TechTargetジャパン

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
これで分かる「VMware NSX」完全入門ガイド
 仮想環境のネットワーク管理の効率化やセキュリティ強化に役立つのが、VMwareのネットワーク仮想化製品「VMware NSX」だ。多機能である半面、具体的にどのような機能があるのか、自社の課題をどう解消してくれるのかが分からない、という人も少なくないだろう。 VMware...(2017/10/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
「VMware NSX」ピンポイント解説:「メッセージバス」と「ログ管理」を理解する
 データセンターのあらゆる要素をソフトウェアで制御する「Software-Defined Data Center」(SDDC)。その概念を具現化する上で重要になるのが、ネットワークの柔軟性確保だ。VMwareのネットワーク仮想化製品「VMware NSX」はネットワークの構成や管理の効率化、きめ細か...(2017/10/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか?
 運用の複雑化やリソース不足、最新テクノロジーの対応の遅れなどの課題を解消できるインフラとして注目される、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)。この強力なインフラにデータセンターを移行するための最新アプローチは、大きく分けて2通りがある。 その1つが、HCI...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラと自動化で実現する、次世代データセンターの形
 データセンターは年々導入される新しい技術によりサイロ化し、複雑さが増している。そのため多くの企業でデータセンターを刷新し、スピード向上とイノベーションを実現することが最優先課題となっている。それでは、デジタル時代のデータセンターをどう実現すればよいの...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「ハイパーコンパージドインフラ」の気になる最新情報・選定ポイントを大公開
 仮想化基盤の導入・運用においてはさまざまな課題が考えられる。導入までに必要なサイジング・検証にかかる時間やリソース不足、また運用開始後の設計・管理・障害対応の難しさやサーバのパフォーマンス不足、担当エンジニアのリソース不足などが問題となりやすい。 そ...(2017/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
 仮想化とクラウドというソフトウェアベースのソリューションによって、データセンターのインフラは劇的な効率化とコスト削減を果たした。しかし、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存しているため、管理やメンテナンスの手間は従来のままになってい...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは?
 ビジネスにおけるクラウドの重要性が高まる中、クラウドベンダーの競争も激しさを増している。この競争に勝ち抜くため、クラウドベンダーはどのような技術に力を注ぎ、差別化を図っているのだろうか。国内最大規模のバックボーンネットワークを保有するベンダーを例に...(2017/10/20 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
ITインフラの仮想化とITサービスの自動化でビジネスにインパクトを
 ビジネスにおけるITの重要性が高まる中、自社のIT部門にパブリッククラウドと同様のパフォーマンスと機能を求める企業が増え始めている。しかし、従来型のネットワークとセキュリティを採用したITインフラは、機器の構成や変更管理にも人手がかかり、期待されるスピード...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
徹底比較で分かった、ハイパーコンバージド向け無償ハイパーバイザーの実力
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はクラウドのような柔軟性や拡張性が魅力だが、その導入コストが課題となりがちだ。そこで注目されているのが、エンタープライズ向けの無償ハイパーバイザー。ただ、無償となると、定番製品との機能の違いも気になるところだ。 そ...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2017/9/13 提供:ネットワンシステムズ株式会社)

製品資料
「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ?
 ビジネスアプリケーションのクラウド利用が拡大するとともに、オンプレミスとクラウドの境界を意識させないビジネス基盤へのニーズが高まっている。安全かつ快適にアプリケーションを利用できるという理想像を目指すには、パフォーマンスや拡張性、柔軟性などさまざまな...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
1600人が利用してもVDIが安定稼働、東北大学が選んだ仮想化環境専用ストレージ
 東北大学は、事務職員用の端末の更新を機にICTガバナンスの強化と運用管理の効率化、セキュティ強化を目的としてVDI環境を導入した。約1600人の事務職員が利用するVDI環境において、常に安定したパフォーマンスを実現し、大学運営を支えているという。 VDI環境導入に際...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
ミッションクリティカルに対応した「第2世代IaaS」の本命は?
 企業のクラウド移行には無視できないハードルがある。一般的なIaaSは比較的小規模なアプリケーションを想定しており、ビジネスの本丸であるミッションクリティカルなシステムには対応しきれていなかった。その受け皿となり得るサービスにしても、IaaSに合わせたアプリケ...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
DevOpsを邪魔する「3つの壁」、開発と運用を一体化させる秘訣とは?
 DevOpsは、本来、開発者である「Developer」と運用者の「Operator」が協力し合い、成果物を素早くリリースする取り組みや思想、コンセプトを指す。開発と運用が一体化することにより、ITサービス提供のスピードアップや運用コストの削減、品質向上、障害削減を目指すも...(2017/10/2 提供:株式会社野村総合研究所)

レポート
ハイパーコンバージド検証レポート公開:製品の違いで性能はどれだけ変わる?
 信頼性の高い仮想化基盤を求めるユーザーの声に対し、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入を進めることで高い要求に応える事案が増えている。しかし同じHCIでも製品によりパフォーマンスは大きく違いが出る。 特にデータベースは企業システムにおいて重要な要素...(2017/9/14 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月18日号:次世代のワイヤレスネットワーク
 Computer Weekly日本語版 10月18日号は、以下の記事で構成されています。■「ストレージコントローラーはもう必要ない」──実際にやってみた■開発者の意識調査が浮き彫りにした恐るべき現状■NoSQLデータベース「Riak」をBet365が買収、エンタープライズ版もオープン...(2017/10/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月4日号:Office 365を安く導入する方法
 Computer Weekly日本語版 10月4日号は、以下の記事で構成されています。■ITプロジェクト失敗の原因は「リレーショナルデータベース」■NVMeでボトルネック化するストレージコントローラー■SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減■Office ...(2017/10/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決
 日々増え続けるデータは、バックアップの所要時間の増大を招き、仮想化や災害対策などの足かせになっている。日次のバックアップは、差分/増分バックアップでしのげたとしても、定期的に行うフルバックの負荷が極めて大きく、所定時間内に作業が終わらない状況まで生ま...(2017/10/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading