2016年08月22日 07時00分 公開
特集/連載

価格低下が進むSSD、「HDDに比べて速度3倍で同一価格」の衝撃オブジェクトストレージ用途でもHDDを駆逐(1/2 ページ)

オブジェクトストレージでは、場所を取って動作も遅いが安価なHDDを利用してきた。だが、価格低下が著しいSSDは、オブジェクトストレージでもHDDを駆逐しようとしている。

[Marc Staimer,TechTarget]
性能より価格を最優先してきたオブジェクトストレージだが、SSDの低価格化と大容量化で状況が変わりつつある

 オブジェクトストレージは、ニアラインストレージ、クラウドストレージ、Hadoopストレージ、さらにはNoSQLデータベースで一般的になってきた。その主なストレージデバイスはSSDではなく、サイズの大きい7200rpmの3.5インチHDDだ。オブジェクトストレージは主にセカンダリーストレージとして使用するため、パフォーマンスではなくスケーラビリティ、信頼性、耐久性を低コストで提供するのが販売戦略で主要な要素になるからだ。

 とはいうものの、オブジェクトストレージが、現在と比べて100倍のパフォーマンスを発揮し、耐久性は現状維持、または強化して、スケーラビリティは高く、価格が今と同じかさらに安くなるとしたらどうだろう。

 読み取り処理用に最適化したSSDフラッシュストレージとHDDに関する公開済みのロードマップによると、2016年末には、まさに今述べた状況が現実のものになるという。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...