TechTargetジャパン

Webキャスト
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?
 攻撃者の標的となる情報やアプリケーションが存在するのは、クライアントPCやサーバといったエンドポイントだ。サイバー攻撃の実害を防ぐためには、エンドポイントセキュリティの強化が不可欠となる。これまでもエンドポイントセキュリティは基本的な対策として取り組ま...(2017/2/24 提供:株式会社シマンテック)

レポート
業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性
 企業のシステム環境が複雑化し、文書の一元管理はますます困難になってきた。取り扱う情報量の増加や業務アプリケーションの多様化が進む一方で、約7割の企業がファイルサーバを利用して旧来的な文書管理をしていることが、問題に拍車を掛けている。 一方で米国では...(2017/2/24 提供:Hyland Software, Inc.)

製品資料
業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他
 IT部門の人的リソースに余裕がない、あるいはそもそもIT部門が存在しない企業にとって、システム基盤をクラウド化できるようになったことは大きな変化だ。自社で保有していたサーバに比べて、より高い安定性や利便性を得つつも、費用を抑えることが可能になるからだ。 ...(2017/2/22 提供:ビッグローブ株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

事例
伊勢志摩サミットのWebサイトセキュリティ対策――巨大な負荷にどう備えたのか
 「第42回主要国首脳会議」(G7伊勢志摩サミット)が、2016年5月に三重県で開催された。同県は、サミット開催においてWebサイトを重視する方針だったが、「アクセス数の増加」と「サイバー攻撃」という2つの懸念があった。 そこで、開催期間中は専用サーバを用意。スケ...(2017/2/16 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

プレミアムコンテンツ
国内製造業も無視できない“サイバー犯罪”最新動向 2016
 トレンドマイクロは、2016年11月までの最新調査データを基にした「2016年国内サイバー犯罪動向」を発表。2016年の国内サイバー犯罪の動向と、今後注意すべき動きとは何か? トレンドマイクロ セキュリティエバンジェリスト 岡本勝之氏が詳細を説明した。 本稿では、20...(2017/2/15 提供:アイティメディア株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

レポート
2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策
 データの復旧と引き換えに身代金を要求するランサムウェア攻撃が、国内で本格化してきた。セキュリティベンダーの調査によれば、国内のランサムウェアの検出台数は2016年で前年比9倍以上と急激な伸びを見せている(2016年1月11日時点でのTrend Micro Smart Protection N...(2017/2/14 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」
 IoTに代表されるビッグデータ活用、ビジネスインテリジェンスによるデータ分析などのビジネスニーズから、ストレージには多種多様なデータを高速処理できる性能が求められている。そこで、次世代ストレージとして注目されているのが「オールフラッシュストレージ」だ。(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は
 外回りや客先といったオフィスに常駐しない働き方は、モバイルをうまく活用することで作業効率を大きく改善させられる。メール確認やスケジュール調整などを移動中のスキマ時間に行えば、訪問先や常駐先では本来の業務に専念できる。 ただし、モバイル端末には常にセキ...(2017/2/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣
 場所にとらわれない働き方として「テレワーク」が脚光を浴びている。育児や介護などの家庭の事情があっても在宅で働き続けることができ、移動先や災害時などにも作業ができるなど、人や状況に応じた多様な働き方を企業が受け入れられるのが大きな魅力だ。 しかし、テレ...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

事例
日次バックアップの迅速化を実現、プライムポリマーはサーバをどう変えたのか?
 グローバルに合成樹脂事業を展開するプライムポリマーでは、複数の拠点にファイルサーバを設置し、日次でバックアップのテープを遠隔保管する運用を行ってきた。しかし、データ容量が増加し、日次バックアップが2日に分けるほどに長期化。また、テープを遠隔保管するた...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
通販事業に耐えるサーバを低コストで実現、テモナが選んだ運用・構築法とは?
 リピート通販事業者向けクラウドサービスを展開するテモナ。同社のサービスは、美容・健康食品業界を中心に1000社以上が利用している。同社がこのサービスを開始するに当たって頭を悩ませたのがサーバの選定だった。顧客の多様なニーズに応えるには、柔軟かつ短時間にサ...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
価格を上げずにサーバ障害を解消、アントアントのCMSサービスを支えるVPSとは?
 Webサイト事業やパッケージシステム開発販売事業などを展開するアントアント。同社の主力サービスである純国産CMS「ant2」を、インストール型からクラウド型に切り替えたところ、障害の発生頻度が急増してしまった。 その課題解決のため同社が模索したのが、信頼性を備...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が(33.3%)と続いた。一方、「Wind...(2017/2/9 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
企業がSSDに熱視線を送る理由――理解しておきたいメモリ技術のポイント
 近年、フラッシュストレージ技術を利用するさまざまなデバイスが登場している。OSでも、重要な業務データでも、サーバに入っているものなら何でも、フラッシュメモリを使うことで遅延時間は少なくなるだろう。 ただしSSDの購入を検討する際には、さまざまなフォームフ...(2017/2/9 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
「ネットワークも忘れずに」 ハイパーコンバージドインフラのカンタン構築法
 外付けストレージ無しでも、ソフトウェア技術によって統合型インフラストラクチャの機能を提供するハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)。複雑なストレージ設定が不要で、省スペース、さらにスケールアウトも容易とメリットは多い。 このHCIを支えるSoftwa...(2017/2/8 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Amazon EC2コストを33%削減、AWS運用自動化の3つのポイント
 クラウド基盤「Amazon Web Services」(AWS)の運用を「もっと効率的にできないか」と頭を悩ませる担当者は多い。クラウド自体が運用にノウハウを必要とする上、従量課金制のため、利用時間を圧縮できればその分コスト削減になるからだ。 そこで注目されているのが運用...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは?
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2017/2/3 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

製品資料
肥大化するサイバー攻撃――低コスト・低負荷で企業のWebサイトを守るには?
 近年、サイバー攻撃は一層激しさを増し、大規模な情報漏えい事件の発生が相次いでいる。それを受けて、サーバなどの脆弱性をついた攻撃対策の重要性が認識されるようになった一方、手薄になりがちなのが、企業のWebサイトの機能を停止させ深刻な損害を与えるDDoS攻撃へ...(2017/2/1 提供:NTTソフトウェア株式会社)

比較資料
その仮想化導入は得してる? 損してる? スグできる直接/間接コスト計算術
 サーバ仮想化やデスクトップ仮想化などの仮想化事例が増える一方で、導入企業からは「一時的なコスト削減にしかならなかった」「想像以上に運用コストが掛かる」という声も聞こえてくる。その多くは、仮想化環境の導入コストにだけ注目して、TCOまで考慮しなかったこと...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Webキャスト
ハイパーコンバージド活用法――本当に構築・運用は簡単になるのか?
 仮想化システムの構成要素は多い。サーバ、ストレージ、ネットワークに加え、仮想化ソフトウェアや管理ツールを組み合せ、設計、導入する必要がある。一方で、容易なシステム構築、早いリソースの提供、拡張・運用の容易性といった要求も高くなっている。 そこで、パブ...(2017/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

Loading