TechTargetジャパン

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
オンプレミスのVMwareインフラ、ハイブリッドクラウド移行で柔軟性を高める
 VMware製品で自社システムを仮想化し、運用している企業は、リソースの効率運用を従来よりも大幅に高められるものの、一方で限界を感じることも多い。拡張の際の物理環境への投資負担は残り、そのリソース配分でも最適化がうまく図れないケースがあるからだ。リソースが...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
短時間で導入・作動、ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証
 ITの運用効率を高めるためにインフラの仮想化が広がる中、仮想マシンの拡大とリソースの使用率の向上は、IT管理者にとって頭の痛い問題だ。複数の管理者がインフラストラクチャの異なる部分を担当すると、インフラのサイロ化が進んでしまう。そこで、注目されるのが、ハ...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化でよくある6つの課題、ベストの解決方法は?
 サーバ仮想化の次の段階として、自社データセンターの俊敏性を高めるという目的で、ネットワーク仮想化に取り組む企業が増えている。特に、プライベートクラウドを構築したものの、運用が進むにつれ、エンドユーザーのさまざまな要望に応え切れなくなった企業で、具体的...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
平均損失額は379万ドル、データ侵害を防げないデータセンターの特徴とは?
 企業に対するデータ侵害の被害について調査したPonemon Instituteの報告によると、2015年中の平均損失額は379万ドルに上るという。このように情報セキュリティの脅威が急速に拡大する中、現在のセキュリティ対策への疑問の声が上がり始めている。 近年、特に問題とされ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラの基礎解説――製品選び「8つのポイント」
 ハイパーコンバージェンスとは、データセンターに期待するパフォーマンスや安定性、可用性を損なうことなく、クラウド環境のような経済性と規模を実現できる方法だ。このコンバージェンスというトレンドは、複雑性が増加しているデータセンターをシンプルにするために生...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
アプリのダウンタイムを36%削減、事例に学ぶ「仮想環境の運用管理」強化術
 仮想環境における管理機能の強化は、環境全体の状況を把握し、さまざまな問題が顕在化する前に原因を特定、解決することによってなされる。これによりリソースの最適化と、ユーザーの運用効率の向上、さらには的確なタイミングでのシステム増強が可能になる。 この他に...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
インフラ統合とクラウド活用に必要な「自動化と集中管理」の手法
 仮想化技術によって、企業が管理するデータセンターのリソースは大きく効率化が進んだ。また、これらのリソースをオンデマンドでユーザーへ提供し、新しい環境を構築する際のスピードを大幅に短縮するクラウド化についても、多くのユーザーが活用し、ビジネスとITの関係...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想環境をツールで補完、運用管理の強化で得られる「5つのメリット」
 サーバ仮想化技術により、サーバの統合、物理資産の利用率向上、設備投資コストや運用コストの削減などの効果が得られる。しかし、それだけでは完成された仮想環境を手に入れたことにはならない。仮想環境のパフォーマンスは、さまざまな条件の変化により常に変動するか...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
3方向で進化するオールフラッシュ、次世代データセンターに適した製品は?
 この数年で導入企業が一気に増加したフラッシュストレージ。その活用は主に3つの方向で進んでおり、従来型業務システムなどで使われる汎用製品、開発環境に適したストレージQoS重視の製品、データ分析に適した高IOPS・低レイテンシの製品が主要な選択肢となっている。 ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
多層防御の実効性を高める、総合セキュリティ対策の“3つのポイント”
 マルウェアの侵入防止に力点を置く、エンドポイントのウイルス対策では現実の標的型攻撃には対抗し切れないことから、近年では侵入された場合の対策も加味した「多層防御」の考え方が浸透してきた。しかし重要情報の詐取は、内部犯行の場合もあれば、廃棄したIT資産が原...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
DBシステムの安定稼働を10年以上支える、ストレージに求められる3つの要件
 データベース(DB)の高速化のためにオールフラッシュアレイを導入するアプローチは一般的になった。しかしながら、オールフラッシュアレイの製品価格から、導入に踏み切れていないシステムが多くあるのも事実である。 2016年以降、NANDフラッシュメモリの低価格化に伴...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
ECアプリの優先順位付けで顧客転換率を向上、Webサービス基盤構築に必要な条件
 Webサービスが競争力の源泉となっている企業にとって、パッケージソフトやSaaSなど“既成品”を利用して新規サービスを展開することは、将来的にスピードや柔軟性の面で機能の制約を設けることにつながる。サービスを他社に先駆けて提供するためには、その開発力でしの...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
FacebookやMicrosoftに学ぶ、データセンターネットワーク運用術
 仮想化の導入により、データセンターのトラフィックは大幅に増加した。必要なリソースを素早く用意できるようになり、これまで後回しにしていたさまざまな施策をユーザーが実行に移し始めたからだ。このような状況になって、まず問題となったのがネットワークの可用性だ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

事例
プライベートクラウドの仮想サーバ構築を自動化、コストはどこまで削減できるか
 酒類・飲料メーカーのキリングループ約230社のシステム開発・運用・保守などを行うキリンビジネスシステムでは、2015年からグループ全体で稼働する400のシステムと2000台のサーバの移行に取り組んでいる。 同社に課せられた使命は、サーバの老朽化対策と増え続ける運用...(2016/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
従来のコストで10倍のパフォーマンス DB環境にオールフラッシュを選ぶべき理由
 近年、データベース(DB)環境におけるオールフラッシュストレージの導入が急速に進んでいる。その背景にはフラッシュデバイス自体の低価格化があるが、インライン処理によるデータの重複排除/圧縮機能の効果も見逃せない。 これらの機能改善と、オールフラッシュスト...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
仮想環境のバックアップ、エージェント方式やVADP方式の課題を解消するには?
 基幹データの損失は企業に甚大な影響を及ぼすため、多くの企業がデジタルデータの“最後の砦”としてバックアップを実施している。しかし、仮想化環境の場合では、データ保護方式に一長一短があるため、十分なバックアップサービスを提供できないケースがある。 例えば...(2016/8/29 提供:ノックス株式会社)

製品資料
モバイル活用のあらゆる状況に対応、デバイス一括管理で業務負担とコストを削減
 業務におけるモバイル活用が拡大する中、運用管理の複雑化が急速に進んでいる。デバイスの多様化、運用負荷の増大、情報リスクの上昇などに対応しつつ、さらなる生産性の向上を図るためには、デバイスだけの管理を目的とした従来の対策からの脱却が求められる。 とはい...(2016/8/4 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
個人情報を扱う窓口業務を支えるストレージ基盤選び――群馬県太田市の視点
 重要な個人情報を扱う企業や組織を中心に、仮想デスクトップ環境の導入が進んでいる。その主な目的はセキュリティの強化と基幹システムの全体最適化だが、業務のピーク時に仮想デスクトップを安定稼働させるためには高いストレージ性能が求められる。 22万人の人口を有...(2016/9/20 提供:富士通株式会社)

Loading