2007年04月11日 05時00分 UPDATE
特集/連載

Column仮想デスクトップ――デスクトップ集中管理の新アプローチ

VDI(仮想デスクトップインフラ)は、急速に脚光を浴びているが、言葉だけが先行してしまいそうな気配も漂っている。VDIとは何なのだろうか。

[Brian Madden,TechTarget]

 VDI(仮想デスクトップインフラ)は、急速に脚光を浴びているが、言葉だけが先行してしまいそうな気配も漂っている。VDIとは何なのだろうか。

 VDIの考え方はシンプルだ。Windows XPやVista(以下、「Windows XP」とする)が動作するデスクトップPCをユーザーに配備する代わりに、デスクトップをデータセンター内のサーバ上で稼働させることで、「仮想化」するというものだ。ユーザーは仮想化されたデスクトップに、クライアントデバイス(シンクライアントやホームPCなど)からシンクライアント用のプロトコルで接続し、ローカルにインストールされた通常のデスクトップと同じような感覚で、自分のデスクトップにアクセスする。

 バックエンドの仮想化されたデスクトップは、一般に以下のどちらかの方法で提供される。

  • VMware ServerまたはMicrosoft Virtual Server上で多数のWindows XPのVM(仮想マシン)を稼働させ、各ユーザーは自分のVMに1対1で接続する。
  • Windows XPが動作するブレードをブレードエンクロージャに搭載し、各ユーザーはブレードに1対1で接続する(この個々のブレードやこの技術全体を「ブレードPC」と呼ぶこともある)。

 どちらの方法でも、エンドユーザーは任意のデバイスを使える。エンドユーザーは自分のデスクトップにどこからでも接続でき、IT部門はデスクトップを簡単に管理できる。デスクトップはデータセンター内にあるからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。