2008年12月15日 09時00分 公開
ニュース

オムロン、UPSネットワーク管理製品群の機能強化へNEWS

オムロンがUPS用ネットワークカードと自動シャットダウンソフトウェアの機能強化を行うと発表。対象機器の拡充、使い勝手の向上などで他社のUPSソリューションとの差別化を図る。

[TechTargetジャパン]

 オムロンは12月12日、同社製UPS(無停電電源装置)用のSNMP/Webカード「SC20G」および自動シャットダウンソフトウェア「PowerAct Pro」のバージョンアップを行うと発表した。

画像 UPS装置用SNMP/Webカード「SC20G」

 SC20Gは、同社製UPSの拡張カード。10/100BASE-TXポートを備え、LANと接続することによりUPSをネットワーク経由で制御・管理できるようにする。SNMPによるネットワーク管理に対応するほか、Web/Telnetによる制御も可能。また、PowerAct Proを使用することにより、停電などの電源異常発生時にネットワーク経由でPCサーバを自動的にシャットダウンすることができる。

 同社は2009年9月までの間に、これら2製品のバージョンアップを順次行っていく。Windows Mobile搭載端末とiPhoneへの対応、異常時のメールアラート機能の追加などで管理機能の強化を図る。また、SNMPv3対応によるセキュリティ強化、複数の自動シャットダウンソフトウェアの統合による使い勝手向上、対象機器OSの種類の拡充なども行い、機能強化とユーザビリティ向上により競合製品との差別化を図る。

 また製品バージョンアップに合わせ、同社では2008年12月15日から2009年3月31日にかけて、UPS本体とSNMP/Webカードのセットを数量限定で割引価格にて提供する販売キャンペーンを実施する。

関連ホワイトペーパー

UPS | ディザスタリカバリ


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...