2016年11月15日 15時00分 公開
特集/連載

「VMware/Hyper-V」と「Docker」では、ストレージの扱い方がどう違うのか「ストレージ」から見る仮想化の今【後編】(1/2 ページ)

仮想化関連の技術開発においてストレージへの注目度が高まる中、ベンダー各社はどのような取り組みを進めているのか。後編では、外部ストレージやデータ管理、コンテナに関する技術動向を紹介する。

[Chris Evans,TechTarget]
画像 ベンダー各社は仮想環境のストレージ関連技術に磨きを掛ける

 前編「VMware vs. Microsoft“仮想化戦争”の舞台が『内部ストレージ』に移った訳」では、仮想化ベンダーがストレージ関連技術に注目する背景と、特に動きが活発なサーバの内部ストレージ活用に関する製品/技術の動向について解説した。後編は外部ストレージやデータ管理、コンテナに関するベンダー各社の取り組みを紹介する。

外部ストレージ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...