2007年02月16日 12時37分 公開
PR

テクノロジーブリーフ仮想化への大きな流れ:米国リポート

インフラストラクチャの仮想化から得られる利点は多く、既に数々の実績を上げている。特に注目されるのは、事業運営が合理化される点だ。

[TechTarget]

 新しいサーバの導入時間 ―― わずか1時間。サーバ・ハードウェアへの出費 ―― 33万1000ドル(約3800万円)削減。サーバのプロセス利用率 ―― 10%から60%に向上。これらは、ジュースで有名な「Welch!」ウェルチ・フーズ社(本社:米マサチューセッツ州コンコード)が仮想化から得られた成果の数々だ。さらにコンソリデーションによって、データセンターの省スペース化にも成功している。現在、同社のアプリケーションを一手に引き受けるのは、VMware ESX Serverを稼働するわずか10台のDell PowerEdgeサーバだ。もし仮想化していなかったら、72万ドル(約8350万円)もの費用をかけて、100台のスタンドアロン・サーバを購入せざるを得ないところだった。