TechTargetジャパン

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を負わせる負わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返す...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは
 TechTargetジャパンは、ファイルサーバの導入・利用状況に関するアンケート調査した。その調査で目を引いたのが、データの管理に対して課題を抱えている企業が多いことだ。ファイルサーバ管理への不安や課題を聞いたところ「データの肥大化対策」と回答した割合が73.5%...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
ファイルサーバの肥大化対策、コストと労力を削減する統合管理システム
 企業にとって、ファイルサーバは大切なインフラの1つ。大容量のデータをスピーディーに共有でき、申請書のテンプレートなども手軽に引き出せるなど、ユーザーに多くの利便性を提供する。しかし、管理者にとっては厄介な存在で、不要になったファイルの整理や、アクセス...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤Splunk その効率的導入方法とは?
 サーバのログに代表されるマシンデータは、システム状況を示す重要な情報だ。しかし、あまりにも膨大な量のため、さまざまな活用が期待されながらも一部の利用にとどまっていることも多い。それがビッグデータ分析技術の進歩によって、大きく変わってきている。 どのよ...(2016/11/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Splunkを効率よく構築・運用する秘訣―専用アプライアンスによるメリットとは
 サーバログなどのマシンデータは、システムの運用状況を示す重要な情報だ。適切な分析でサービス品質の欠陥やトラブルの予兆を可視化し、運用改善に役立てることができる。また、サイバーセキュリティにおける実態把握やエンドユーザーの挙動把握など、ビジネスでも活用...(2016/11/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか
 クライアントPCやサーバといったエンドポイントを保護する「エンドポイントセキュリティ」の重要性が高まっている。攻撃者の最終的な攻撃目標が、エンドポイントに他ならないからだ。メールやWebサイトなど攻撃経路は数あれど、攻撃者が欲しがる情報や壊したいシステム...(2016/11/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
サイロ構造を今すぐ解体せよ──アプリとネットワークを統合管理する方法とは
 アプリケーションやWebサービスの高速配信と拡張を可能にするために、多くの企業がハイブリッドクラウドインフラの導入を進めている。このトレンドによって、社内外のインフラの境界線が曖昧になり、IT部門の業務負荷が増している。 しかし、米国のITコンサルティング...(2016/11/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
VDIだけでは防げない「未知のマルウェア」、被害を最小化する4つの手法
 ランサムウェアなどによるサイバー攻撃に対して、仮想デスクトップとセキュリティ製品を組み合わせた対策を施す企業が増えている。しかし、攻撃の手法は高度化・巧妙化が進んでおり、このような対策だけでは脅威を最小化できなくなりつつある。 そのため、これからのセ...(2016/11/29 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
Outlookが「使えるメールソフト」になる――アドレス管理の非効率を簡単に解消
 業務で利用される主要メールソフトの1つであるOutlook。モバイル端末でも扱いやすく、Microsoftのさまざまな製品やサービスとの連携機能を備えるなど、多くのメリットがあるものの、そのアドレス帳機能に関しては不満を感じるユーザーが少なくない。 特にアドレスの検...(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

レポート
大手企業が次々にpcAnywhereから乗り換え先として選択するリモートコントロールツールとは
 社内ユーザー向けヘルプデスクや遠隔地にある無人サーバメンテナンスを中心に、リモートコントロールツールとして利用されている「pcAnywhere」は、2016年4月にサポートが終了した。現在pcAnywhereを利用している場合には、注意が必要だ。 pcAnywhereを使い続けるリス...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

事例
読み込みを90%短縮、第一生命保険が“時代が変わった”と感じたオールフラッシュ
 激しい競争が続く生命保険業界で、業務のWeb化によるビジネスの成長を目指す第一生命保険。同社は、顧客を訪問して保険の提案をする際、タブレットを使って契約状況に応じた最適なプランを案内している。このスタイルは顧客から支持され、業績向上にも貢献しているとい...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
企業の信頼に直結するコンプライアンス対応、簡単・低コストに実現するには?
 ネットワークやシステムが厳正に管理されていることが、組織の信頼性を計る基準となりつつあることから、コンプライアンス対応に力を入れる企業が増えている。その一方で、情報漏えい対策や証跡監査などのセキュリティ対策も多様化しており、ITシステム管理に課題を抱え...(2016/11/22 提供:株式会社ラネクシー)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2016/11/22 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
もう先送りできない、レガシーシステムの「安全な引退方法」を考える
 いち早くITを活用し始めた企業ほど悩まされる課題がある。いわゆる「サーバやデータベースの塩漬け」問題だ。昔から利用してきたシステムが時代遅れとなりつつあるのは分かっているが、その刷新は手間とコストが現実的ではなく、手つかずのまま使い続けざるを得ない。 ...(2016/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
DDoS攻撃対策はできている? リモートアクセスの安全性を強化する3つのポイント
 ユーザー認証と暗号化は、信頼の置けないネットワークを経由するリモートアクセスセッション(およびデータ)の機密性と完全性を保つための、定番手法だ。組織内のごく一部の従業員が、企業が管理するデバイスから、ごく少数のアプリにリモートアクセスしていた時代には...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
コスパ徹底比較:専用サーバ vs. パブリッククラウド
 24時間365日の安定稼働を実現するパブリッククラウドが登場し、基幹系システムをクラウド移行する企業が増えているが、今も多くの企業がオンプレミス環境を選択している。その大きな理由として、パブリッククラウドでは一定以上のサービスレベルの確保が難しいことが挙...(2016/11/17 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月16日号:Windows Server 2016のココが凄い(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 11月16日号は、以下の記事で構成されています。■もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入■盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令■競合他者も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦...(2016/11/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月16日号:Windows Server 2016のココが凄い(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 11月16日号は、以下の記事で構成されています。■もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入■盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令■競合他者も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦...(2016/11/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月16日号:Windows Server 2016のココが凄い
 Computer Weekly日本語版 11月16日号は、以下の記事で構成されています。■もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入■盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令■競合他者も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦...(2016/11/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
複数サーバのシステム変更を一元管理、IT統制のコストと工数を減らす3つの秘訣
 標的型攻撃による情報漏えいなどに備えて、企業はさまざまなセキュリティ対策を実施している。その際、機器の増設、システム構成や設定の変更、セキュリティパッチの適用などのシステム変更が複数のサーバに対して行われるが、その管理はどのようになされているだろうか...(2016/11/14 提供:株式会社ラネクシー)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

事例
データ収集処理を最大10倍にしたアタラのデータセンター刷新術
 変化の激しいビジネス環境の中では、より精度の高い情報をより迅速に得ることが求められ、データを収集・分析するシステムの重要性が高まっている。分析対象となるデータによっては、その量が増大し続ける場合も多く、処理に要する時間を長引かせないようにするためには...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
低予算でDR対策まで、自治体も選ぶ“クラウド的”な専用サーバ
 地方自治体では東日本大震災をきっかけとして、災害復旧(DR)に取り組むところが増えている。オンプレミス環境では、庁舎が被災すればシステム運用を継続できなくなる懸念があるからだ。とりわけWebサーバは、災害時の情報発信に使われることもあって、クラウドなど外...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
人気スマホゲームは膨大なアクセス負荷をどう支えているのか?
 スマートフォン向けゲームアプリは、どれだけスケールする必要があるのか、需要予測を立てにくいアプリケーションの1つだ。例えば、広告やゲーム内キャンペーン、さらにはソーシャルメディアでの拡散などのきっかけで、アクセスが爆発的に増加することもある。 またイ...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
仮想化環境の可用性向上術――重要なデータを保護しながらシステムを高速復旧
 多くの企業で仮想化環境の採用が進むなか、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策などに向けた高可用性を実現する方法にも変化が求められるようになった。その変化に対応するためには、まず仮想化環境における可用性と密接に関係する、網羅性、迅速性、適切性につい...(2016/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
VMware環境を“健康” にするには? 担当者が一皮むける新定番ツール“超使いこなし”
 一般的になったサーバ仮想化だが、その環境を“健康”に保つのは意外に難しい。よく分からない理由で仮想マシンのパフォーマンスが低下したり、いつの間にか仮想マシンが増え過ぎたりと、管理担当者は目が離せない。サーバリソースを効率的に使うために導入することが多...(2016/11/7 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。クラウドサービスプロバイダー、例えば米Amazon Web Servicesや米Rackspaceなどは、会社のデータ管理や通信の負担を軽減して...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

Loading