日本HP、仮想化環境への移行代行サービス「VMware Converter P2V移行サービス」を開始NEWS

仮想化環境移行作業を日本HPが行う「VMware Converter P2V移行サービス」を提供開始。同時に「VMware Capacity Planner アセスメント・サービス」を値下げ。

2008年02月04日 17時39分 公開
[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは2月4日、「VMware Converter Physical to Virtual(P2V)移行サービス」の提供を開始した。また同日、2007年2月に開始した仮想化技術導入効果の測定・推奨構成の提案を行う「VMware Capacity Planner アセスメント・サービス」の価格改定を行い、最小規模価格が105万円から52万5000円(ともに税込)となった。

 VMware Converter P2V移行サービスは、既存の物理サーバのOSとソフトウェアを仮想化環境へ移行する作業を専門の技術者が代行するサービス。移行作業は、物理マシンから仮想マシンへの変換ツール「VMware Converter」を用いて行う。価格は252万円(税込)から(※)。サービス内容には、以下の作業項目が含まれる。

  • 移行計画の策定(技術的可否の調査、移行手順、移行スケジュールの作成)
  • OSの吸い上げと移行を行う「VMware Converter」サーバの構築
  • 移行先の仮想化環境の構築(「VMware Infrastructure」のインストール)
  • サーバの基本情報の設定作業(ネットワークやディスクボリュームの再設定など)
  • 動作確認(OS起動およびネットワーク導通の確認)

(※)本サービスの価格には、VMwareソフトウェアおよび保守の料金は含まれない

関連ホワイトペーパー

仮想化 | VMware | HP(ヒューレットパッカード)


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...