TechTargetジャパン

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
Cisco UCSで構築するハイパーコンバージド、そのベストプラクティスとは?
 ハイパーコンバージドインフラを構築する場合に、既存のサーバをWebスケールなストレージに置き換えられるNutanix製品。SAN不要で共有ストレージ機能を提供し、コスト削減や優れたスケーラビリティといったメリットが得られることから、データセンターへの導入が進んで...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2017/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
低コストで耐障害性・安全性を強化、天野実業に学ぶ帳票基盤のクラウド移行
 アサヒグループの一員として食品事業を展開する天野実業。同社は、オンラインショップを通じて、フリーズドライ食品やレトルト食品などの販売を行っているが、その業務を支える請求書発行システムの運用に課題を抱えていた。 個人情報を扱うシステムであるため、障害対...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
JAXA、電気通信大学が語る高速コンピューティングの課題と解決策、そして未来
 コンピュータ単体の処理能力の向上が鈍化している一方で、研究領域だけではなくビジネス領域においてもスパコンやサーバといったITインフラに求められる処理能力は高度化を続けている。そして、複数台の汎用CPU搭載コンピュータを用いた並列処理であっても、要求される...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」
 サーバ仮想化技術への期待は年々大きくなっているが、長い間、主要ハイパーバイザーの基本的なアーキテクチャには大きな変化が見られなかった。レガシーな仮想化製品は、無数の単機能なストレージアレイを対象に設計されたもので、ハイパーバイザーを個別に購入する必要...(2017/5/22 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」とは何か、その文脈とは
 ガートナーの調査が「2019年には約50億ドルの市場に拡大」と成長を予想しているハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)だが、その実態を理解しているユーザー企業は意外と少ない。そのため、導入の検討を始めても投入コストや導入メリットのバランスが正しく把握で...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と、企業IT最大のトレンドとの関係
 ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)には今でも多種多様な解釈がある。それが、多くのユーザー企業でメリットの理解を阻む要因となっている。この記事では「最も短く表現すると『「ITインフラ(サーバとストレージ)のアプライアンス化を目指すもの』だ」という...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
PCIeより2.5倍高速にGPU-CPU接続。NVLink搭載サーバの実力
 近年注目されるディープラーニングは、回答の精度を上げるために極めて高い計算処理性能を必要とするニューラルネットワークを何階層も構築するとともに、各階層の間で処理結果のやりとりが必要になる。このような多段階にわたる膨大な処理を通常のIT環境で実行するには...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
12年以上も業務停止時間ゼロ、瞬断すらしない電子カルテを実現したシステム基盤
 甲状腺疾患専門病院として知られる伊藤病院は、多い日には1日2000人を超える患者の診療業務を効率化するためICTを積極的に活用している。中でも重要な位置を占めるのが電子カルテだ。同院は、このシステムを2005年に導入して以来、12年以上にわたって業務停止時間ゼロで...(2017/5/17 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

プレミアムコンテンツ
5分で分かるMirai
 2016年9月、著名なセキュリティ情報ブログに大量のパケットが送り込まれ、サービスがダウンするという出来事がありました。いわゆる「DDoS攻撃(Distributed Denial of Service attack)」です。注目すべきは、665Gbpsもの帯域がDDoS攻撃に使われたとみられており、その...(2017/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント
 社内にデータ活用がしやすい環境を作ると同時に、重要データを守るためのサイバー攻撃対策をすることは、多くの企業が最優先とする課題だ。しかし、人員が不足しがちな中堅・中小企業のIT部門にとって、通常業務の合間にファイルサーバを管理することは容易ではない。 ...(2017/5/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
コスト削減と品質向上を両立、人気ソーシャルゲームに学ぶクラウド基盤構築法
 サーバのパフォーマンス低下がユーザーのネガティブな反応に直結するオンラインゲームでは、突発的なアクセス集中にも耐えられるサーバ運用が求められる。しかし、その備えとして、最大パフォーマンスを想定したインフラをオンプレミスで保有することにはコストやスピー...(2017/5/8 提供:フリービット株式会社)

製品資料
SIMカード1枚で対策が完了、モバイルワーク/IoT向け多機能セキュリティツール
 2015年末に経済産業省が「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定するなど、情報セキュリティはIT部門にとどまらず、経営課題として取り組むものへとシフトしている。こうしたセキュリティ意識の高まりの一方で、見過ごされがちなのが外出先でのセキュリティ対策...(2017/5/8 提供:フリービット株式会社)

製品資料
先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由
 新たなイノベーションや機会の創出によってビジネスの変革が目まぐるしく進む状況下で、企業が競争上の優位性を保ちつつビジネス目標を達成するためには、クラウドを活用しつつ、システムのスピードや効率、柔軟性を高めていく必要がある。 クラウド戦略の具体的なアプ...(2017/4/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
容量のムダを排除して運用を効率化、ファイルサーバの可視化とは?
 業務関連データの容量増加に対応するため、多くの企業ではストレージ容量を前倒しで追加し、業務に支障を来さないように備えている。ただ、そのために過剰投資と判断される状況が慢性化し、新たな課題として浮上してきている。 こうした課題を解決するためには、ファイ...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
ファイルサーバの肥大化対策、コストと労力を削減する統合管理システム
 企業にとって、ファイルサーバは大切なインフラの1つ。大容量のデータをスピーディーに共有でき、申請書のテンプレートなども手軽に引き出せるなど、ユーザーに多くの利便性を提供する。しかし、管理者にとっては厄介な存在で、不要になったファイルの整理や、アクセス...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
中小企業の働き方改革、「Office 365」活用で若い人材が定着
 人材不足に悩む中小企業にとって従業員の高齢化は深刻な問題だ。全国に講師を派遣する日本綜合経営協会も、かつては10数名の従業員のうち50代以上が7割以上を占めていた。従業員の新陳代謝を進めるため若い人材を採用したいが、定着してもらうには結婚や出産などさまざ...(2017/4/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/4/18 提供:富士通株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?
 企業のクラウド利用が容易になり、必要に合わせてITリソースを確保できるようになった。しかし、全てをパブリッククラウドに移行するには、機密情報の扱いや法令対応、セキュリティなどの困難な課題が残っている。結果、安全で管理しやすいオンプレミスか、柔軟でコスト...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
IT予算の限られる企業が超高速ストレージを手に入れる方法
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/4/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

事例
データ増大に備えて不要ファイルを削減せよ、三菱重工業が35テラバイトのサーバを20%ダイエット
 ファイルサーバのデータをなかなか削減できない原因は、サーバ内の“データ可視化”が難しいからだ。数十テラバイトにも膨らんだデータはファイル数にすると膨大なものになり、捨てても構わないデータをそこから選別するには時間や手間が予想を超えて掛かってしまう。フ...(2017/4/10 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
Gmailが赤い鍵マークで警告――電子メールの暗号化が欠かせない理由
 Googleが提供するメールサービス「Gmail」で、時折表示される赤い鍵のアイコン。その意味か分からないというユーザーは少なくないが、果たしてこのアイコンが表示されたままメールをやりとりし続けてもよいのだろうか。 実は、Gmailではこの警告アイコンによって、メー...(2017/4/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Webキャスト
ハイパーコンバージド活用法――本当に構築・運用は簡単になるのか?
 仮想化システムの構成要素は多い。サーバ、ストレージ、ネットワークに加え、仮想化ソフトウェアや管理ツールを組み合せ、設計、導入する必要がある。一方で、容易なシステム構築、早いリソースの提供、拡張・運用の容易性といった要求も高くなっている。 そこで、パブ...(2017/4/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading