2008年08月06日 19時03分 公開
ニュース

トレンドマイクロ、VMware環境でのWeb/メールセキュリティ製品を提供NEWS

トレンドマイクロがゲートウェイ向け仮想アプライアンス市場へ参入。「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」を販売する。

[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロはゲートウェイアプライアンスの後継製品として、ヴイエムウェアの仮想化製品を利用したゲートウェイ向けバーチャルアプライアンス「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」(Webセキュリティ製品)および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」(メッセージングセキュリティ製品)の2製品を、2008年第4四半期(10月〜12月)より順次提供開始する。詳細な出荷時期と価格は10月以降に発表予定だ。

 OSとソフトウェアをセットで提供し、仮想化環境を利用するバーチャルアプライアンスは、「導入後すぐに運用を始められる」「OSやソフトウェアを個別にメンテナンスする必要がない」といったアプライアンスの利点と、「負荷分散や機能追加が容易」というソフトウェア製品の利点を併せ持つ製品。OSの調整やセキュリティパッチの提供もトレンドマイクロが行う。

 提供形態は2つ。1つは、ハードウェアベンダーとの協業により、サーバ機器とヴイエムウェアの「VMware ESX Server」などの仮想化製品を組み合わせ、トレンドマイクロ製品を同梱して出荷する形態。もう1つは、設定済みソフトウェアを組み込んだOSのインストールイメージとして提供するもので、ユーザー企業は自社のサーバにヴイエムウェアの仮想化環境を構築した上でインストールイメージを展開する。ユーザー企業はOSを用意する必要がなく、ソフトウェアのインストールや設定も済んでいるため、手軽にゲートウェイ対策を始められるメリットがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...

news175.jpg

データ統合自動化SaaS「trocco」を軸にしたMAとSFAツールの連携ソリューション メリットは?
データ統合自動化サービス「trocco」を軸にMAツール「Adobe Marketo Engage」とCRM/SFA...