TechTargetジャパン

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
徹底比較で分かった、ハイパーコンバージド向け無償ハイパーバイザーの実力
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はクラウドのような柔軟性や拡張性が魅力だが、その導入コストが課題となりがちだ。そこで注目されているのが、エンタープライズ向けの無償ハイパーバイザー。ただ、無償となると、定番製品との機能の違いも気になるところだ。 そ...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ
 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大き...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは?
 ソフトウェア定義(Software-Defined)という概念の実現によって、サーバ、ネットワーク、ストレージの仮想化が進んでいる。中でもサーバの仮想化は、既に多くの企業に導入され、ハードウェアコストや運用負荷の削減という大きなメリットを生んでいる。 しかし、サーバ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証
 Microsoftとの強力なパートナー関係の基、「Microsoft Azure」(以下、Azure)と連携させたマルチクラウドサービスの提供を行う「IIJ GIO」。両サービスを組み合わせたソリューションには多くの実績があり、Azureのハイブリッドな活用を目指す企業の有力な選択肢となっ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

レポート
NVMeとNVDIMMの進化を、HCIはどう活用しようとしているか
 ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)では、ストレージの転送速度が重要になる。特にストレージデバイスの主流が回転するプラッタを記憶媒体にしていたHDDからNANDを利用するフラッシュストレージに移行することで、ストレージシステムのボトルネックもそれまでの...(2017/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
VDI導入/運用のTCOを大幅削減、拡張性に優れた次世代型「VDI2.0」の実力は?
 VDI(仮想デスクトップインフラ)は、自社センター内にデスクトップ環境を構築し、その環境を画面転送の仕組みを通じて利用することで、情報漏えい対策などセキュリティ強化やいつでもどこでもPC環境を利用することができるが、従来のVDIでは、複雑な構成による運用負荷...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

比較資料
仮想化環境は本当にコスト削減につながる? 導入前に確認したい損得ポイント
 管理の効率化やコスト削減などを目的として仮想化環境を導入する企業が増えている。しかし、サーバ仮想化やデスクトップ仮想化などを導入したものの、期待していたほどコスト削減ができないケースもある。これは、仮想化環境におけるTCOの考え方が適切でなかったことに...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?
 近年は多数のベンダーや新興企業から、マルウェア感染の阻止に向けたエンドポイントセキュリティ製品が次々と登場している。しかし、年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況では、多くの製品に見られるような限定的な保護機能では十分な対策とはならない。(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
あらゆる次世代アプリに対応、仮想化プラットフォームを進化させる4つの条件
 あらゆる業界でデジタル変革が進むなか、従来のビジネスクリティカルなアプリケーションに加えて、新たなアプリケーションやワークロードの導入が進んでいる。その結果、IT環境はより大規模になり、複雑さの度合いも増している。 こうしてIT部門がサポートすべきアプリ...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める
 EUC(End User Computing)は、場所にとらわれない働き方やBYODを可能にし、生産性を向上する手法として、多くの企業が取り組んでいる。一方で、VDI環境をはじめ相応のインフラ整備が必要であり、単に導入しただけではIT部門の作業時間が運用トラブルに浪費されかねない...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
処理を実行するサーバは信頼できる? クラウドの安全性・コンプライアンス対策
 IT運用におけるパフォーマンス、コスト、弾力性の要件を満たす方法として、クラウドは既に多くの企業に定着している。しかし、クラウドが備える特性は、経営の迅速化やコスト削減に貢献する一方で、新たな課題ももたらしている。 それは、仮想ワークロードとデータが部...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

事例
企業が急成長するために「サイロ型」から次世代仮想インフラに移行すべき理由
 保有契約件数が10期連続で2桁成長し、2016年5月末には300万件を突破したというオリックス生命。同社は、サイロ化した業務システムから脱却し、ビジネスニーズの変化に柔軟かつ迅速に対応するためハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用し、基幹業務の全面仮想化を進...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
急成長を遂げる注目の次世代インフラ、「ハイパーコンバージドインフラ」とは
 増え続けるデータの管理と運用を行うために、近年、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と呼ばれる次世代インフラへの関心が高まっている。HCIは、ストレージを内蔵したサーバをネットワークで接続し、処理能力やストレージ容量を簡単にそして安価にスケールアウトでき...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
ハイパーコンバージドインフラ導入で運用作業を「80%削減」できた理由とは?
 地方の経済圏では1つの企業が新しいITソリューションの導入で成功すると、他の企業も一斉に取り入れる傾向がある。北陸三県をカバーするNTTビジネスソリューションズ北陸支店でも、あるユーザー企業から問い合わせのあった公開サーバのクラウド展開案件を成功させたとこ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
あらゆるクラウドで最適な環境を実現、次世代アプリケーション基盤の実力は?
 デジタル変革に向けた取り組みでは、クラウドネイティブアプリケーションや分散アプリケーションといった次世代型のアプリケーションが欠かせない。しかし、IT部門にとって、従来型とは異なる特性を備えた、次世代アプリケーションをサポートすることは容易ではない。 ...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラの見極め方――重要ポイントを徹底検証
 現在、多くの企業がサーバ、ストレージ、SANの3階層アーキテクチャから、統合ソリューションへのアップグレードを図っている。その有力な選択肢であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)にも、さまざまな選択肢があり、どの製品を選べばよいのか判断できずにいる企業...(2017/7/28 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット
 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。 例えば、定番の仮想化製品「VMwa...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading