機能追加でCitrixに迫るVMwareのデスクトップ仮想化「VMware Horizon 6」でRDSホスト型が実現

VMwareの「VMware Horizon 6」にはさまざまな新機能が追加されている。だが、Citrix製品に追い付くには、もっとプラットフォームに磨きをかける必要がある。

2015年04月06日 15時00分 公開
[Jake O’DonnellTechTarget]

 米VMwareが「VMware Horizon 6」(以下、Horizon 6)をリリースしてから1年がたとうとしている。VMwareは「RDSホスト(リモートデスクトップセッションホスト)」「GPU仮想化」「Linux対応」によって、Horizon 6を補強し、米Citrix SystemsがEUC(エンドユーザーコンピューティング)の分野で築いた牙城を崩しに掛かっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...