TechTargetジャパン

事例
ユーザーも実感したバッチ処理時間の短縮、オールフラッシュストレージの効果
 あらゆる分野でデータが大容量化し、サーバにかかるオンライン処理やバッチ処理などの負荷が上昇を続けている。そのため、この影響がユーザー体験に直結するクラウドサービス事業者を中心にストレージ基盤の刷新が進んでいる。 クラウドサービス「iNET IMAGE BANK」を...(2016/5/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
レンタルサーバ事業者の評価基準に応えるバックアップ運用の要件
 企業が管理するデータが爆発的に増加する中、事業継続計画の要となるバックアップシステムに対する意識も変わり始めている。レンタルサーバ事業などを行うプロックスシステムデザインでは、この変化を受けてバックアップサービスの内容を大幅に変更した。 同社は、2002...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

事例
白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の「業務改善効果」
 直接的には価値を生み出さないITシステムの使い勝手の向上は、対策の優先順位が上がらないことも多いという。しかし、それが業務改善につながることもある。日本酒メーカーの白鶴酒造では、全国に点在する約60台のサーバのバックアップシステムを刷新することで、このこ...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

レポート
クラウドサービスの「メリットを最大化する条件」と「選択するポイント」とは?
 Webサービス提供企業やゲーム開発企業などを中心に利用が進むクラウドサービス。一般的な業種でも運用コスト削減のために、基幹系システムのクラウド移行を図る企業が増えている。しかしながら、コストパフォーマンスの評価が正しく行えずに、そのメリットを享受できて...(2016/5/16 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
情報漏えい対策の最後の砦「ファイル暗号化」の3つの運用モデル
 マイナンバー制度の本格運用が始まる2017年7月に向けて、金融機関、官庁、教育機関だけでなく一般企業でも、サーバやPC内のファイルを暗号化する動きが進んでいる。その背景には、現時点では完全に防ぐことができないといわれる標的型攻撃の激化がある。 従来の侵入防...(2016/5/12 提供:株式会社ネスコ)

製品資料
SDSで汎用ハードウェアのストレージ性能を拡張――スケールアウトSAN活用事例
 企業や組織が管理するデータが著しく増大し、従来型ストレージの高額な拡張コスト、拡張性の不足、柔軟性に欠ける調達/導入モデルなどが問題となり始めている。そこで、これらの課題を解決するためにSDS(Software-Defined Storage)の活用が進んでいる。 SDSには複数...(2016/5/11 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
全体最適でセキュリティ対策を再点検、弱点発見のコツとは?
 新たな攻撃への対策という形で拡張されるセキュリティは、IT環境の中で最も統合運用が難しい分野だ。次々と生み出される攻撃手法への対応を続ける中では、思わぬ形でシステムの穴を残すこともある。セキュリティ対策では、定期的に俯瞰視点から見直すことも必要だ。 セ...(2016/5/2 提供:株式会社アシスト)

製品資料
データベース環境の賢い作り方――5つの課題で解説
 データベースサーバに求められるスペックは、バックアップシステムやハブシステムなどの要件によって異なるが、その導入に際しては、処理性能だけでなく、運用コスト、可用性、導入期間なども検討しなければならない。データベース環境をより少ない時間とコストで導入す...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
VDIの課題を解決、ハードウェア占有型リモートデスクトップの実力とは?
 ワークスタイルの多様化に伴い仮想デスクトップが普及する中、既存のデスクトップ仮想化には、「物理PCと比べスムーズに動かない」「導入にはサーバ仮想化やインフラ構築スキルが必要である」といった懸念が挙げられる。 そこで、従来型仮想デスクトップの代替として注...(2016/4/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
インフラ環境を15分でスピード導入――ハイパーコンバージド製品選択のポイント
 仮想化、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのコンポーネントを統合したハイパーコンバージドインフラは、数多くのメリットにより導入企業も広がっている。ハイパーコンバージドインフラのメリットとしては、「運用が容易」「導入期間が短い」「拡張がしやすい」とい...(2016/4/25 提供:株式会社ネットワールド)

事例
NTTぷららが5つのデータベースを仮想統合、総コスト60%削減と同時に性能や機能は向上
 590万人を超える会員を有するNTTぷららでは、90チャンネル以上を放映するテレビ配信をはじめとして、音楽配信やクラウドゲームなど、多種多様なサービスを提供している。事業拡大に従ってシステムが複雑化、大規模化したことからサーバ仮想化を実施。その一環として、コ...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
VM約500台のデータ保護は何分でできる? 仮想マシンのバックアップ高速化対策
 仮想環境に移行したデータセンターでは、バックアップ、アーカイブ、レポーティングといった一連のデータ保護をより効率的に行う必要がある。組織内のデータ活用を進めるためには、仮想環境下でも多くのデータを短時間に移動することが求められるからだ。 従来のコンピ...(2016/4/21 提供:CommVault Systems Japan)

講演資料
VDI構築時にユーザー側で確認すべき、セキュリティ対策「3つのポイント」
 VDI環境を「SoftLayer」上で構築する場合のセキュリティ対策として、3つの観点で確認が必要だ。 1つ目は、セキュリティ対策の責任範囲の理解である。サーバ、ストレージ、ネットワークなどはSoftLayer側の管理に任せることができても、アプリケーション、データ、OSな...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
メリットもリスクもあるコンテナテクノロジー、コンテナ固有のセキュリティリスク対策
 オープンソースソフトウェア(OSS)で脚光を浴びているコンテナテクノロジーは、リソースの無駄の削減、パフォーマンスの向上など多様なメリットが期待できるとして、導入に前向きな企業は少なくない。しかし、専門家からはコンテナテクノロジー固有のセキュリティリス...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
万が一のマルウェア侵入でも隔離で対応、標的型攻撃対策は入口から出口に変化
 標的型攻撃対策において「マルウェア感染を前提とする」発想が一般的になってきた。従来のような「入口対策」だけで完全に防ぐことが不可能になったからだ。そこで、感染しても重大な被害を生じさせない「出口対策」として有効なのが、アプリケーション仮想化を活用した...(2016/4/19 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

製品資料
エッジPC導入でIoTは変わる
 センサーで収集されたデータは、エッジPCにより処理・加工・蓄積され、必要な時に必要なデータのみクラウドやサーバーに送信される。 エッジPCの導入メリットは、クラウドの巨大化や通信回線の容量不足と遅延を最小限に抑えるだけでなく、演算能力を分散させることで...(2016/4/18 提供:株式会社ピノー)

事例
重複排除でストレージ容量を75%削減、効率的なデータバックアップ方法
 ビジネスで扱うデータ量の増加に対し、そのバックアップやリカバリの長時間化、あるいはストレージ増設に掛かるコスト増大が大きな課題となっている。老朽化したバックアップシステムの限界はすぐそこまで来ており、ハードウェアやソフトウェアの移行を具体的に検討する...(2016/4/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2016/4/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
IT製品と保守サービスを使った分だけ月額課金――3社の事例でポイントを解説
 IDCの調査によるとサーバやストレージのリソース利用率は一般的な企業で35〜40%だという。例えば、ITシステムのリソース不足を避けるためにストレージ増強を考えるような場合、それは過剰な投資とはなっていないだろうか。 ITリソースの利用率を高く維持しながら、将...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
SSLサーバ証明書導入のための「5つのキホン」
 Wi-Fi環境の整備やスマートデバイスの普及により、社内外のネットワークからWebサイトにアクセスするユーザーが増えている。Webサイトのセキュリティ対策として、SSLサーバ証明書の導入で、サイト運営団体の実在性を証明したり、通信を暗号化し盗聴や改ざんを防ぐことは...(2016/4/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
仮想化環境と物理環境のバックアップを統合、データ量が最大20分の1に削減
 業務データが増大を続ける中、データ保護コストとバックアップ作業量の削減は早急に取り組むべき課題となっている。ITディストリビューターのシネックスインフォテックでも、保護コスト最適化と信頼性向上のために、仮想化環境と物理環境の統合やテープアーカイブからの...(2016/4/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
メモリとHDDの性能ギャップを埋める、SSDをキャッシュメディア化する効果とは
 データベースやログ記録などに大容量のSATA HDDを必要とする場合、ストレージI/Oの遅延がサーバのボトルネックとなりやすい。RAIDでの対応では処理の限界があり、大規模なトランザクション処理の際にサーバが対応できないときもある。しかし、ストレージの全面的なフラ...(2016/4/8 提供:デル株式会社)

Webキャスト
クラウドサービス徹底比較――料金、セキュリティ、スペックから準拠法まで
 クラウドサービスの導入を検討する企業において、IT担当者を悩ませるのが「どのクラウドサービスを選べば良いのか?」という質問だろう。「IBM SoftLayer」(SoftLayer)をはじめとする主なクラウドサービスの中でも、アウトバウンドのトランザクション課金体系などサー...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オンプレミスをクラウドのように利用する「オンプレミス型従量課金サービス」
 オンプレミスでの資材調達には時間がかかり、初期費用の投資リスクという課題がある。それを解決するパブリッククラウドでは、セキュリティやガバナンスの観点から移行が難しいという企業も少なくない。 そこで注目されるのが「オンプレミス型従量課金サービス」だ。必...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ハードウェア保守コストを半減、マルチベンダー保守サポートの実力を探る
 ハードウェア保守の手間やコストを削減したいと考える企業は多い。また、既存システムのハードウェアの保守を次のシステム更改まで延長したいというニーズも高い。こういったハードウェアのサポート費用のコスト管理はIT部門の重要な課題だ。 そこで注目されるのが、マ...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
オンプレミスへの回帰で注目、コンバージドインフラが解決する「4つの課題」
 企業ITのトレンドとして、パブリッククラウドへの移行は今後も続くと予想されるが、システム規模やサービス利用期間によっては、パブリッククラウドのコストがオンプレミスのコストを上回ることがあることを知っているだろうか。そのため、「オンプレミスへの回帰」とい...(2016/4/1 提供:デル株式会社)

製品資料
サーバの次はストレージも仮想化、ソフトウェア実装による仮想SANの実力
 クラウドシステムにおいてはサーバの仮想化だけでなく、ストレージも仮想化することで高い可用性を生み出すことが可能になる。ストレージ仮想化がされなければ、サーバ側の処理がいくら高速化してもパフォーマンスのボトルネックとなり、コスト効率も上がらない。そして...(2016/4/1 提供:株式会社トライテック)

Loading