2008年06月17日 08時00分 公開
特集/連載

デスクトップ仮想化を推進するVMware管理性とセキュリティが売り

VMwareのVDI担当者が、デスクトップ仮想化のさまざまな形態を説明し、VDIとターミナルサービスとの違いやコスト問題などについて語った。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 VMwareのエンタープライズデスクトップ担当シニアディレクター、ジェラルド・チェン氏が米TechTargetのオフィスを訪れ、デスクトップ仮想化のさまざまな形態を説明するとともに、同社の仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)について、ターミナルサービスとの違いやコスト問題などよくある質問に答えた。

 VDIは、各エンドユーザーがデスクトップPCやノートPC、シンクライアントコンピュータから、データセンター内のサーバで運用される自分専用の仮想マシン(VM)に直接アクセスして利用する仕組みだ。各VMはカスタマイズでき、すべてのユーザーの設定が保存され、ユーザーがサインインするたびに起動されるとチェン氏は語った。

 VMは、ユーザーがログオフするとアイドル状態となり、再びログインすると復帰するという。チェン氏はVDIのメリットとして、機密データを簡単に紛失したり盗まれたりする恐れのあるデスクトップに保存しなくて済むことに加え、仮想デスクトップは物理デスクトップより管理しやすいことを挙げている。

 「VDIは情報セキュリティやコンプライアンスの意識が高いヘルスケアのような業界にとって非常に有益だ。しかし、その真価は管理にある。VDIによってすべての情報がデータセンターで安全に保管され、集中管理される」と同氏。「例えば、デスクトップが必要な100人の新入社員がいる場合、ほんの数分で1人1人にVMを用意し、それらをすべて集中管理できる」

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...