TechTargetジャパン

製品資料
「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS
 「WannaCry」のようなランサムウェアをはじめ、標的型攻撃メールやマルウェア、スパイウェアなど、サイバー攻撃は高度化・多様化している。それらに対応するには、ファイアウォールやIPSといった従来の境界型セキュリティ製品だけでは不十分だ。 そこで、より強固なセ...(2017/6/23 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?
 業務アプリケーションのレスポンスが悪くなると、ユーザーの不満を招くだけでなく、作業効率も大きく低下する。しかし、通信断がログによって証明できるのとは異なり、通信遅延の理由はログに出力されないため、ネットワーク管理部門とサーバ管理部門のどちらが取り組む...(2017/6/23 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

レポート
クラウドで使ってみたい「サーバレス」機能、AWSとAzureを比較
 主要なクラウドベンダーがこぞって提供しているサーバレスコンピューティング。サーバレスとは、システムが自動的にサービスをプロビジョニングし、各種のイベントに反応してジョブを実行できる仕組みだ。サーバレスでは、サーバリソースの使用を最小限に抑えることで利...(2017/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
3拠点にまたがるVDI環境を安定稼働、日本女子体育大学のオールフラッシュ活用法
 日本女子体育大学では、長年IT教育の強化を進めてきたが、サーバ数の増大による設置スペースの問題にぶつかっていた。そこで2008年から、システムを集約化するため仮想化環境への移行プロジェクトを開始。同時に、セキュリティ対策など管理性の強化も考慮し、クライアン...(2017/6/20 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント
 社内にデータ活用がしやすい環境を作ると同時に、重要データを守るためのサイバー攻撃対策をすることは、多くの企業が最優先とする課題だ。しかし、人員が不足しがちな中堅・中小企業のIT部門にとって、通常業務の合間にファイルサーバを管理することは容易ではない。 ...(2017/6/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
オールフラッシュ導入事例:ハイブリッドクラウドの運用性はどこまで変わる?
 町田市では、庁舎内に構築された「庁内クラウド」と、商用データーセンターの「庁外クラウド」によるハイブリッドクラウド環境の活用が進められてきた。仮想化技術により両クラウド間での柔軟なシステム移動とバックアップが可能な仕組みを取り入れ、業務継続と災害対策...(2017/6/19 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
東京大学のストレージ刷新、サーバ仮想化環境の高速化と安定運用を実現した秘訣
 東京大学 工学系研究科・工学部では、学生や教職員の情報発信、情報共有の活性化や業務の効率化を目的とした情報サービス基盤を運用している。この基盤はサーバ仮想化環境上に構築され、5000人以上のユーザーに情報ポータルやメールサービスなどの機能を提供している。(2017/6/19 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
その機械学習は本物? エンドポイントセキュリティを評価する3つのポイント
 アンチウイルスソフトは、長い間エンドポイントを保護する重要な防御手段だった。しかし、マルウェアは複雑化し、スパイウェア、キーロガー、バックドア、コマンド&コントロールサーバ、外部への送信など、さまざまな形態で提供されている。フィッシング攻撃はよく見ら...(2017/6/15 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?
 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケー...(2017/6/15 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
99.999%の稼働率を保証、高信頼性クラウドサービスで得られる3つのメリット
 サーバやネットワーク、ストレージを提供するクラウドサービスの選定で重要な特徴は3つある。稼働率やサポート体制などの「信頼性」、リソースを細かく選択でき、プライベートネットワークセグメントを自由に作成できる「柔軟性」、冗長構成されたファイアウォールや高...(2017/6/14 提供:ソフトバンク株式会社)

レポート
WannaCryの陰で深刻化していた「公開サーバの脆弱性」、攻撃手法と対策を解説
 世界規模で猛威をふるった暗号化型ランサムウェア「WannaCry」。国内でも多くの企業が対策を迫られた。このランサムウェア騒動の裏で深刻化していたのが、「公開サーバ」への攻撃だ。 トレンドマイクロによれば、2017年1月〜3月だけで、国内で既に17件もの公開サーバへ...(2017/6/14 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
複数サーバのクラウド移行事例:運用負荷軽減・コスト削減の鍵となったのは?
 オンプレミスでサーバ運用する場合、数年ごとに発生するハードウェアのリプレースや、リソース不足によるサーバマシンの増強といった問題を避けて通ることは難しい。また、運用管理業務の負荷が大きいこともあり、近年は、多くの企業がクラウド移行に取り組んでいる。 ...(2017/6/12 提供:ソフトバンク株式会社)

事例
2つのクラウド環境で負荷を分散、ジュンテンドーが目指した高可用性システム
 店舗拡大や業務システムの多様化が進めば、システム負荷の増大は避けられない。その解決策の1つが業務システムのクラウド化だ。中国・近畿地方でホームセンターやドラッグストアなど100店舗以上を運営するジュンテンドーも、そうしてクラウド化に取り組んだ1社だった。(2017/6/12 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ
 とどまるところを知らないモバイルトラフィック、俊敏性に優れた環境における高度なサービス提供、費用対効果に優れたソリューションの研究など、市場の要求の高まりを受け、通信サービスプロバイダーではネットワーク機能仮想化(NFV)が注目されている。 しかし、セ...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドの進化形、リソース単位で拡張できる次世代型ITインフラ
 IoT技術の台頭などにより基幹システムが取り扱うデータは急増しており、オンプレミス環境でもクラウドサービスのような拡張性や柔軟性を取り込む必要が出てきている。そのためには迅速な仮想サーバ環境の構築に加え、物理サーバやDockerコンテナなどを混在できるものが...(2017/6/8 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?
 攻撃者の標的となる情報やアプリケーションが存在するのは、クライアントPCやサーバといったエンドポイントだ。サイバー攻撃の実害を防ぐためには、エンドポイントセキュリティの強化が不可欠となる。これまでもエンドポイントセキュリティは基本的な対策として取り組ま...(2017/6/7 提供:株式会社シマンテック)

Webキャスト
ハイパーコンバージド活用法――本当に構築・運用は簡単になるのか?
 仮想化システムの構成要素は多い。サーバ、ストレージ、ネットワークに加え、仮想化ソフトウェアや管理ツールを組み合せ、設計、導入する必要がある。一方で、容易なシステム構築、早いリソースの提供、拡張・運用の容易性といった要求も高くなっている。 そこで、パブ...(2017/6/7 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
徹底解説:HPCとビッグデータ分析のための「超高速データ処理基盤」の全貌
 優れた性能を発揮するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスタの設計には、あらゆるレイヤーにおいてパフォーマンスに対応したアプローチが必要だ。包括的なデータセントリックな設計である「IBM Power Systems HPCソリューション」は、構成する全てのコン...(2017/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基礎解説:Webプロキシにまつわる誤解、なぜWeb脅威防御のために不可欠なのか?
 サイバー攻撃の格好の標的となっている企業のWebサイト。多くの企業ではWebセキュリティに対するアプローチを見直すことでこの問題に対応しているが、現在のWebセキュリティテクノロジー、特にセキュアWebゲートウェイ(Webプロキシソリューション)については、誤解さ...(2017/6/5 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖
 急速に変革が進むデータセンターにおいて、プロセッサが省電力化やパフォーマンス向上、TCO削減などの面で与えるインパクトは大きい。その進化は依然として早く、処理速度向上の限界がささやかれ始めた近年でも、前世代のモデルと比べてコア数とキャッシュを20%向上さ...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

製品資料
処理を実行するサーバは信頼できる? クラウドの安全性・コンプライアンス対策
 IT運用におけるパフォーマンス、コスト、弾力性の要件を満たす方法として、クラウドは既に多くの企業に定着している。しかし、クラウドが備える特性は、経営の迅速化やコスト削減に貢献する一方で、新たな課題ももたらしている。 それは、仮想ワークロードとデータが部...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

事例
「重複排除+容量課金」でコストを大幅削減、サーババックアップの新機軸とは
 事業継続と災害対策に欠かせないバックアップだが、運用・コスト両面で効率的な体制を構築するのは難しい。メディアグローバルリンクスもその課題に悩む一社だった。データセンターと、バックアップを保存する本社との距離が離れておらず、大規模災害を同時に被災するリ...(2017/6/1 提供:株式会社ねこじゃらし)

事例
鉄壁の復旧体制を確立 自治体の戸籍情報システムに学ぶ障害対策手法
 各自治体における戸籍関連業務を支えるサーバの構築・運用管理を担当しているのがリコージャパンだ。戸籍データそのものは毎日法務省に伝送され安全に保管されているが、自治体単位のサーバやデータはおのおので管理しているため、もし障害が発生しシステムが停止すると...(2017/6/1 提供:株式会社ネットジャパン)

事例
オンプレミスから「専用サーバ+クラウド」へ移行――コストを抑えた運用の秘訣
 博物館や美術館の情報を発信するポータルサイト「インターネットミュージアム」を運営している丹青社。同社は、これまで自社内のサーバ室に構築したクラウドシステムを利用して、このサービスを稼働させていたが、2015年9月の社屋移転をきっかけにオンプレミスからの移...(2017/5/31 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
認証システムのクラウド移行、桜美林学園が可用性とコスト性能を向上できた理由
 桜美林学園では、メールをキーに、履修登録や課題提出、図書館サービス、就職情報サービスなど、学園内の各種サービスの認証を行っている。これらのサービスは、複数の認証サーバで運用されており、認証サーバ間の整合性は統合認証システムが管理しているが、その運用に...(2017/5/31 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは?
 企業には顧客情報や製品の設計データなどさまざまな情報資産があり、それらはサーバやPCなどのエンドポイントに保管されている。サイバー攻撃者はこうしたエンドポイントにマルウェアを侵入させてし、そこから情報資産を盗んで販売したり、暗号化して使えないようにした...(2017/5/30 提供:マカフィー株式会社)

Webキャスト
今さら聞けない「Chef、Jenkins入門」──DevOpsの道もCI/CDから
 IoT、FinTechも本格化する中で、システム開発には一層のスピードと品質が求められている。もはや人手だけで対応できるレベルではなく、何らかの新しいアプローチを取り入れることは必須といえるだろう。 こうした中で、今あらためて注目されているDevOps、特にサーバ管...(2017/5/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2017/5/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading