サン、VMware環境との親和性を高めたVDI統合ソフトの最新版NEWS

VMware Infrastructure 3を実行するWindows仮想デスクトップ環境とのブリッジ機能と、その仮想デスクトッププールの運用管理機能を提供する。

2008年03月26日 19時49分 公開
[TechTarget]

 サン・マイクロシステムズは3月26日、仮想デスクトップ環境統合ソフトウェアの最新版「Sun Virtual Desktop Infrastructure Software 2.0」(以下、Sun VDI Software)の販売を開始した。

 SunVDI Softwareは、Javaが実行可能なPCや同社のSun Rayのようなシンクライアント端末、モバイル機器などの一般的なクライアント端末から、データセンターで管理されるSolaris、Windows、Linux、UNIXなどの仮想デスクトップ環境へのアクセスを可能にするソフトウェア。

 最新版では、「VMware Infrastructure 3」を実行するWindows仮想デスクトップ環境とのブリッジ機能「Sun Virtual Desktop Connector」と、その仮想デスクトップを特定ユーザーに割り当てる仮想デスクトッププール管理機能が追加され、VMware Infrastructureを利用した仮想デスクトップ環境との親和性を高めた。これにより、ユーザーはVMware Infrastructure 3上のWindows仮想デスクトップ環境をSun RayやPCなどの作業状況に最も適した端末間で移動でき、さらに、社内のSun Ray環境上のデスクトップに自宅のPCからSSLを使って安全にアクセスすることができる。

 価格は、1同時接続ユーザーライセンスで1万8000円(税抜き)。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。