トレンドマイクロ、VMware環境でのWeb/メールセキュリティ製品を提供NEWS

トレンドマイクロがゲートウェイ向け仮想アプライアンス市場へ参入。「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」を販売する。

2008年08月06日 19時03分 公開
[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロはゲートウェイアプライアンスの後継製品として、ヴイエムウェアの仮想化製品を利用したゲートウェイ向けバーチャルアプライアンス「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」(Webセキュリティ製品)および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」(メッセージングセキュリティ製品)の2製品を、2008年第4四半期(10月〜12月)より順次提供開始する。詳細な出荷時期と価格は10月以降に発表予定だ。

 OSとソフトウェアをセットで提供し、仮想化環境を利用するバーチャルアプライアンスは、「導入後すぐに運用を始められる」「OSやソフトウェアを個別にメンテナンスする必要がない」といったアプライアンスの利点と、「負荷分散や機能追加が容易」というソフトウェア製品の利点を併せ持つ製品。OSの調整やセキュリティパッチの提供もトレンドマイクロが行う。

 提供形態は2つ。1つは、ハードウェアベンダーとの協業により、サーバ機器とヴイエムウェアの「VMware ESX Server」などの仮想化製品を組み合わせ、トレンドマイクロ製品を同梱して出荷する形態。もう1つは、設定済みソフトウェアを組み込んだOSのインストールイメージとして提供するもので、ユーザー企業は自社のサーバにヴイエムウェアの仮想化環境を構築した上でインストールイメージを展開する。ユーザー企業はOSを用意する必要がなく、ソフトウェアのインストールや設定も済んでいるため、手軽にゲートウェイ対策を始められるメリットがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。