TechTargetジャパン

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が(33.3%)と続いた。一方、「Wind...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
中小企業の働き方改革、「Office 365」活用で若い人材が定着
 人材不足に悩む中小企業にとって従業員の高齢化は深刻な問題だ。全国に講師を派遣する日本綜合経営協会も、かつては10数名の従業員のうち50代以上が7割以上を占めていた。従業員の新陳代謝を進めるため若い人材を採用したいが、定着してもらうには結婚や出産などさまざ...(2017/4/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?
 企業のクラウド利用が容易になり、必要に合わせてITリソースを確保できるようになった。しかし、全てをパブリッククラウドに移行するには、機密情報の扱いや法令対応、セキュリティなどの困難な課題が残っている。結果、安全で管理しやすいオンプレミスか、柔軟でコスト...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
IT予算の限られる企業が超高速ストレージを手に入れる方法
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/4/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

製品資料
Gmailが赤い鍵マークで警告――電子メールの暗号化が欠かせない理由
 Googleが提供するメールサービス「Gmail」で、時折表示される赤い鍵のアイコン。その意味か分からないというユーザーは少なくないが、果たしてこのアイコンが表示されたままメールをやりとりし続けてもよいのだろうか。 実は、Gmailではこの警告アイコンによって、メー...(2017/4/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Webキャスト
ハイパーコンバージド活用法――本当に構築・運用は簡単になるのか?
 仮想化システムの構成要素は多い。サーバ、ストレージ、ネットワークに加え、仮想化ソフトウェアや管理ツールを組み合せ、設計、導入する必要がある。一方で、容易なシステム構築、早いリソースの提供、拡張・運用の容易性といった要求も高くなっている。 そこで、パブ...(2017/4/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
月10万枚の印刷費用を削減、コカ・コーラウエストに学ぶ帳票システム効率化
 西日本の2府16県で事業を展開するコカ・コーラウエスト。統合を重ねて成長してきた同社には膨大な種類の帳票が存在しており、それが管理業務の多大な負荷を生んでいた。加えて、帳票の種類ごとに異なるシステムを利用しなければならないなど、業務も煩雑になっていた。(2017/4/7 提供:ブレインセラーズ・ドットコム株式会社)

事例
iPhoneで社内システムを安全利用、三井物産エレクトロニクスに学ぶモバイル管理
 IoTや産業用組み込みPCなどの事業を展開する三井物産エレクトロニクス。同社は、営業担当者や管理職に「iPhone」と「iPad」を支給し、社外からでもメールやグループウェア、ファイルサーバにアクセスできるようにしている。 そのアクセスを安全に行うために、同社が利...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は
 外回りや客先といったオフィスに常駐しない働き方は、モバイルをうまく活用することで作業効率を大きく改善させられる。メール確認やスケジュール調整などを移動中のスキマ時間に行えば、訪問先や常駐先では本来の業務に専念できる。 ただし、モバイル端末には常にセキ...(2017/4/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣
 場所にとらわれない働き方として「テレワーク」が脚光を浴びている。育児や介護などの家庭の事情があっても在宅で働き続けることができ、移動先や災害時などにも作業ができるなど、人や状況に応じた多様な働き方を企業が受け入れられるのが大きな魅力だ。 しかし、テレ...(2017/4/5 提供:富士通株式会社)

プレミアムコンテンツ
リアルタイム処理にみる、組み込み開発における仮想化のメリット
 「仮想化技術」という言葉を聞くと、ほとんどの方はデスクトップPCやサーバでの利用を頭に思い描くことでしょう。しかし、仮想化技術はデスクトップPCやサーバ用途だけでなく、組み込み分野でも“十分期待されるもの”として注目されつつあります。 仮想化技術とは「ハ...(2017/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「組み込みLinux」開発の基礎
 組み込み機器へ搭載されているLinuxを一般的に「組み込みLinux」と呼び、従来のPCなどで稼働させているLinuxとは区別した表現が使われています。ただし、Linuxと組み込みLinuxに明確な違いがないのも事実で、ある程度環境が整った状態であれば、特に意識せずとも組み込...(2017/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
シンクライアントで動画教材を活用、富士市教育委員会に学ぶSBC環境の高性能化
 教育分野への熱心な取り組みで知られる富士市は、2011年にVDI(仮想デスクトップインフラ)を用いた教職員向け公務支援システムを導入した。小中学校の教職員1200人にシンクライアント環境を提供する試みは、セキュアなデスクトップ環境の導入モデルとして全国の教育関...(2017/4/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ?
 パブリッククラウドでは主要ベンダーのサービスが出そろい、企業活用が拡大の一途をたどっている。その中で、クラウドサービスのように従量課金制で利用できる物理サーバ提供サービス、長期アーカイブに特化した低価格ストレージサービスなど関連サービスも充実してきた...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
シャドーIT対策は大丈夫? 企業向けクラウドファイルサーバ導入のポイント
 企業では、ファイルの保管や受け渡し、共同作業のプラットフォームなどにクラウドを利用することが当り前になっている。一方で、会社からの許可を得ていないシャドーITに起因する情報漏えいなどの危険性も問題になっている。 こうした課題に対処できる、企業向けクラウ...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
多種多様な企業で採用されたクラウド型ファイルサーバの効果とは?
 コラボレーション機能を備えたクラウド型ファイル共有ツールを、さまざまなコンテンツのプラットフォームとして利用している企業が増えている。本コンテンツでは、導入した企業の事例を基に、この製品の特徴を見ていく。 大手広告代理店では、「大容量のファイルのやり...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは?
 企業におけるビッグデータ分析やソーシャルメディアなどの活用が進むにつれ、企業が扱う非構造化データは増加し続けている。この非構造化データは、RDBなどで管理される構造化データに比べ、データ量および入出力性能への要求が急速に高まっていく傾向が強い。とりわけ...(2017/3/29 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは?
 いまやストレージはオールフラッシュが主流となる時代に突入した。しかし現在でも、多くのストレージにはディスクストレージのために開発されたテクノロジーや、ディスクストレージ時代のアーキテクチャが使い続けられており、フラッシュの特性を必ずしも生かし切れてい...(2017/3/29 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
持ち出し端末からの情報流出を防止、PCの“データレス化”実現までの舞台裏
 生産性やモビリティ、セキュリティの向上をもたらすVDI(仮想デスクトップインフラ)。その魅力の一方で、運用体制の整備やコストを懸念して、導入に二の足を踏む企業も少なくない。そこで新しい選択肢として、ローカルディスクにデータを保存しない「データレスPC」が...(2017/3/23 提供:横河レンタ・リース株式会社)

Webキャスト
VMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用
 アイデアを迅速にビジネスとして立ち上げる「アイデアエコノミー時代」を迎えつつある今、ストレージの新潮流として注目されるのがハイパーコンバージドインフラだ。単にサーバ、ストレージ、ネットワークの各ハードウェアを1つの筐体に集約しただけでなく、高度な自動...(2017/3/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット
 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。 例えば、定番の仮想化製品「VMwa...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading