2006年10月02日 07時00分 公開
特集/連載

フリーの仮想化製品に飛びつく前に知っておくべきことColumn

ヴイエムウェアとマイクロソフトが相次いで無償の仮想化ソフトの提供を始めた。だが、慌てて導入しようとすると、多くの問題を引き起こしかねない。ここでは、無償の仮想化技術の性急な導入に伴う危険性について論じたい。

[Alessandro Perilli,TechTarget]

 ヴイエムウェアの「VMware Player」(初の無償のデスクトップ仮想化ソリューション)の発表、そしてマイクロソフトによる「Virtual Server」を無償で提供する(これは初の無償のサーバ仮想化ソリューションとなる)という決定で、ITの世界が大きく変化した。これらの出来事は、コンピューティングリソースをめぐる業界の考え方に革命をもたらした。そして、「VMware Server 1.0」および「Microsoft Virtual PC 2004」が無償製品としてリリースされた今、この革命に拍車が掛かろうとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...