TechTargetジャパン

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
実践ガイド:「VMware NSX」「Deep Security」環境のマルウェア感染に対処する
 近年、猛威を振るう標的型攻撃などへの対策として仮想デスクトップを導入する企業が増えている。この環境が選ばれる理由は、直接的な防御にとどまらず、万が一、マルウェアに感染しても十分な対処ができることにある。  このようなケースには「セキュリティソフトによ...(2016/8/24 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere」環境で34%のリソース最適化を実現――運用管理ツールの5つのメリット
 ITリソースの仮想化は、サーバの統合や物理資産の利用率の向上、設備投資コスト・運用コストの削減など多様なメリットをもたらす。しかし、ITパフォーマンスを最大化するためには、仮想環境における運用管理のさらなる効率化も必要だ。 例えば、定番の仮想化製品「VMwa...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
OpenStack、CloudStack、VMware、プライベートクラウドでベストな選択肢はどれ?
 クラウドコンピューティングへの見解はベンダーによってさまざまだ。例えばAmazon Web Servicesは「プライベートクラウドやハイブリッドクラウドは過渡的な技術であり、いずれはパブリッククラウドが主流を占めるようになる」と考えている。しかし、雇用維持やセキュリ...(2016/11/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

比較資料
Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較
 仮想化の利用拡大とともに注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その代表的な2製品を対象に「導入実績」「ユーザー要件に合わせた構成の自由度」「スケールアウト力」「パフォーマンス維持力」など機能の比較調査を行った。 HCIで特に重要となるのが、高い...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
VMware環境を“健康” にするには? 担当者が一皮むける新定番ツール“超使いこなし”
 一般的になったサーバ仮想化だが、その環境を“健康”に保つのは意外に難しい。よく分からない理由で仮想マシンのパフォーマンスが低下したり、いつの間にか仮想マシンが増え過ぎたりと、管理担当者は目が離せない。サーバリソースを効率的に使うために導入することが多...(2016/11/7 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果
 ITソリューションビジネスを展開するBSNアイネットでは、IaaS、DaaS、SaaSなどの幅広いクラウドサービスを提供している。毎年2桁以上の高成長を続ける一方で、その課題となっていたのが高負荷環境でのスループット低下だった。ストレージI/Oがボトルネックになっていた...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは
 オンプレミスからハイブリッドクラウドへ移行する道のりは楽ではない。移行がなかなか簡単にいかない大きな要因として、ハイブリッドクラウドを管理するツールやルールが、これまで使い慣れたものと違うことが挙げられる。また、ハイブリッドクラウドにおいてクラウドと...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
失敗に学ぶ仮想化環境のバックアップ術――4大課題を克服できるか
 仮想化環境が多くの企業で利用されるにつれて、その仮想マシンのバックアップが課題として浮かび上がってきた。特にバックアップやリストアに時間がかかる点や、複数OS混在時の設定と運用の複雑化は、その代表格である。 例えば、VMwareの仮想化基盤においてはバックア...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

比較資料
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型バックアップアプライアンス」と「統合型バックアップアプライアンス」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を...(2017/3/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「その仕様で大丈夫?」 VDI導入で失敗しない事前検証の方法
 セキュリティリスクの軽減、PC運用工数の削減、端末障害への対応など、さまざまな効果を期待できる仮想デスクトップインフラ(VDI)。しかし、十分な調査や検証を行わずにVDIを導入してしまうと、かえってコストや運用負担が増大するという事態を引き起こしかねない。 ...(2017/3/21 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

レポート
仮想化環境を変革する2つの重要事項――将来のITニーズを満たす条件とは?
 モバイルやクラウド技術の進化とともに、ビジネス部門がITに抱く期待は拡大し、IT部門が持つ能力とのギャップが広がり続けている。そのギャップを埋めるため、多くの企業がデータセンターの仮想化などによる、効率性の向上やコスト削減を目指している。 しかし、IT部門...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
クライアント端末の課題を一気に解決、「VMware Horizon」で構築するVDI
 仮想デスクトップ(VDI)はホストOSを各クライアントで共有するものと、各クライアントにOSを割り当てて利用する2つの方法があるが、VMwareの仮想デスクトップソリューション「VMware Horizon」は両方に対応している。 いずれの方法も、各クライアントはデータセンター...(2016/10/5 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

製品資料
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋
 現在では、効率的なITインフラの構築のために、サーバやネットワークの仮想化が一般的に使われるようになってきた。一方で、扱うデータ量は急増を続け、バックアップやDRの仕組みを改善したい、手間や時間をかけずに開発環境を準備したい、クラウドをハイブリッドで活用...(2017/3/1 提供:ベル・データ株式会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
プライベートクラウドブームが再燃? 導入を後押しするハイパーコンバージド
 今、企業では主にトップダウンの方針でITシステムのパブリッククラウド移行が進んでいる。しかし、IT管理部門としてはデータセキュリティやアプリケーションの実行速度への不安など、移行に抵抗するケースが少なくない。このような場合に選択肢となるのがプライベートク...(2017/3/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御
 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現す...(2017/3/3 提供:SCSK株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラNutanixで快適に動く仮想マシンの台数は?
 TCO削減につながる仮想化基盤として注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多数のユーザーが仮想マシン(VM)を快適に利用できるようにするためには、現実的に搭載可能な台数を把握することが欠かせない。 そこで、NX-3460 1ブロックで、VMware Horizon View...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
オンプレミスのVMwareインフラ、ハイブリッドクラウド移行で柔軟性を高める
 VMware製品で自社システムを仮想化し、運用している企業は、リソースの効率運用を従来よりも大幅に高められるものの、一方で限界を感じることも多い。拡張の際の物理環境への投資負担は残り、そのリソース配分でも最適化がうまく図れないケースがあるからだ。リソースが...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
仮想化基盤の新潮流、ハイパーコンバージドNutanixの全てを解説
 従来型の仮想化基盤の信頼性・安全性と、パブリッククラウドの俊敏性・拡張力を兼ね備えたWebスケールの仮想化基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。仮想化に必要な機器・ソフトウェアが統合されているため、相性を検証する必要なく、30〜60分という短時間で...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
クラウド移行動向調査:移行における重要課題とベストプラクティスは?
 企業におけるクラウドの重要性は年々高まっている。オンプレミスサーバからクラウドへのシステム移行は、既に大きく進んでいるが、そこにはさまざまな目的や手法が存在する。今後、移行を検討する企業にとって、これらの企業の戦略に学ぶことは大きな意味を持つ。 そこ...(2017/3/15 提供:三井情報株式会社)

Loading