正しく理解できて...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
いまさら聞けない、SSLサーバ証明書とルート証明書の関係
 現在のWebサイトは、単純な情報掲載サイトから1つのサービス提供窓口としての役割を担うようになっている。そのため新しい技術やサービスを取り込みやすくするために、外部システムと連携させることを前提としてサイトが構築される傾向にある。 しかし、システムの複雑...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOSバージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
Azure移行を成功させる「パフォーマンス管理」とAzure特有の注意点とは?
 多くの企業がWebサーバやデータベースリポジトリ、オンラインストレージなどのコンテンツとアプリケーションワークロードを「Microsoft Azure」に移行している。しかし、クラウドアプリケーションのデリバリーモデルには、帯域幅の制限、遅延、限りのあるリソースの奪い...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

講演資料
悩む前に試してみよう AzureとクラウドでDRはこんなに使いやすい
 24時間365日、休み無しでサービスを提供し続けるITが当然の現在、ディザスタリカバリー(DR)は事業継続のために欠かせない。オンプレミスで用意するには、ネットワークやハードウェアの準備、環境構築など負担は大きい。現実的な実装方法を考えねばならない。 その代...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
「大量のExcelファイルは宝の山」、データ活用の流れに一歩で追い付く考え方
 ビジネスにおけるデータ活用と聞くとつい身構えてしまうが、実はそれほど難しいことではない。データとは、日々の業務で得られる「いつ売れたか」「どんな年齢の顧客か」といった情報のことであり、その蓄積から価値を導き出す取り組みは、これまでもExcelなどで行われ...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
オールフラッシュ性能評価:デスクトップ/サーバ仮想化環境向け製品の実力は?
 近年、多くの企業がIT優先課題の1つとして仮想化テクノロジーの導入に取り組んでいる。しかし、デスクトップ/アプリケーション仮想化の導入は、データセンターに特に複雑で要求の多いストレージワークロードをもたらす可能性がある。 また、企業が扱うデータの増大と...(2016/12/15 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
東京大学のストレージ刷新、サーバ仮想化環境の高速化と安定運用を実現した秘訣
 東京大学 工学系研究科・工学部では、学生や教職員の情報発信、情報共有の活性化や業務の効率化を目的とした情報サービス基盤を運用している。この基盤はサーバ仮想化環境上に構築され、5000人以上のユーザーに情報ポータルやメールサービスなどの機能を提供している。(2016/12/15 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド
 近年、IT部門にはインフラよりもアプリケーションやサービスに対して時間と予算を割り当てることが求められるようになっている。しかし、そのことがインフラへの要求をさらに高め、問題の増加を招くという皮肉な状況が生じている。 この悪循環を生んでいるのが、ストレ...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ
 過去のデータは累積し、ビッグデータ到来で新たなデータは急増、そのバックアップの抑制には「重複排除」が有効だ。この重複排除にも新旧の技術が存在し、古い技術では大量データに耐えられず、ネットワークを圧迫し、バックアップが終わらない事態も招きかねない。 こ...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

講演資料
作ってみようハイパーコンバージドインフラ、Windows Server 2016での作り方
 新世代のIT基盤として期待されるハイパーコンバージドインフラ。サーバ、ストレージ、ネットワークを統合したノードを複数組み合わせて、リソースプールとして一元管理、クラウド基盤として利用できるようにしたものだ。運用管理が格段と容易になるほか、ノードの増設に...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading