2007年06月19日 05時00分 公開
特集/連載

仮想化で深刻化するセキュリティ問題Column

仮想化された世界では、従来のシステムとアプリケーションの防御構築技術がそのまま通用するとは限らないという認識が重要だ。

[Mike Rothman,TechTarget]

 仮想化がデータセンター業界で大流行しているが、それにはもっともな理由がある。利用率40%未満で運営されている典型的なサーバの場合、仮想化によって技術リソースを効率的に利用し、かなりのコスト削減につなげることが可能なのだ。EMC傘下のVMwareの拡大や、ほかの仮想化プラットフォームの数からみても、この技術は明らかに急成長モードに入っている。

 例によって、セキュリティは後手に回りがちだが、これは大きな問題だ。仮想化はサーバとデータセンターの定義を変えてしまう。物理的に離れたサーバがネットワーク経由で接続されている(セキュリティや監視が可能という前提になる)のとは対照的に、仮想環境は孤立化した、内蔵型の「ボックス内データセンター」であり、以前はネットワーク経由で発生していたプロセス間通信が、すべて1台のマシンの中で発生する。セキュリティ上の影響が深刻になるのは必至だ。

 実際は、業界がシステムとアプリケーションの防御構築に費やしてきた15年間の実績が、どの程度の仮想化で覆されてしまうのかは誰にも分からない。状況を把握するために、仮想化された世界ではセキュリティ機能も異なるという認識が重要だ。

 もう1度はっきりさせておくと、仮想化セキュリティ上の最重点課題が何になるかを正確に言い当てることは不可能だが、主に考慮すべき点をここに幾つか挙げておく。

「ネットワーク防御」の意味が変わる

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。