TechTargetジャパン

事例
持ち出し端末からの情報流出を防止、PCの“データレス化”実現までの舞台裏
 生産性やモビリティ、セキュリティの向上をもたらすVDI(仮想デスクトップインフラ)。その魅力の一方で、運用体制の整備やコストを懸念して、導入に二の足を踏む企業も少なくない。そこで新しい選択肢として、ローカルディスクにデータを保存しない「データレスPC」が...(2017/3/23 提供:横河レンタ・リース株式会社)

Webキャスト
VMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用
 アイデアを迅速にビジネスとして立ち上げる「アイデアエコノミー時代」を迎えつつある今、ストレージの新潮流として注目されるのがハイパーコンバージドインフラだ。単にサーバ、ストレージ、ネットワークの各ハードウェアを1つの筐体に集約しただけでなく、高度な自動...(2017/3/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット
 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。 例えば、定番の仮想化製品「VMwa...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?
 単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築している場合、これまでは1つのSSLサーバ証明書しか設置できなかった。この状態だと、もし一部のサイトから暗号鍵の漏えいなどが起きると、サーバ内に同居している全てのサイトに、改ざんや...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
不正アクセス増加が「セキュリティ人材不足」最大の原因だった?
 WebサーバやWebアプリケーションへの不正アクセスをはじめ、企業を狙ったサイバー攻撃が相次いで明るみに出ている。攻撃手段の巧妙化が進む中、何とかして自社のシステムを守るべく、対応に追われている企業のセキュリティ担当者は少なくないはずだ。セキュリティ対策の...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
暗号化通信によるサーバ負荷を回避する「SSLアクセラレーション」設定法
 SSLの暗号化通信を利用すると、通信速度が低下したり、サーバへの負荷が高くなったりするという懸念をお持ちではないだろうか。SSLは、盗聴、なりすましなどのリスクを軽減する対策として、非常に広く普及している通信暗号化の仕組みだ。しかし、HTTP 1.0/1.1プロトコ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ、情報の盗聴や改ざんをする...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOSバージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法
 顧客中心の経営戦略を支えるCRMにも、さまざまなタイプがある。例えば、従量課金型でスモールスタートしやすいが、機能が画一的なことも多いクラウドサービス。逆に、対象ユーザーを細かく設定できるが、多すぎる機能を持て余してしまうパッケージ製品。さらに完全スク...(2017/3/14 提供:株式会社フュートレック)

比較資料
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型バックアップアプライアンス」と「統合型バックアップアプライアンス」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を...(2017/3/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
リモートワーク対応、ランサムウェア対策も万全、企業用Dropboxが選ばれる理由
 ワークスタイルの多様化やサイバー攻撃の高度化が進んだことで、ファイル共有へのニーズも大きく変わった。しかし、従来のファイルサーバでそのニーズに応えることが難しくなったとはいえ、クラウドストレージにはコストやセキュリティなどの面で不安が残る。 そこで脚...(2017/3/10 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

Webキャスト
20万社が利用する企業用Dropbox、ファイルサーバのリプレイスが可能か徹底解説
 これまでファイル共有は、ファイルサーバを中心に行われてきたが、データの増加に伴うコストや運用負荷の増大が問題となってきた。そこで、ファイル共有機能を備えたクラウド型コラボレーションツールの利用が一般化してきた。 一方で、ビジネスで利用するなら気になる...(2017/3/10 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/3/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
オンプレサーバのクラウド移行が3ステップで完了――移行支援ツール選びの勘所
 保守期限やコストの課題を解決するため、レガシーシステムから、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどクラウド環境への移行を検討する企業は少なくない。しかし、悩ましいのが大規模システムやクリティカルシステムだ。見込まれる移行作業時間は長いが、シ...(2017/3/8 提供:三井情報株式会社)

レポート
2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策
 データの復旧と引き換えに身代金を要求するランサムウェア攻撃が、国内で本格化してきた。セキュリティベンダーの調査によれば、国内のランサムウェアの検出台数は2016年で前年比9倍以上と急激な伸びを見せている(2016年1月11日時点でのTrend Micro Smart Protection N...(2017/3/8 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ARMマイコン採用で開発現場が変わる!素早く環境を移行するポイント解説
スマートフォンやタブレット等モバイル機器用のプロセッサだと思っていたのに、超低価格コントローラや小さなセンサーからサーバーにまで採用され、私たちはいつの間にかARMに囲まれた生活をしています。今後予想されるIoT(モノのインターネット)の時代に、ネットワーク...(2017/3/6 提供:横河ディジタルコンピュータ株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ファイルサーバの肥大化対策、コストと労力を削減する統合管理システム
 企業にとって、ファイルサーバは大切なインフラの1つ。大容量のデータをスピーディーに共有でき、申請書のテンプレートなども手軽に引き出せるなど、ユーザーに多くの利便性を提供する。しかし、管理者にとっては厄介な存在で、不要になったファイルの整理や、アクセス...(2017/3/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋
 現在では、効率的なITインフラの構築のために、サーバやネットワークの仮想化が一般的に使われるようになってきた。一方で、扱うデータ量は急増を続け、バックアップやDRの仕組みを改善したい、手間や時間をかけずに開発環境を準備したい、クラウドをハイブリッドで活用...(2017/3/1 提供:ベル・データ株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入のベストプラン――バックアップまで最適化するには?
 仮想化環境の構築に必要なサーバ、ストレージ、SANスイッチが1つの筺体にコンパクトにまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。導入を支援するサービスも登場し、さまざまなベンダーの製品の中から自社に合ったものを最適な形で導入できるようになった。 その...(2017/2/28 提供:arcserve Japan合同会社)

Webキャスト
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?
 攻撃者の標的となる情報やアプリケーションが存在するのは、クライアントPCやサーバといったエンドポイントだ。サイバー攻撃の実害を防ぐためには、エンドポイントセキュリティの強化が不可欠となる。これまでもエンドポイントセキュリティは基本的な対策として取り組ま...(2017/2/24 提供:株式会社シマンテック)

レポート
業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性
 企業のシステム環境が複雑化し、文書の一元管理はますます困難になってきた。取り扱う情報量の増加や業務アプリケーションの多様化が進む一方で、約7割の企業がファイルサーバを利用して旧来的な文書管理をしていることが、問題に拍車を掛けている。 一方で米国では...(2017/2/24 提供:Hyland Software, Inc.)

製品資料
業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他
 IT部門の人的リソースに余裕がない、あるいはそもそもIT部門が存在しない企業にとって、システム基盤をクラウド化できるようになったことは大きな変化だ。自社で保有していたサーバに比べて、より高い安定性や利便性を得つつも、費用を抑えることが可能になるからだ。 ...(2017/2/22 提供:ビッグローブ株式会社)

Loading