TechTargetジャパン

製品資料
SDSを“新たな足かせ”にしない汎用プラットフォーム向けストレージ刷新術
 近年、サーバやデスクトップの仮想化が急速に普及しているが、ストレージには旧来の環境を使い続けている企業も少なくない。そのため、ITシステム全体で見た場合に、リソース管理の柔軟性などメリットを十分に得られていないケースも見られる。 そこで注目されるように...(2016/9/30 提供:株式会社エス・ワイ・シー)

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を負わせる負わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返す...(2016/9/30 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
約1時間で仮想マシンを復旧、仮想環境に最適な“丸ごと”バックアップ
 Webサービスを提供する企業の多くはサーバの増加に伴い、仮想環境へと運用を拡大していく。それと同時に、仮想環境での適切な障害対策を取ることが求められるようになる。 会計事務所向けの業務支援サービス「ゆりかご倶楽部」を運営するエッサムも同様の課題を抱えて...(2016/9/28 提供:株式会社ネットジャパン)

レポート
費用対効果はVDIの10倍 ランサムウェア対策としての「データレスPC」
 これまでは個人を狙った攻撃に使われることが多かったランサムウェア。近年は、攻撃対象が個人から企業へと移り始めているだけでなく、身代金を払ってもファイルを復元できないケースなど、より悪質なケースも報告されるようになった。 このような状況となっても、まだ...(2016/9/27 提供:横河レンタ・リース株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2016/9/23 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOS バージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
サイバー攻撃の脅威に備える。脆弱性診断スタートガイド
 近年、企業のWebサイトがサイバー攻撃によって情報を漏えいする事件の多くは、Webアプリケーションの脆弱性が狙われて発生している。 脆弱性を作らないためには、Webアプリケーションの設計/実装/テストの各工程においてセキュリティを考慮する必要があるが、短納期...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Webキャスト
サイト運営の要は先手のセキュリティ 〜複雑化する脅威への防御策
 WebサイトにおいてはSSL/TLSによる通信経路の暗号化が必須とされているだけでなく、攻撃に対する備えと対策が必要とされる。 備えという観点では、要件定義・設計・実装・テスト・運用といったWebサービスを稼動させるための各工程でセキュリティに留意しなければなら...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
金融業界に求められる課題を包括的に解決する「仮想化技術活用法」とは?
 金融機関は少子化などによるコア業務の停滞、海外も含めた他の金融機関との厳しい競争にさらされており、その打開策として、サービスのスピード化や手続きの簡略化を目指している。これはWebサービスだけでなく、渉外担当者の顧客対応にも適用され、モバイル活用が積極...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?
 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。 しかし、実際に...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo! JAPANも実装する常時SSL化、新時代の「SSLサーバ証明書」の選び方
 これまでSSLによる暗号化は、1つのWebサイトの中でも個人情報を取得するフォームだけに使われてきたが、近年はこの考え方が変化している。個人情報取得の有無にかかわらず、Webサイトの全ページを常時SSL化する企業や組織が増えてきているのだ。 インターネットにおけ...(2016/9/12 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ECアプリの優先順位付けで顧客転換率を向上、Webサービス基盤構築に必要な条件
 Webサービスが競争力の源泉となっている企業にとって、パッケージソフトやSaaSなど“既成品”を利用して新規サービスを展開することは、将来的にスピードや柔軟性の面で機能の制約を設けることにつながる。サービスを他社に先駆けて提供するためには、その開発力でしの...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?
 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
ネットワーク技術者の残業を劇的に減らすネットワーク仮想化の方法とは?
 仮想化やクラウドの進展で、ネットワークエンジニアの負荷が一気に増加したのは、従来のネットワークアーキテクチャがそのまま温存された状態で、アプリケーションの可用性が求められるようになったからだ。トラフィックが従来の数倍にも跳ね上がる仮想環境を、物理的に...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
Oracle DBの高速化とコスト最適化を実現、“一石二鳥”のオールフラッシュ選び
 サーバ仮想化や仮想デスクトップ、分散データ保護など、さまざまな用途での活用が進むオールフラッシュストレージ。特にその効果が期待されるのが、Oracleデータベースをはじめとするデータベース環境およびアプリケーションの高速化だ。 オールフラッシュストレージの...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
多層防御の時代にマッチした効率的なネットワーク監視・セキュリティ対策とは?
 サイバー攻撃はますます高度化し、これまでのように「侵入を防ぐ」だけのセキュリティ対策では企業の安全は確保できない。企業にこれから求められる対策は、さまざまなフェーズで脅威を検知・排除する「多層防御」である。 その中で、脅威の侵入や情報の流出を防ぐ出入...(2016/9/5 提供:オリゾンシステムズ株式会社)

レポート
フラッシュストレージへの誤解を解消、低TCO・高ROI実現のポイント
 近年、パフォーマンスやデータ密度の進化が著しいフラッシュストレージを企業向けに導入する動きが進んでいる。DB、仮想サーバ、VDIなどのパフォーマンス向上は、多くの企業が課題としており、今後もフラッシュ製品への移行は進むと考えられる。 その一方で、「容量当...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

事例
プライベートクラウドの仮想サーバ構築を自動化、コストはどこまで削減できるか
 酒類・飲料メーカーのキリングループ約230社のシステム開発・運用・保守などを行うキリンビジネスシステムでは、2015年からグループ全体で稼働する400のシステムと2000台のサーバの移行に取り組んでいる。 同社に課せられた使命は、サーバの老朽化対策と増え続ける運用...(2016/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
予測分析機能を備えたストレージ製品、問題解決をサポートする仕組みとは?
 ストレージの稼働状況の詳細なモニタリングは、主として専用サーバで行われることがほとんどだった。またストレージの問題は、他のインフラとの関連から起きるケースが多く、根本的な解決を図るには、大規模なデータ収集が前提となる。そのため、プロアクティブなトラブ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
業務ではコードを書いたことがない元人事が、プログラマーとして独り立ちするまで
 「大学卒業後、入社した大手人材会社では営業を経験、その後は人材採用を担当していました。当時の採用ターゲットの一つがITエンジニア。自社の新規事業をWebサービスとして展開する必要があり、エンジニア採用に乗り出したときだったんです」と振り返るのは、佐野まど...(2016/9/1 提供:株式会社リクルートキャリア)

製品資料
中小企業のランサムウェア対策、未知の脅威に対抗できる統合対策ソフトは?
 あらゆる規模の企業に身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害が及ぶなか、従業員の安全なインターネット利用環境の確保が求められている。その基本となるのが、エンドポイントにおける重層的な保護を行う統合対策ソフトウェアだ。 ウイルス/マルウェア対策...(2016/8/31 提供:株式会社DEGICA)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
ネットワーク仮想化でよくある6つの課題、ベストの解決方法は?
 サーバ仮想化の次の段階として、自社データセンターの俊敏性を高めるという目的で、ネットワーク仮想化に取り組む企業が増えている。特に、プライベートクラウドを構築したものの、運用が進むにつれ、エンドユーザーのさまざまな要望に応え切れなくなった企業で、具体的...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
社内ポータルの機密情報保護――情報漏えいにつながる操作だけを制限するには?
 社員の情報共有を目的として、社内ポータルやナレッジマネジメントシステムを運用する企業では、厳格なセキュリティポリシーを策定している。しかし、人に任せた運用では、重要情報をダウンロードしたり、印刷したりして持ち出すことを完全には防げない。 ある保険会社...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

Loading