2007年09月18日 05時00分 公開
特集/連載

仮想環境の管理──物理環境との違いは?自動監視ツールに必要な機能とは

自社の環境で何台の仮想マシンと物理サーバが稼働しているか、リソース使用率が高い上位10台のマシンはどれか、把握しているだろうか? こうしたことの監視を自動化する方法がある。

[Anil Desai,TechTarget]

 抜き打ちテスト:現在、あなたの会社の実環境では何台の仮想マシン(VM)と物理サーバが稼働しているか? 答えられた方はお見事! では次の質問はどうだろう。リソース使用率が高い上位10台のマシンはどれか?

 ほとんどのIT部門にとって、どちらの質問も答えるのは難しい。だが幸い、こうした事項の監視を自動化する方法がある。本稿では、実環境でのVMとホストコンピュータの監視にかかわるアドバイスをお届けしよう。

仮想マシンの管理――物理マシンとの類似点

 多くの点で、VMの監視作業は物理マシンを監視する場合と似ている。集中監視ソリューションに投資した企業は、これらを継続して利用することでアプリケーションやサービスの実行状況を把握できる。例えば次の通りだ。

ベースラインの設定

 ベースラインは、物理ワークロードや仮想ワークロードのリソース使用率の標準レベルを判断するのに役立つ。追跡すべき要素は、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークパフォーマンスなどだ。

原因分析・トラブルシューティング

 ユーザーからパフォーマンスが遅いという苦情が出た場合、ITスタッフが問題の主な原因を究明できることが重要だ。パフォーマンス統計によって、どのリソースに制約があるかを特定しやすくなることが多い。理論上、これを特定することは、問題の原因特定に役立ち、その解決の強力なヒントをもたらす。

アラートの生成

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...