TechTargetジャパン

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット
 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。 例えば、定番の仮想化製品「VMwa...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?
 近年、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の導入が進む背景には、サービスとサポート、拡張性、仮想マシン(VM)のプロビジョニングに対する高い要求がある。特に、単一の障害がインフラ全体に及ぼす影響を考えたとき、冗長性と可用性に優れ、管理も手軽...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

レポート
コスト・運用負荷比較:ハイパーコンバージドインフラと独自構築システム
 データセンターのフットプリントの削減や煩雑なシステム管理のシンプル化などの需要に伴って、独自構築(BYO)システムからハイパーコンバージド製品へ移行する企業が増えてきた。では実際のところ、ハイパーコンバージド製品とBYOシステムで、TCO(総所有コスト)やTCA...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/5/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

技術文書
「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証
 Microsoftとの強力なパートナー関係の基、「Microsoft Azure」(以下、Azure)と連携させたマルチクラウドサービスの提供を行う「IIJ GIO」。両サービスを組み合わせたソリューションには多くの実績があり、Azureのハイブリッドな活用を目指す企業の有力な選択肢となっ...(2017/5/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消
 仮想マシンをオンプレミスからクラウドに移行するには多くの課題がある。多くのパブリッククラウドサービスは、アプリケーション環境に不可欠なレイヤー2ネットワークをサポートしておらず、VMwareベースの仮想ソフトウェア製品をそのまま稼働させることも難しい。これ...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
OpenStack、CloudStack、VMware、プライベートクラウドでベストな選択肢はどれ?
 クラウドコンピューティングへの見解はベンダーによってさまざまだ。例えばAmazon Web Servicesは「プライベートクラウドやハイブリッドクラウドは過渡的な技術であり、いずれはパブリッククラウドが主流を占めるようになる」と考えている。しかし、雇用維持やセキュリ...(2016/11/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
仮想化環境バックアップを最適化――ノウハウ不要でコスト削減・高速リストア
 仮想化環境の利用が拡大する中、バックアップの運用や計画策定に悩む企業が増えている。一口にバックアップといっても、バックアップ方式や機器、ソフトウェアなど、検討すべき要素は多岐にわたるため、自社の規模やニーズに適したバックアップ環境を構築するにはある程...(2017/4/20 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
ミッションクリティカルに対応した「第2世代IaaS」の本命は?
 企業のクラウド移行には無視できないハードルがある。一般的なIaaSは比較的小規模なアプリケーションを想定しており、ビジネスの本丸であるミッションクリティカルなシステムには対応しきれていなかった。その受け皿となり得るサービスにしても、IaaSに合わせたアプリケ...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

比較資料
Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較
 仮想化の利用拡大とともに注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その代表的な2製品を対象に「導入実績」「ユーザー要件に合わせた構成の自由度」「スケールアウト力」「パフォーマンス維持力」など機能の比較調査を行った。 HCIで特に重要となるのが、高い...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
Cisco UCSで構築するハイパーコンバージド、そのベストプラクティスとは?
 ハイパーコンバージドインフラを構築する場合に、既存のサーバをWebスケールなストレージに置き換えられるNutanix製品。SAN不要で共有ストレージ機能を提供し、コスト削減や優れたスケーラビリティといったメリットが得られることから、データセンターへの導入が進んで...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
なぜ、モバイル活用にEMMが必要不可欠なのか? 失敗しない導入ステップ解説
 EMM(エンタープライズモバイル管理)は、モバイルデバイスの業務利用をセキュアに実現するための統合ツールだ。その導入目的は、従業員が業務のためにデバイスを利用しても、自然に企業の運用ポリシーが守られ、セキュリティが保たれる運用環境を作ることにある。 従...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」とは何か、その文脈とは
 ガートナーの調査が「2019年には約50億ドルの市場に拡大」と成長を予想しているハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)だが、その実態を理解しているユーザー企業は意外と少ない。そのため、導入の検討を始めても投入コストや導入メリットのバランスが正しく把握で...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
IT担当者に聞いた、モバイル活用と管理状況に関する調査レポート(2016年)
 キーマンズネットでは、2016年6月3〜17日にかけて「ビジネスでのモバイル活用と管理状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:568)。回答者属性は「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が36.5%、「一般部門で製品選定を検討し、かつユーザーとして利...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と、企業IT最大のトレンドとの関係
 ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)には今でも多種多様な解釈がある。それが、多くのユーザー企業でメリットの理解を阻む要因となっている。この記事では「最も短く表現すると『「ITインフラ(サーバとストレージ)のアプライアンス化を目指すもの』だ」という...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
プライベートクラウド運用でつまずくインフラの3つの特徴
 重要なデータを保護できるクローズなオンプレミス環境に、「初期費用の削減」「柔軟なリソース割り当て」といったクラウドの良さを取り入れられる「プライベートクラウド」。オンプレミスとクラウドの“いいとこ取り”の手法として導入が進んでいるが、その運用に際して...(2017/5/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
AzureやvSphereのデータ保護も一元化、全プラットフォーム対応バックアップ製品
 2019年には、約8割の企業がクラウドをバックアップに使用し、仮想システムに存在するデータやアプリは約4割を占めるようになるといわれる。システムの柔軟性や信頼性を求める企業は、今後ますますクラウドや仮想環境への傾斜を深めていくと予測される。 だが、多様化し...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消
 物理、仮想、クラウドなどのプラットフォームを問わず、インフラ全体のデータを保護する「統合データ保護」製品。データの一元管理が可能になる一方で、多様な機能を1つにまとめているため、パフォーマンスや運用効率、業務負荷、コストなどへの不安の声も聞こえる。 ...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ?
 パブリッククラウドでは主要ベンダーのサービスが出そろい、企業活用が拡大の一途をたどっている。その中で、クラウドサービスのように従量課金制で利用できる物理サーバ提供サービス、長期アーカイブに特化した低価格ストレージサービスなど関連サービスも充実してきた...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading