2022年07月19日 08時15分 公開
特集/連載

「DaaS」と「VPN」 リモートアクセス手段の“最強”はどっち?リモートアクセス2大手段「DaaS」「VPN」の違いを比較【第4回】

リモートアクセス手段として「DaaS」(Desktop as a Service)と「VPN」(仮想プライベートネットワーク)のどちらを使えばよいのか。検討のためのヒントを説明する。

[Chris Twiest,TechTarget]

 「DaaS」(Desktop as a Service)と「VPN」(仮想プライベートネットワーク)は、どちらも従業員(エンドユーザー)が自社のシステムにリモートアクセスするための技術だ。ただし大きな違いが幾つかある。IT担当者がDaaSとVPNのどちらを使うかを検討するには、両者の似ている点と違う点を理解し、自社の目的に最適な技術を見極めることが重要だ。

DaaSかVPNか? インターネット“切断”時の挙動が判断の鍵に

 DaaSはデータベースアプリケーションの更新中に、クライアント端末のインターネット接続が切断されても問題にならない。データベースアプリケーションと通信しているのはデータセンターにある仮想デスクトップだ。そのため仮想デスクトップを稼働させるサーバとクライアント端末間の接続が失われても、データベースアプリケーションの処理には直接的な影響は及ばない。

 接続が失われた後にエンドユーザーが再度DaaSを起動すると、エンドユーザーは接続が中断したところから作業を再開できる。その際にエンドユーザーは使用するデバイスを切り替えることも可能だ。例えば午前中にデスクトップPCで作業し、午後にノートPCで再開するといったことができる。

 VPN(インターネットを利用した「インターネットVPN」を想定)ではインターネットの品質が、社内ネットワークにある業務アプリケーションの速度と動作の安定に大きく影響する。そのためVPNは安定したインターネット接続が必要だ。

 例えばエンドユーザーが自社のデータベースアプリケーションにデータのアップロードをしているときにインターネットが切断すると、データベースは同期が取れていない状態になり、データを消失する恐れがある。ただしネットワークで問題が発生しても、クライアント端末内にある業務アプリケーションやドキュメントなどは利用できる。

結局、DaaSとVPNのどちらを使用すべきか

 DaaSとVPNのどちらを使用するかを決める上で重要なのは、利用規模とセキュリティだ。例えばエンドユーザーが、単一の業務アプリケーションにリモートアクセスできるようにする場合を考える。DaaSは一般的にはエンドユーザーごとに仮想デスクトップを設定するので、単一の業務アプリケーションのリモートアクセスに利用する技術としては複雑過ぎる可能性がある。ただしセキュリティを重視するのであれば、このような場合でもDaaSが適した選択肢となる場合がある。

 レガシーアプリケーションやデータにリモートアクセスする手段としては、DaaSもVPNも適切な技術だ。例えばMicrosoftのオンラインオフィススイート「Microsoft 365」(「Office 365」)などのクラウドサービスに自社が保有する全てのデータを移行した場合、エンドユーザーはDaaSやVPNがなくても、インターネット経由でデータにアクセスできる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...