TechTargetジャパン

事例
「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには?
 国内外で合成樹脂加工製品事業と産業機械事業を展開する萩原工業。同社は業務効率向上を目的に早くからICTを推し進めてきたが、ハードウェアの老朽化から新システム基盤を導入する必要に迫られていた。このとき、既にバックアップ装置の故障やサーバの能力不足によるレ...(2017/8/16 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

事例
IoT化に向けた統合情報システム基盤を構築、中小企業の無停止型サーバ導入事例
 国内外で合成樹脂加工製品事業と産業機械事業を展開する萩原工業。同社は業務効率向上を目的に早くからICTを推し進めてきたが、ハードウェアの老朽化から新システム基盤を導入する必要に迫られていた。この時、既にバックアップ装置の故障やサーバの能力不足によるレス...(2017/8/16 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める
 EUC(End User Computing)は、場所にとらわれない働き方やBYODを可能にし、生産性を向上する手法として、多くの企業が取り組んでいる。一方で、VDI環境をはじめ相応のインフラ整備が必要であり、単に導入しただけではIT部門の作業時間が運用トラブルに浪費されかねない...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「Outlook」の機能を手軽に拡張――添付ファイルをワンクリックで圧縮・暗号化
 Outlookは日常的に使うアプリケーションであるだけに、できれば便利かつ安全に利用したいものだ。例えば、添付ファイルを簡単に圧縮・暗号化できれば、添付ファイルを送信する際の手間を省略でき、万が一誤送信したときの情報漏えい対策にもなる。 本コンテンツで紹介...(2017/8/10 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドに苦手な処理はあるのか? 主要ワークロードで徹底検証
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にはクラウドのような柔軟性や拡張性、シンプル性など多くの魅力があるが、苦手な処理への懸念もある。例えば、サーバとストレージリソースの両方を使用するトランザクション中心のアプリケーションでは、パフォーマンスが不安定に...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方
 既に画像/音声認識や動画合成などで、人間に匹敵する能力を発揮している「ディープラーニング」。人工知能(AI)を実現するために不可欠な技術だが、その実装には、アルゴリズムだけでなく、膨大かつ多様なデータを高速処理できるコンピューティング能力も求められる。(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
急成長を遂げる注目の次世代インフラ、「ハイパーコンバージドインフラ」とは
 増え続けるデータの管理と運用を行うために、近年、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と呼ばれる次世代インフラへの関心が高まっている。HCIは、ストレージを内蔵したサーバをネットワークで接続し、処理能力やストレージ容量を簡単にそして安価にスケールアウトでき...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
予測困難な時代のITインフラ選び、3社の失敗に学ぶ「拡張容易なインフラ」とは
 クラウドやビッグデータなどの普及により、企業が取り扱うデータ量は飛躍的に増加し、システムは複雑化している。併せてビジネス環境の変化のスピードも加速しており、企業が必要なリソースを予測するのは非常に困難となっている。 とあるメーカーは今後5年間に必要と...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
営業活動ですぐ役立つ、アドビ社員が教える「Acrobat DC」の便利機能
 社内外での情報共有ツールとして定番となっているPDF文書だが、その機能を余すことなく活用できている企業は少ない。そこで、ビジネスシーンでの利用も多い「Acrobat DC」が持つ便利な機能を紹介しよう。 その1つが「送信とトラック」機能だ。この機能により、Adobeの...(2017/8/7 提供:アドビ システムズ 株式会社)

技術文書
狙われ始めたファームウェアをどう守る? 次世代サーバセキュリティの重要事項
 IoTやモビリティ、ハイブリッドIT環境などの新しいテクノロジーは、企業に対して多くのビジネスチャンスをもたらした。その一方で、これらの技術は、ITシステムの複雑性を増加させ、セキュリティ上の新たなリスクも生み出している。 中でも大きなリスクは物理システム...(2017/8/7 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などのメーカーサポートは、一般的に約5年程度で終了するといわれている。しかし、リプレース費用などの問題から、このように「EOSL」(End Of Service Life)を迎えた製品を使い続けたいと考える企業は多い。 そこで、選ばれてい...(2017/8/4 提供:アプライドテクノロジー株式会社)

Webキャスト
IPS連携でサーバを自動検疫、次世代SDNでデータセンターのセキュリティを強化
 サイバー攻撃などの脅威に対して、データセンターのセキュリティをどのように担保していくのかは、企業にとって大きな課題だ。攻撃方法の多様化と巧妙化が進む中、外部からの侵入を阻止する対策だけでなく、侵入を前提とした内部対策の重要性が高まっている。 これに対...(2017/8/4 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策をプロが伝授
 ビッグデータの活用におけるITの課題は、大きく3つある。巨大なデータの保管、自動配備と資源管理、法令順守に沿ったデータの取り扱いだ。ビッグデータでは、さまざまなデータが多種多様なIoT機器から生成される。それを確実に保管しておく専用のサーバが必要だ。また...(2017/8/3 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
AI・人工知能時代のビジネスを加速するHPC基盤――その課題と解決法とは?
 従来、一部の学術機関や専門的な組織の特定用途でのみ使われてきたHPCが、一般企業にとっても重要なものとなってきている。目的は、人工知能や機械学習、深層学習を利用したデータ予測のビジネス活用にある。例えば、購入者と商品の相関関係を解析し、それをビジネスに...(2017/8/3 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは?
 ソフトウェア定義(Software-Defined)という概念の実現によって、サーバ、ネットワーク、ストレージの仮想化が進んでいる。中でもサーバの仮想化は、既に多くの企業に導入され、ハードウェアコストや運用負荷の削減という大きなメリットを生んでいる。 しかし、サーバ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
VDI導入/運用のTCOを大幅削減、拡張性に優れた次世代型「VDI2.0」の実力は?
 VDI(仮想デスクトップインフラ)は、自社センター内にデスクトップ環境を構築し、その環境を画面転送の仕組みを通じて利用することで、情報漏えい対策などセキュリティ強化やいつでもどこでもPC環境を利用することができるが、従来のVDIでは、複雑な構成による運用負荷...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
消費電力や設置スペースを50%削減、北海道教育大学に学ぶIT基盤リプレース
 教育分野におけるデジタル化は急速に進み、学校運営・教育の両面でIT活用が不可欠となった。その一方で、大学を狙ったサイバー攻撃も増加。より安全かつ効率的なシステム基盤が求められ始めている。その実現方法として、北海道教育大学が注目したのがハイパーコンバージ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
サーバ仮想化したものの高まる運用負荷、川重冷熱工業が取り組んだ改善の一手とは
 サーバ仮想化は、ハードウェアリソースの効率的な運用、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策への対応、可用性の向上など、多岐にわたるメリットを持つ。既に企業の過半数が導入したともいわれるが、その運用・保守は複雑化しやすく、活用にはスキルも求められる。(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
ヤフーの「爆速経営」に追随できるVDI環境構築を可能にしたHCI導入成功の秘策
 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーにとって必須業務であるWebサイトの登録審査と登録済みサイトのパトロールでは、マルウェア感染のリスクが非常に高い。実際、この業務に用いるPCのマルウェア感染率は一般業務のPCと比べても高いという。 同社は、この問題を解決する...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
ハイパーコンバージドインフラ導入で運用作業を「80%削減」できた理由とは?
 地方の経済圏では1つの企業が新しいITソリューションの導入で成功すると、他の企業も一斉に取り入れる傾向がある。北陸三県をカバーするNTTビジネスソリューションズ北陸支店でも、あるユーザー企業から問い合わせのあった公開サーバのクラウド展開案件を成功させたとこ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

比較資料
仮想化環境は本当にコスト削減につながる? 導入前に確認したい損得ポイント
 管理の効率化やコスト削減などを目的として仮想化環境を導入する企業が増えている。しかし、サーバ仮想化やデスクトップ仮想化などを導入したものの、期待していたほどコスト削減ができないケースもある。これは、仮想化環境におけるTCOの考え方が適切でなかったことに...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本
 現在、企業を対象にしたサイバー攻撃はますます増加しているが、今日の脅威の多くはWebを介して侵入している。こうした攻撃への対策では、Webを経由するトラフィックを遮断することが有効であるが、次世代ファイアウォール(以下、次世代FW)といえども全面的にWeb経由...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は?
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などハードウェアのサポート期限切れは、どの企業にとっても悩ましい課題だ。リプレースの費用はもちろん、安定稼働しているシステムに予期せぬエラーが起こるリスクなどについても考えなければならない。 しかも、現実には「現行...(2017/8/1 提供:ブレイヴコンピュータ株式会社)

Loading