TechTargetジャパン

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
OpenStack、CloudStack、VMware、プライベートクラウドでベストな選択肢はどれ?
 クラウドコンピューティングへの見解はベンダーによってさまざまだ。例えばAmazon Web Servicesは「プライベートクラウドやハイブリッドクラウドは過渡的な技術であり、いずれはパブリッククラウドが主流を占めるようになる」と考えている。しかし、雇用維持やセキュリ...(2016/11/17 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較
 仮想化の利用拡大とともに注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その代表的な2製品を対象に「導入実績」「ユーザー要件に合わせた構成の自由度」「スケールアウト力」「パフォーマンス維持力」など機能の比較調査を行った。 HCIで特に重要となるのが、高い...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
VMware環境を“健康” にするには? 担当者が一皮むける新定番ツール“超使いこなし”
 一般的になったサーバ仮想化だが、その環境を“健康”に保つのは意外に難しい。よく分からない理由で仮想マシンのパフォーマンスが低下したり、いつの間にか仮想マシンが増え過ぎたりと、管理担当者は目が離せない。サーバリソースを効率的に使うために導入することが多...(2016/11/7 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果
 ITソリューションビジネスを展開するBSNアイネットでは、IaaS、DaaS、SaaSなどの幅広いクラウドサービスを提供している。毎年2桁以上の高成長を続ける一方で、その課題となっていたのが高負荷環境でのスループット低下だった。ストレージI/Oがボトルネックになっていた...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは
 オンプレミスからハイブリッドクラウドへ移行する道のりは楽ではない。移行がなかなか簡単にいかない大きな要因として、ハイブリッドクラウドを管理するツールやルールが、これまで使い慣れたものと違うことが挙げられる。また、ハイブリッドクラウドにおいてクラウドと...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
失敗に学ぶ仮想化環境のバックアップ術――4大課題を克服できるか
 仮想化環境が多くの企業で利用されるにつれて、その仮想マシンのバックアップが課題として浮かび上がってきた。特にバックアップやリストアに時間がかかる点や、複数OS混在時の設定と運用の複雑化は、その代表格である。 例えば、VMwareの仮想化基盤においてはバックア...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
クライアント端末の課題を一気に解決、「VMware Horizon」で構築するVDI
 仮想デスクトップ(VDI)はホストOSを各クライアントで共有するものと、各クライアントにOSを割り当てて利用する2つの方法があるが、VMwareの仮想デスクトップソリューション「VMware Horizon」は両方に対応している。 いずれの方法も、各クライアントはデータセンター...(2016/10/5 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラNutanixで快適に動く仮想マシンの台数は?
 TCO削減につながる仮想化基盤として注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多数のユーザーが仮想マシン(VM)を快適に利用できるようにするためには、現実的に搭載可能な台数を把握することが欠かせない。 そこで、NX-3460 1ブロックで、VMware Horizon View...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/11/25 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
オンプレミスのVMwareインフラ、ハイブリッドクラウド移行で柔軟性を高める
 VMware製品で自社システムを仮想化し、運用している企業は、リソースの効率運用を従来よりも大幅に高められるものの、一方で限界を感じることも多い。拡張の際の物理環境への投資負担は残り、そのリソース配分でも最適化がうまく図れないケースがあるからだ。リソースが...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想化基盤の新潮流、ハイパーコンバージドNutanixの全てを解説
 従来型の仮想化基盤の信頼性・安全性と、パブリッククラウドの俊敏性・拡張力を兼ね備えたWebスケールの仮想化基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。仮想化に必要な機器・ソフトウェアが統合されているため、相性を検証する必要なく、30〜60分という短時間で...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
AWSへのプロビジョニング作業を3割削減――クラウド基盤の運用を自動化するには
 プライベートクラウドやパブリッククラウドの導入が急速に進む一方で、クラウド特有の運用業務が現場の新たな負担となりつつある。そこで、クラウド基盤運用の自動化を目指す動きがさまざまな業界で始まっている。 例えば、ある教育関連会社では「Amazon Web Services...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか
 業務アプリケーションの展開や管理には、これまで長らくPCを念頭に置いた仕組みが続いてきた。しかし今はスマートフォンやタブレット、シンクライアントなどデバイスが多様化し、アプリケーションもWebアプリケーションや仮想化アプリケーションなどを状況に応じて使い...(2017/2/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

事例
クラウドでディザスタリカバリー対策する利点――ニフティのDRaaS実用例から探る
 地震や台風などの自然災害、ランサムウェアや顧客の機密データ侵害などの人為的攻撃など、さまざまな原因から障害は起こり得る。インフラが止まり、システムが稼働できなくなり、長期間にわたって業務停止に陥る危険性に備えなくてはならない。 業務停止を最小限に抑え...(2016/12/6 提供:ニフティ株式会社)

比較資料
その仮想化導入は得してる? 損してる? スグできる直接/間接コスト計算術
 サーバ仮想化やデスクトップ仮想化などの仮想化事例が増える一方で、導入企業からは「一時的なコスト削減にしかならなかった」「想像以上に運用コストが掛かる」という声も聞こえてくる。その多くは、仮想化環境の導入コストにだけ注目して、TCOまで考慮しなかったこと...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
クラウド活用のメリットを最大化する鍵――運用の自動化で利便性を向上
 社内ITインフラをクラウド化する際には、ビジネス部門からIT部門に対して、さまざまな依頼が行われ、サービスに対して迅速な提供や改善などの要求が多くされる。これを全て人が対応するのは困難で、自動化を図る必要がある。 そのための管理ツールは、操作性に優れ、ク...(2017/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウド運用の属人化と作業ミスを防止――運用自動化はどう進めるべきか?
 運用管理にさまざまなツールや特有のノウハウが必要なプライベートクラウド。その運用業務は手作業中心になりがちで、属人化の進行や作業ミスの発生が問題となるケースも見られる。こうなってしまうと、ビジネス環境の変化にも迅速に対応できなくなる。 例えば、利用者...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは?
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

事例
ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能
 自動車メーカーのダイハツ工業は、自社が得意とするスモールカーづくりのコンセプトを全社で一貫して採用している。それが、シンプル、スリム、コンパクトであることを意味する「SSC」だ。この方針は、ITインフラ整備においても貫かれるという。 同社は、トヨタ自動車...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
企業がSSDに熱視線を送る理由――理解しておきたいメモリ技術のポイント
 近年、フラッシュストレージ技術を利用するさまざまなデバイスが登場している。OSでも、重要な業務データでも、サーバに入っているものなら何でも、フラッシュメモリを使うことで遅延時間は少なくなるだろう。 ただしSSDの購入を検討する際には、さまざまなフォームフ...(2017/2/9 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
クラウドバースト製品導入戦略ガイド
 クラウドの概念が拡大している。本稿ではクラウドバーストのメリットとデメリット、オンプレミスITの役割について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■クラウドバーストのメリットとデメリット■クラウドバーストの利用が伸びない理由■クラウドバー...(2017/2/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2017/2/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading