「DaaS」とは? リモートアクセス手段として使う“あのメリット”リモートアクセス2大手段「DaaS」「VPN」の違いを比較【第1回】

リモートアクセスの代表的な手段に「DaaS」(Desktop as a Service)がある。DaaSの仕組みと利用方法、代表的なサービスを説明する。

2022年06月28日 10時00分 公開
[Chris TwiestTechTarget]

 従業員(エンドユーザー)が自社のシステムにリモートアクセスできるようにすることは、ビジネスの継続性を維持するための有力な方法だ。リモートアクセスを可能にする方法にはさまざまな選択肢がある。

 「DaaS」(Desktop as a Service)と「VPN」(仮想プライベートネットワーク)は、エンドユーザーが自社のリソースにリモートアクセスできるようにする点は同じだ。ただし使い方やユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)、セキュリティ、管理性が異なる。本稿はDaaSの仕組みと代表的な製品を説明する。

いまさら聞けない「DaaS」の基礎知識

 DaaSは、仮想デスクトップのクラウドサービスだ。IT担当者は仮想デスクトップのインフラの設定と管理をDaaSベンダーに任せられる。DaaSベンダーは通常はインターネット経由で、仮想デスクトップの画面だけをエンドユーザーのクライアント端末に配信する。

 一元管理が可能な点がDaaSの特徴だ。企業は単一の管理インタフェースで、DaaSの全ての設定内容を管理できる。管理インタフェースを通じて仮想デスクトップのゲストOSや業務アプリケーションの更新プログラムを適用することも可能だ。IT担当者はエンドユーザーが新しいバージョンの業務アプリケーションを使用するタイミングやポリシーを決めたら、仮想デスクトップのイメージファイルに一斉適用できる。

 代表的なDaaSとして、Microsoftの「Azure Virtual Desktop」やCitrix Systemsの「Citrix DaaS Standard for Azure」、VMwareの「Horizon Cloud on Microsoft Azure」、Amazon Web Services(AWS)の「Amazon WorkSpaces」などがある。


 企業がリモートアクセスを実現するDaaS以外の選択肢に、VPNがある。第2回は、VPNの仕組みを詳しく説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...