TechTargetジャパン

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
ここが知りたい! サービス仮想化を成功させる10のポイント
 ソフトウェア開発チームが、常時、高性能アプリを予算内でスケジュール通りに開発するのは、今日の複雑なアプリケーションをそれぞれの環境でテストを行う限り、至難の技だ。その課題解決のため、最近注目されているのが、サービス仮想化だ。アプリケーション内の指定し...(2014/9/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは、企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対し、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題が明らかとなった。目的:TechTargetジャパン会員...(2016/7/11 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
企業における仮想化環境のセキュリティ・バックアップ実態調査レポート
 IT系オンラインメディアとして著名な「ZDNet Japan」で2013年1月30日から2月6日まで仮想化環境への取り組みやセキュリティおよびバックアップ対策の現況について調査を行った。総回答数は409名であった。 実際に現場でIT運用する担当者の回答から様々なヒントが明らか...(2013/5/9 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
部分的な仮想化からプライベートクラウドへ〜ステップアップで仮想化共通基盤を実現
 サーバ仮想化は普及期に入り、多くの企業で運用されているが、その多くが部門や業務ごとの仮想化にとどまっており、期待したほどの効果が得られていないのが現状だ。企業内にクラウド環境を構築し、ITコストやリソースの最適化と運用の効率化を実現するには、部分仮想化...(2014/2/24 提供:日本電気株式会社)

技術文書
仮想化ロックインからの逃げ道、Red Hat KVM移行の鍵とは?
 2007年ごろから日本では企業のサーバ仮想化統合が一般的となった。今まさにリプレイスの時期で、今年は仮想化環境の見直しや大規模な仮想化製品間の移行プロジェクトなども発生している。 しかし、移行を阻むものもある。それは仮想化製品によるロックインだ。サーバの...(2012/2/27 提供:デル株式会社)

技術文書
インフラストラクチャの計画と設計〜適切な仮想化テクノロジの選択
 「Windows Server 2008 Hyper-V」「Virtual Server 2005 R2 SP1」などマイクロソフトの仮想化機能について紹介します。 また、仮想化が適切であるかどうかを判断する7つのステップ(特定状況)を用意しました。ステップ1:仮想化が適切かどうかの判断ステップ2:アプリ...(2010/5/10 提供:マイクロソフト株式会社)

レポート
仮想化の新たな経済性
 企業のIT基盤の課題を解決する「仮想化」技術がある。仮想化は、ハードウェア数の削減・空調・スペース・電力費用の削減を目的として導入が進んでいる。 仮想化にはサーバ集約だけではなく、サーバ冗長化の代替やシームレスなサーバ移行など、多くの機能とメリットがあ...(2008/5/2 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化を成功に導く6つのポイント
IDC Japanのレポート「国内クライアント仮想化市場 2013年上半期の分析と2013年〜2017年の予測アップデート:GPU仮想化の新潮流」(2013年11月、J13190105)」によると、2013 年の国内法人向けクライアント仮想化導入率が24.1%、2017年には45.5%まで拡大すると見込まれ...(2014/2/27 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
仮想化導入調査結果「従業員1000人以下の企業の半数がスキル不足を実感」
 仮想化技術の普及が本格化し始めてから、既に10年あまりが経過している。当初は新たなIT技術への投資に積極的な大規模企業を中心に採用が進んだが、近年では中堅・中小企業でも仮想化技術は着実に浸透している。まさに仮想化技術は業種、企業規模を問わず、IT基盤に必須...(2014/4/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する読者調査リポート(2014年1月)
 TechTargetジャパンは2014年1月14日から2014年1月28日にかけて、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する読者調査を実施した。本リポートでは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化製品の導入状況、満足度、製品選定のポイントなどについてまとめている。目的:TechTarg...(2014/2/27 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

講演資料
Sun Virtualization Solution Day 仮想化セミナー プレゼンテーション資料
あなたのシステムはまだサーバ単位?CPUから、サーバ、OS、クライアント、サービス、さらにはデータセンター自体の仮想化まで、総合的なサンの最新仮想化ソリューションを解説。仮想化は、日々増加するサーバ、電力消費の増大、運用管理コストの増大に対する最も有効なソ...(2006/12/22 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

技術文書
仮想化:電源および空調の最適化によって最大限のメリットを実現
仮想化のメリットに対する認識はいまだに浅く、多くのデータセンタがこのメリットの大部分を逃している。ラック設置面積の縮小から障害復旧まで、仮想化がIT 機器にもたらすメリットについては広く認められているが、仮想化を支える物理インフラを最適化することで、さら...(2010/5/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
サーバー仮想化における システム構成ガイド ホワイトペーパー ─ 第 2 版
 Hyper-Vは、Microsoft Windows Server 2008の標準機能として組み込まれたサーバー仮想化テクノロジーです。Microsoft Windows Server 2008 R2には、Hyper-V 2.0が搭載され、パフォーマンスおよびスケーラビリティのさらなる拡張、ライブマイグレーションや仮想ストレー...(2010/5/10 提供:マイクロソフト株式会社)

レポート
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
 仮想化の採用が広がるにつれて、ERP/CRMやEメール、データべースシステムなど基幹業務のアプリケーションを仮想環境で利用することが増えてきた。基幹業務を支える基盤は、高い可用性と回復性、信頼性を備え、自動化やストレージ管理機能による効率的な運用管理により...(2014/5/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
成功事例に学ぶ! ビジネスクリティカルなアプリケーションの仮想化:SAP
 幅広い業務を支える統合基幹システムであるSAPソリューションの仮想化は、まさに企業のビジネスそのものを変革する一大チャレンジといえる。Aberdeen社がSAP導入企業100社に対して行った調査では、SAPソリューションの仮想化について、回答者からは「システムの応答性が...(2013/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
EMC製品とマイクロソフト製品を活用したサーバ仮想化基盤を迅速かつ低コストで構築する方法
 多くの企業がサーバ環境を統合、仮想化してコストを削減しようとしているが、多様なハードウェアやソフトウェアの選定から導入までに乗り越えなければならない課題は多い。EMC製品とマイクロソフト製品群を最大限活用することで、低コストで堅牢な仮想化基盤を構築でき...(2014/8/8 提供:日本ビジネスシステムズ株式会社)

製品資料
仮想化製品選定7つの条件──失敗しない仮想化製品の選び方
 仮想化の導入はますます一般化しており、その効果は既に多くの企業で実証されている。しかし、「これから初めて仮想化を選定する」企業にとっては、製品選びのための指針が欲しいところだ。 予算と目的に応じた仮想化インフラを構築し、初期投資を抑え、さらには固定費...(2012/12/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
PowerVMとVMware vSphere(4.1 & 5.0)との仮想化パフォーマンス比較
今日の企業組織は、パフォーマンス、セキュリティー、信頼性、および柔軟性を損なわずに、IT コストを抑える必要がある。新たな先進技術を合理的かつ戦略的に使用することにより、事業運営の中核業務のコストを著しく削減し、画期的な経済性を達成することができる、新し...(2012/10/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
仮想化の達人養成講座
 企業システムにおいて、仮想化技術はごく当たり前のように口にされるようになってきた。しかし、いざ仮想化を採用しようとすると、さまざまな技術や製品がズラリと並び、悩ましい選択を強いられることになる。 この電子ブックレットでは、セカンドウェーブが到来した仮...(2008/5/12 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
コスト削減だけではない! 仮想化による4つのメリット
 すでに効率的なIT 環境を実現するための標準的な手法として認知されている仮想化技術。多くの企業では、サーバ、ストレージ、ネットワーク、およびデスクトップといった、従来のインフラストラクチャのすべてのレイヤーを仮想化する取り組みが進められている。そこでは...(2013/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
VMware環境において「ビジネス継続性」を強化する方法
 多くの企業で既にサーバ仮想化の導入が進んでいる。その目的の多くは運用効率の向上とコスト削減効果だが、仮想化をさらに有効活用することで、高いビジネス継続性とディザスタリカバリを実現する「常時稼働(Always-On)」のデータセンター構築が可能だという。 本ホワ...(2012/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
「あと何台、仮想マシンが搭載できる?」の問い合わせ、根拠をもって示せるか
 IT投資に高い費用対効果を求める上で、仮想化基盤の稼働率を高めることは有効な解決策である。そのためには、適切な稼働率での運用とともに、想定以上のITリソース要求があった場合に備え、空きリソースを速やかに継続的に把握することが必要となる。 しかし、サーバ仮...(2015/10/6 提供:日本電気株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
まだ間に合う! これから始めるデスクトップ仮想化導入ガイド
 かつてデスクトップ仮想化は、セキュリティ要件の厳しい金融業界や官公庁に導入されているのみだった。だがここ数年、企業のセキュリティやコンプライアンスに対する意識の高まりに加え、ITインフラの高性能化と低価格化が進み、身近な存在になった。 クライアントのセ...(2014/6/12 提供:東京日産コンピュータシステム株式会社)

技術文書
仮想化のメリットを最大化させる実行基盤
 現在、多くの企業がコスト削減を目的にサーバ仮想化を導入、または導入検討しており、仮想化によりコスト削減に成功したという事例も数多く出てきている。 しかし、成功事例が数多く存在しても、これから仮想化を導入する情報システム部門は、未知の技術への対応となる...(2010/9/6 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
こんなはずじゃなかったサーバ仮想化、「困った!」を解決する「コンバージドシステム」とは
 乱立する仮想サーバ、右肩上がりに上昇する運用管理コスト、低下するエンドユーザーの満足度――今や当然となったサーバ仮想化でこのような状況に悩む企業が増えている。サーバ仮想化がうまくいかない原因の1つは、企業が導入に当たり、多くの技術要素を検討する必要が...(2015/7/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
仮想化が解決する、中堅・中小企業のリアルな課題
 仮想化は、世界中の大企業で採用されているテクノロジーだ。ハードウェアや電力、冷却コスト、設備費用で数十億ドルを削減し、クラウドコンピューティングへの移行を促進している。しかし、こうした仮想化の恩恵を享受できるのは、必ずしも大企業とは限らない。 小規模...(2012/9/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想化で見えてきた新たな運用管理の課題と解決策を探る
 仮想化導入の際ほとんどの企業が、まず小規模な範囲で実施し、次第に仮想化の範囲を広げていく。だが、仮想化されたシステム環境が主になったにもかかわらず、システム運用管理の手法をプロセスは仮想化以前のままという企業が多い。IDC Japanの調査によると、仮想化シ...(2014/2/27 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
物理PCと何が違うの? デスクトップ仮想化、基本の「き」
 「デスクトップ仮想化」(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)とは、クライアントPCのデスクトップ環境を、仮想化技術を使いサーバで集約して利用する仕組みである。よく比較されるリモートデスクトップ(サーバ共有型デスクトップ)は、サーバOSをマルチユーザーで...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

Loading