2011年12月14日 09時00分 公開
特集/連載

ネットワーク仮想化の導入を妨げるセキュリティ上の課題ネットワーク仮想化に備える(後)

ネットワーク仮想化の導入によるメリットは多い。しかし、一部の企業がその点を認識しつつも、ネットワーク仮想化を敬遠していることも事実だ。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 前回の「ネットワーク仮想化のために重要な機器のアップグレード戦略」に続き、ネットワーク仮想化の役割を検討し、企業が10Gbps以上の高速LANに移行する際に考えるべき重要なアップグレード戦略を概説する。今回は、ネットワーク仮想化を実現するために必要なインフラ設計のポイントやその導入のネックとなっている課題を紹介する。

ネットワーク仮想化のプランニング

 ネットワーク仮想化は、1回導入すれば事足りるものではない。管理者は、将来のアップグレードの影響も考慮する必要がある。10Gbpsのような高速な物理ネットワークや、40Gbpsや100Gbpsイーサネットなどのさらに高速なインフラに移行した場合、それらはネットワーク仮想化をすぐにサポートできるだろう。管理者はネットワーク仮想化技術を検討し、大幅に高速なトラフィックの負荷にソフトウェアレイヤーが耐えられるようにしなければならない(関連記事:仮想インフラに10ギガビットネットワークは必要か?)。「ネットワーク仮想化技術を、仮想化のベースとなる物理ネットワークの速度に対応させる必要がある」と、ITサービス会社の米Evolve Technologiesのデーブ・ソベルCEOは語った。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...