2009年04月10日 09時00分 公開
ニュース

エーピーシー・ジャパンのUPS電源管理ソフトウェアがVMware ESXiに対応NEWS

エーピーシー・ジャパンのUPS電源管理ソフトウェア「PowerChute Network Shutdown」が、VMware ESXに続きVMware ESXiにも新たに対応。サーバ仮想化環境への電源管理ソリューションの導入促進を図る。

[TechTargetジャパン]

 エーピーシー・ジャパンとヴイエムウェアは4月9日、エーピーシー・ジャパンが提供するUPS(無停電電源装置)電源管理ソフトウェア「PowerChute Network Shutdown v2.2.3」(以下、PowerChute)が、ヴイエムウェアのサーバ仮想化ソフトウェア「VMware ESXi」に対応すると発表した。4月20日より提供開始する。

 PowerChuteはエーピーシー・ジャパンのUPSと連携し、停電などの電源トラブル時にネットワーク上のIT機器を安全かつ自動的にシャットダウンする。2008年3月にヴイエムウェアの有償版サーバ仮想化ソフトウェア「VMware ESX」に対応したが、今回は無償版の「VMware ESXi」の上でも動作するようにした。これにより、VMware ESXだけでなくVMware ESXiで構築した仮想化環境においてもIT機器の自動シャットダウンが可能になる。

 エーピーシー・ジャパンによると、サーバ仮想化の普及に伴い、既にPowerChuteユーザーの約7%がVMware ESX 3.5を利用したIT機器の電源管理を実施しているという。サーバ仮想化によりサーバを統合すると、データを集中的に管理できるようになる半面、不慮の事故によるデータ消失のリスクも高まる。同社とヴイエムウェアは、PowerChuteを導入することにより、VMware ESX/ESXiの仮想化環境でもミッションクリティカルなシステムへの要求に応えることが可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

VMware | 仮想化 | サーバ | UPS | ミッションクリティカル


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...