2012年05月18日 09時00分 公開
特集/連載

VMwareユーザーはHyper-Vに乗り換えるべき?パワーアップしたHyper-V 2008 R2 SP1

Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できるようになった。Hyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。ユーザーはどちらを選ぶべきか。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 データセンターで仮想化が使われるようになってから、米VMwareは仮想化市場を支配してきた。他のハイパーバイザーはこの情勢を変えようとしてきたが、徒労に終わっている。しかし、今後は、米MicrosoftのHyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できる低価格のオプションになったからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...