2007年04月05日 16時57分 公開
ニュース

ネットワールド、VMwareのVDI用のシンクライアント接続管理ツールを発売NEWS

ネットワールドは、PCなどの端末とVMware社の仮想デスクトップインフラストラクチャ上で稼動する個人の仮想マシンの接続を管理する製品「VMconnector」を発売した。

[TechTarget]

 ネットワールドは4月5日、PCなどの端末とVMware社の仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)上で稼動する個人の仮想マシンの接続を管理する製品「VMconnector」を同日より発売したと発表した。本製品は、ソフトウェア開発会社のアイベクスが開発したソリューション。ハードウェアアプライアンスと、仮想アプライアンスの2種類が用意されている。仮想アプライアンスはVMwareに対応した同製品のソフトウェアイメージを起動するだけなので、簡単導入が可能だという。価格は仮想アプライアンスの場合で1ユーザーライセンスあたり9800円(税別)。なお、物理アプライアンスの価格は後日発表。

 VDIにより、デスクトップのコンピューティングリソースとデータをITで一元管理したり仮想マシンを統合することで、データセンター全体のリソース使用率を最適化することができるという。また、ユーザーは任意のクライアントを使用してどこからでも完全なデスクトップ環境にアクセスできる。さらに、今回販売開始するVMconnectorを導入することで、ユーザーはIPアドレスなどの詳細な接続情報や知識を持たずに、簡単な操作で「自分のPC」に接続することができる。また、第三者に対するPCアクセスのセキュリティ向上も同時に実現することが可能になるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...