2015年05月18日 16時30分 公開
特集/連載

「OpenStack」の簡単導入、VMware無料ツールが見逃せない理由クラウドへの移行負荷を軽減

企業が「OpenStack」を導入するには、多くの時間と高度な技術的知識が要求される。これをチャンスと捉える米VMwareは、同社独自のディストリビューションを開発した。

[Sander van Vugt,TechTarget]

関連キーワード

VMware vSphere | VMware | Hyper-V


「VMware Integrated OpenStack(VIO)」の仕組み(米VMwareのブログから)《クリックで拡大》

 データセンター市場における米VMwareの影響力が、競合企業の登場で揺らいでいることは誰の目にも明らかだ。VMwareは長い間、「VMware vSphere」によってサーバ仮想化市場をリードしてきた。だが同社がクラウドコンピューティングという新たな分野に進出し始めた今、状況はやや混沌としている。

 クラウドの世界ではこの2年間、「OpenStack」が大きな注目を集めてきた。OpenStackはオープンソースのクラウド構想であり、ソフトウェア業界およびハードウェア業界の多数の大手企業が開発に参画している。IT市場の全ての主要プレーヤーが関与していることもあり、OpenStackは有力なクラウドプラットフォームになった。同技術はパブリッククラウドとプライベートクラウドのどちらの配備にも使える。

包括的プラットフォームへの進化

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。