2016年07月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

フラッシュストレージの価値を正しく評価するSSDユーザーが“脱HDD”をして実感する6つのメリット (1/2)

SSDをはじめとするフラッシュストレージの価値を数値化することは難しい。だが導入によって得られるメリットは明確だ。主要な6つのメリットを示そう。

[Randy Kerns,TechTarget]
フラッシュストレージ HDDと比べたフラッシュストレージのメリットとは

 SSD(ソリッドステートドライブ)をはじめとするフラッシュメモリベースのストレージドライブ(以下、フラッシュストレージ)には、価値評価のための適切な尺度がないという難点がある。フラッシュストレージはHDDと比べ、データを保存し取り出す能力を飛躍的に向上させる。だが電気機械装置であるHDDからデータへアクセスする場合と比べて、フラッシュストレージを使用する場合の価値を数値化することは難しい。

 業界では評価基準としてデータ保存コストを使用することが多い。この基準にはアクセス時間や寿命といった、より重要な特性は反映されない。データ保存コストはGB当たりのコストで表すが、この数字は誤解を招きかねず、経済的な価値を正しく示すものではない。データ保存コストがデータストレージの唯一の評価基準だとすれば、最も安価なメディアである磁気テープを全てのオペレーションに使えばいい、ということになる。

 全ての容量をフラッシュメモリで賄う「オールフラッシュストレージシステム」の評価基準として、IOPS(1秒間に処理できるI/O数)当たりのコストを採用するベンダーもある。だがこれはストレージシステム全体の数値であり、フラッシュストレージの価値を表すものではない。

 ストレージシステムで実行できるI/O処理の数は、何千台ものHDDで「ショートストローキング」という並列処理手法を取ることでも増大できる。またIOPS当たりのコストには、I/Oのレスポンスタイムの増加は直接反映されない。アプリケーションを高速化し、より多くの処理を実行する上で、レスポンスタイムは最も重要な基準だ。

 ではフラッシュストレージの価値は、どう評価するのがベストなのだろうか。実際、それは場合によりけりだ。

フラッシュストレージ6つのメリット

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...