VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜サイト間切り替え(グローバルクラスタ)編仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第4回】

代表的な3つのDR(災害対策)方式のうち、「サイト間切り替え(グローバルクラスタ)」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。

2014年11月26日 12時00分 公開
[木島 亮伊藤忠テクノソリューションズ]

 今回は3つ目のDR(災害対策)方式である、レプリケーションされたプライマリデータとグローバルクラスタの仕組みを使用して切り替える「DR方式3:サイト間切り替え(グローバルクラスタ)」の概要、実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。

DR方式3:サイト間切り替え(グローバルクラスタ)

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...