2008年02月25日 04時54分 公開
特集/連載

仮想化の普及でシンクライアントも人気再燃普及の条件は整ったか?

90年代後半、シンクライアントがデスクトップを席巻すると予想されながらも、それが実現しなかった要因を幾つか指摘しておこう。

[Anil Desai,TechTarget]

 企業ITでは仮想化が大きな潮流となっている。それに伴って生じている新たな動きの1つとして、シンクライアントの復活とその流行が挙げられる。HPが2007年にシンクライアントベンダーのNeowareを買収したのはそれを象徴している。従来型のファットデスクトップには肩身の狭い時代だ。ただ、復活とはいってもシンクライアントは決して廃れていたわけではなく、90年代後半に生まれた「ネットワークコンピューティング」の普及以降、ずっと使われてきた。しかし、シンクライアントがデスクトップを席巻すると予想されながらも、それが実現しなかったのも事実だ。その実現を妨げた当時の要因を指摘しておこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大リンゴと姫リンゴ? 「apple to apple」とは言えない格差がさらに拡大中。

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...