2011年12月07日 18時00分 公開
ニュース

データ重複排除も可能なVMware環境用データ保護の最新版 QuestNEWS

VMware環境におけるデータ保護機能を提供するソフトの最新版を発表。vSphere 5への対応やデータ重複排除などの機能が追加された。

[TechTargetジャパン]

 日本クエスト・ソフトウェア(以下、Quest)は12月6日、VMware環境専用のデータ保護ソフトウェアの最新版「vRanger 5.3」(以下、vRanger)を発表した。2012年1月に出荷を開始する。

 vRangerは、VMware環境におけるバックアップレプリケーション、リカバリなどのデータ保護機能を提供する。今回のバージョンではVMware vSphere 5に対応し、vStorage APIとStorage vMotionをサポートすることでSAN(Storage Area Network)上のVMFS5データも保護する。また、バックアップデータの保存先として新たに同社のディスクバックアップソフト「Quest NetVault SmartDisk」を利用できる。これにより、NetVault SmartDiskのデータ重複排除機能を利用したバックアップデータ容量の削減が可能になった。同社が実施した検証によると、vRangerとNetVault SmartDiskの組み合わせで、最大50分の1までデータ量を削減できたという。

 さらに、Microsoft SharePoint用バックアップソフト「Quest Recovery Manager for SharePoint」と連携することで、アイテム単位などより詳細な粒度でMicrosoft SharePointのリカバリを実施できるようになった。同社によると、2012年にはMicrosoft Exchange用バックアップソフト「Recovery Manager for Exchange」との統合も予定しており、アイテム単位でのリカバリも可能になるという。

 vRanger 5.3の標準価格は、vRanger SEエディションが9万8000円、vRanger Proエディションが14万8000円(VMware ESXサーバのCPUソケット単位、初年度の保守サポート込み)。また、同社のWebサイトから30日間無償の評価版をダウンロード可能。

ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。