2013年10月22日 08時00分 公開
特集/連載

SDNを巡って衝突が避けられないVMwareとCiscoの奇妙な蜜月AppleとMicrosoftの構図に似ている?

VMwareとCisco Systemsは公にはパートナー関係を維持しつつも、ネットワーク仮想化やSDNの分野ではライバル関係であると言わざるを得ない。両者のネットワークに関するアプローチを比べた。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 米Cisco Systems(以下、Cisco)は、2013年8月にVMworld 2013で米VMwareが行ったネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」の発表に参加しなかった。これは思わず目にとまった。VMwareのネットワーク分野における最も古くからのパートナーなのに、Ciscoはだんまりを決め込んだからだ。一方、ネットワークスタックの上位層から下位層までのさまざまな技術を手掛けるライバル各社は、VMworld 2013で自社製品とVMware NSXとの統合を胸を張って説明した。

 VMware NSXに関するCiscoの沈黙を破ったのは、最高技術責任者(CTO)のパドマスリー・ウォリアー氏。同氏はCiscoの公式ブログで、「ネットワークの将来へのCiscoのビジョンは、VMwareのビジョンとは大きく異なっている」と述べた。データセンターネットワークとネットワーク仮想化に対するVMware NSXのソフトウェアオンリーのアプローチは、「スケーラビリティに欠けており、物理インフラと仮想インフラの完全な可視性をリアルタイムに提供しない」と、同氏は記している。

 一部のITプロフェッショナルは、CiscoはVMware NSXに対する筋の通った反論を行っていると考えている。しかし、Ciscoは自社のSDN(Software Defined Network)ビジョン「Cisco Open Network Environment(ONE)」の推進や、子会社のInsieme Networksを通じて将来行う製品投入のための地ならしをしていると考える向きもある。

仮想ネットワークオーバーレイのスケーラビリティ:問題視は時期尚早か

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...