ヴイエムウェアが進める「as a Service企業」への変化が簡単ではない理由BroadcomのVMware買収がクラウド市場に与える影響【後編】

VMwareは自社製品を「as a Service」型で提供する取り組みを進めている。ただし、その取り組みが成功するかどうかは未知数だ。それはなぜなのか。

2022年07月20日 05時00分 公開
[Rob StrechayTechTarget]

 半導体ベンダーのBroadcomは、2022年5月に大手仮想化ベンダーVMwareの買収を発表した。VMwareは自社の製品群を「as a Service」(従量課金サービス)型で提供することで成長を続けている。Broadcomはこの恩恵を受けられる可能性があるものの、課題もある。

「as a Service」を阻む“厄介な問題”とは

 さまざまなクラウドインフラで実行するVMware製品・サービスの利用料金の支払いを一元化するライセンス「VMware Cloud Universal」(VCU)は、同社が進めるas a Serviceの取り組みの一環だ。VCUによりユーザー企業は、どのクラウドインフラでもVMware製品を稼働させることができるようになる。

 VMwareにとって、as a Service型事業への転換にはまだ課題がある。買い切り型のライセンスからas a Service型のライセンスへの切り替えには時間がかかる。料金体系を整備して価値を提案すること自体は難しくない。難しいのは、ユーザー企業とその従業員、特に営業チームの価値観を変化させることだ。

 Broadcomの買収によって期待できる事業がある。特にクラウドインフラの管理と可視化は注目すべき分野だ。Broadcomは収益を向上させるために、グループ企業のサービス間の連携を進めると予測できる。VMwareはBroadcomが買収した他の企業の価値を引き出せる可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...