2015年01月09日 15時00分 公開
特集/連載

ウエストジェット航空がネットワーク仮想化で解決したパフォーマンスの問題「VMware NSX」導入で仮想環境を構築

カナダWestJet Airlinesは、米VMwareの「VMware NSX」の「マイクロセグメンテーション」を評価し、ネットワーク仮想化の導入に踏み切った。NSXによって同社ではコアファイアウォールの複雑さが緩和され、ボトルネックを回避することができる。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ほとんどの企業のデータセンターでは、クライアントとサーバアプリケーションが単純にやりとりをする“南北トラフィック”の時代が終わった。アプリケーション間の“東西トラフィック”が新たな規範になっている。カナダで第2位の航空会社であるWestJet Airlines(ウエストジェット航空)は、米VMwareの「VMware NSX」の「マイクロセグメンテーション」を実践することで、この新しい時代において従来のネットワークセキュリティアーキテクチャを強化できると確信した。

ネットワークに関するアンケート調査を実施中!

ネットワーク製品の導入に関わる方を対象に、導入の現状や課題、投資意欲などの状況をお伺いするアンケート調査を実施しています。

 アンケート回答者の中から抽選で、3名さまに「Amazonギフト券(5000円分)」、をプレゼントします。今後の情報提供やサービス改善のため、ぜひアンケートにご協力ください。


ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...