2008年08月06日 19時03分 公開
ニュース

トレンドマイクロ、VMware環境でのWeb/メールセキュリティ製品を提供NEWS

トレンドマイクロがゲートウェイ向け仮想アプライアンス市場へ参入。「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」を販売する。

[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロはゲートウェイアプライアンスの後継製品として、ヴイエムウェアの仮想化製品を利用したゲートウェイ向けバーチャルアプライアンス「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」(Webセキュリティ製品)および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」(メッセージングセキュリティ製品)の2製品を、2008年第4四半期(10月〜12月)より順次提供開始する。詳細な出荷時期と価格は10月以降に発表予定だ。

 OSとソフトウェアをセットで提供し、仮想化環境を利用するバーチャルアプライアンスは、「導入後すぐに運用を始められる」「OSやソフトウェアを個別にメンテナンスする必要がない」といったアプライアンスの利点と、「負荷分散や機能追加が容易」というソフトウェア製品の利点を併せ持つ製品。OSの調整やセキュリティパッチの提供もトレンドマイクロが行う。

 提供形態は2つ。1つは、ハードウェアベンダーとの協業により、サーバ機器とヴイエムウェアの「VMware ESX Server」などの仮想化製品を組み合わせ、トレンドマイクロ製品を同梱して出荷する形態。もう1つは、設定済みソフトウェアを組み込んだOSのインストールイメージとして提供するもので、ユーザー企業は自社のサーバにヴイエムウェアの仮想化環境を構築した上でインストールイメージを展開する。ユーザー企業はOSを用意する必要がなく、ソフトウェアのインストールや設定も済んでいるため、手軽にゲートウェイ対策を始められるメリットがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...