2007年03月05日 00時00分 公開
PR

サーバ統合前に必読!――可用性を実現する最新サーバの裏側サーバ統合のためのサーバの要件を探る【可用性編】

昨今、仮想化に関するセミナーやイベントは大盛況だ。その裏には、効率よく安定性の高いサーバ運用を目指したいというユーザー企業の意思が見え隠れしている。この仮想化を実現するために必要ステップの1つにサーバ統合があるが、今回はこのサーバ統合の際にぜひ考慮したい、最新サーバの可用性について解説していく。

[提供:日本アイ・ビー・エム株式会社]

 サーバ統合において、サーバに高い可用性を持たせることは、もはや必須の条件なのかもしれない。すべてのサーバに当てはまるこでもあるが、特に仮想化におけるシステム統合を目的とした場合、絶対に「落ちない」ことが求められる。

 例えば、複数のサーバやアプリケーションを統合したとしよう。当然、1台のサーバダウンが、関連するすべての部署の業務を止めてしまうことは想像に難くない。

 一般的にサーバの可用性といえば、耐障害性などの根本的な要件に加え、障害発生時のリカバリーの速さなどが挙げられるが、ここでは障害回避という切り口で、最新サーバに搭載されている、可用性向上のための各種機能を解説していく。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部