2012年05月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

パワーアップしたHyper-V 2008 R2 SP1VMwareユーザーはHyper-Vに乗り換えるべき?

Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できるようになった。Hyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。ユーザーはどちらを選ぶべきか。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 データセンターで仮想化が使われるようになってから、米VMwareは仮想化市場を支配してきた。他のハイパーバイザーはこの情勢を変えようとしてきたが、徒労に終わっている。しかし、今後は、米MicrosoftのHyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できる低価格のオプションになったからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。