TechTargetジャパン

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ユーザーも実感したバッチ処理時間の短縮、オールフラッシュストレージの効果
 あらゆる分野でデータが大容量化し、サーバにかかるオンライン処理やバッチ処理などの負荷が上昇を続けている。そのため、この影響がユーザー体験に直結するクラウドサービス事業者を中心にストレージ基盤の刷新が進んでいる。 クラウドサービス「iNET IMAGE BANK」を...(2016/5/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
そのクラウドの組み合わせ、本当に最適だと思いますか?
 プライベート、マネージド、パブリックなど複数のクラウドを混在状態で活用している企業にとって、大切なのは各サービスの調達、管理、利用を最適化することだ。例えばプライベートで運用していたITサービスを「パブリックに全て移したい」、あるいはマネージドのみで運...(2016/7/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
セキュリティ対策が医療連携を阻害する――院外端末とはどう付き合うべきか?
 医療・介護業界でも、セキュリティ対策を目的として、シンクライアント環境やインターネット分離の基盤導入が進んでいる。しかし、院内端末のセキュリティが向上する一方で、外部端末の活用が阻害される状況が生まれつつある。 特に医療現場では、職種間の連携や地域医...(2016/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
医療現場の情報セキュリティ、危うい実情と今後求められる対策を探る
 ランサムウェアなどによる情報漏えい被害が日本でも拡大している。個人情報の中でも特に重要な医療情報を扱う病院などでは、このような攻撃に常に備えなければならない。しかし、近年では攻撃手法が巧妙化し、従来のセキュリティ対策では防ぎきれない状況が生まれつつあ...(2016/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
コスパ重視のオールフラッシュストレージ選び、低予算でも手に入る10のメリット
 これまで高性能で高価格というイメージを持たれていたフラッシュストレージだが、ここ数年で低価格化が大きく進み、コストパフォーマンスの面でもHDDに対して優位性を発揮するようになってきた。それに伴い、エントリークラスからミドルクラスのオールフラッシュ製品の...(2016/7/12 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

製品資料
本気で選ぶエントリークラス、低予算でもストレージ刷新はここまでできる
 業務に必要なデータは爆発的な増加を続け、ユーザーからのレスポンス改善への要求も日増しに高まっている。だからといって、無制限にストレージに投資する余裕もないことから、多くのIT担当者が十分とはいえない予算でのやりくりに頭を悩ませている。 そこで、有力な解...(2016/7/12 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは、企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対し、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題が明らかとなった。目的:TechTargetジャパン会員...(2016/7/11 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
医療の質の向上を決定づける病院の“モバイル推進”戦略とは?
 医療の現場ではモバイルデバイスの採用が着実に進んでいる。ベッドサイドや在宅医療の場面など、場所を問わない使い方ができるようになることはもちろん、モバイルデバイスによって入力の手間を省力化したり、電子カルテや検査データへの閲覧性を高める環境を実現したり...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
自社に最適な「クラウドの組み合わせ比率」の見つけ方
 プライベートとパブリックの両クラウド環境を利用するハイブリッドクラウドが、多くの企業で導入されるようになった。しかし、プライベートとパブリックの利用割合を最適化することは簡単ではない。コストと運用効率、そしてサービス提供のスピードといった観点で最善の...(2016/7/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ソフトウェア開発クラウドで仮想特化型ストレージを実践、その実力を探る
 富士通のソフトウェア開発環境を提供する富士通沼津ソフトウェア開発クラウドセンターは、国内外の開発者にソフトウェア開発環境向けプライベートクラウドを提供している。このサービスの核となっているのが、仮想環境のオンデマンド貸し出しシステムだ。 しかし、サー...(2016/7/6 提供:富士通株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly ストレージ導入の成否を決める注意点
 導入したストレージが期待通りのパフォーマンスを発揮しない。その原因は、その目的や用途によって異なる注意点を考慮していないことにある。ストレージ導入前に読んでおくべき3つの記事を集めた。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。・仮想化環境のストレージ...(2016/6/15 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
 ITシステムのクラウド移行には、ハードウェア維持費を減らし、保守・運用をアウトソーシングできるというメリットがある。しかし、SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムをクラウド化するためには、サービスの信頼性に対する十分な評価が必要だ。 電子計...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント
 サーバ仮想化のメリットは一言では説明できない。さまざまなメリットがあり、どのメリットを重視するかはシステムによっても異なる。あるシステムではコストが重要視され、あるシステムでは冗長性が最も重要視される。ここでは、3つの観点でサーバ仮想化のメリットを解...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれ...(2016/6/24 提供:富士通株式会社)

技術文書
システム障害を生む開発と運用の「意識の差」――DevOpsで3つの壁を打破
 野村総合研究所が行ったシステム障害の原因調査によると、オペレーションミス起因が25%である一方、44%が指示ミスや申請ミスなどの運用ミスや基盤設計時の検討不足による考慮漏れだという。これらはシステム設計時から運用標準化を進めることで減らすことができるが...(2016/6/8 提供:株式会社野村総合研究所)

製品資料
AWSがトップ3に入らない中国クラウド事情――現地で選ぶべきサービスは?
 近年、中国でビジネスを展開する日本企業の大きな悩みとなっているのが、自社が求めるレベルのクラウドサービスが見当たらないことだ。中国では、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」ですらトップ3に入れないほど、独自クラウドの普及が進んでいるが...(2016/6/2 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
VDI/RDS環境はどう評価する? CPUとRAMの監視だけでは見えないユーザーの満足度
 近年、多くの企業がセキュリティ、モバイルワークなどのニーズに応えるため、仮想デスクトップインフラ(VDI)やリモートデスクトップサービス(RDS)を採用している。これらの普及が進む背景には、運用を簡略化できるという管理者側の事情もある。 しかし、それは裏を...(2016/6/1 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

事例
アプリケーション仮想化の効用――先行導入企業の活用事例に学ぶ
 近年、データ保護の観点から重要なデータやシステムにユーザーが直接アクセスすることを制限するセキュリティ対策が取られるようになった。一方、業務効率改善の観点では、マルチデバイスへの対応や業務アプリ利用環境の拡大などの要求が高まり、ユーザーが扱えるデータ...(2016/5/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IDC調査で見るフラッシュアレイの投資効果――選定基準のどこを見直すべきか?
 IT調査会社のIDCによると、オールフラッシュアレイ市場は2013年から2018年にかけて、年間平均46.1%のペースで成長し、2018年末には市場規模が33億ドルに達すると予想されるという。同期間のハイブリッドフラッシュアレイ市場の予想成長率も年間平均8.1%と高水準だ。 ...(2016/6/27 提供:ネットアップ株式会社)

Loading