2008年06月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

管理性とセキュリティが売りデスクトップ仮想化を推進するVMware

VMwareのVDI担当者が、デスクトップ仮想化のさまざまな形態を説明し、VDIとターミナルサービスとの違いやコスト問題などについて語った。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 VMwareのエンタープライズデスクトップ担当シニアディレクター、ジェラルド・チェン氏が米TechTargetのオフィスを訪れ、デスクトップ仮想化のさまざまな形態を説明するとともに、同社の仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)について、ターミナルサービスとの違いやコスト問題などよくある質問に答えた。

 VDIは、各エンドユーザーがデスクトップPCやノートPC、シンクライアントコンピュータから、データセンター内のサーバで運用される自分専用の仮想マシン(VM)に直接アクセスして利用する仕組みだ。各VMはカスタマイズでき、すべてのユーザーの設定が保存され、ユーザーがサインインするたびに起動されるとチェン氏は語った。

 VMは、ユーザーがログオフするとアイドル状態となり、再びログインすると復帰するという。チェン氏はVDIのメリットとして、機密データを簡単に紛失したり盗まれたりする恐れのあるデスクトップに保存しなくて済むことに加え、仮想デスクトップは物理デスクトップより管理しやすいことを挙げている。

 「VDIは情報セキュリティやコンプライアンスの意識が高いヘルスケアのような業界にとって非常に有益だ。しかし、その真価は管理にある。VDIによってすべての情報がデータセンターで安全に保管され、集中管理される」と同氏。「例えば、デスクトップが必要な100人の新入社員がいる場合、ほんの数分で1人1人にVMを用意し、それらをすべて集中管理できる」

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...