2019年09月24日 10時00分 公開
PR

ネットワーク担当者の悩み「VMware NSX Data Center」がネットワーク仮想化で選ばれ続ける理由

ますます複雑化する企業ネットワークと、それに連れて煩雑になるネットワークの運用管理。クラウド利用が広がる今、ネットワークの見直しが求められている。

[ITmedia]

 いまや仮想化技術は企業のITインフラに欠くことのできない存在となった。オンプレミスはサーバの仮想化が当たり前となり、ストレージを仮想化する動きも広がっている。クラウドサービスであるIaaS(Infrastructure as a Service)にも仮想化の技術がふんだんに取り入れられている。

 こうした流れの中で、ネットワークの仮想化は一歩遅れている感がある。ネットワークはルーターやスイッチからケーブルをたどれば、物理的にネットワークの状態を把握できるという分かりやすさがある。この利点が災いしてか、ネットワークの仮想化に消極的なエンジニアが少なくない。

 しかし複雑化したネットワークを効率的に運用管理するには、ネットワークを仮想化するソフトウェア定義ネットワーク(SDN)が不可欠になる。企業の間でパブリッククラウドの利用が広がることで、その必要性はますます高まるだろう。

 SDNの構築手段として企業の間で存在感を高めているのが、ネットワーク仮想化製品の「VMware NSX Data Center」(以下、NSX)だ。企業がネットワーク仮想化のためにNSXを必要とする理由とは。

提供:ヴイエムウェア株式会社、株式会社ネットワールド、兼松エレクトロニクス株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社、株式会社ネットワールド、兼松エレクトロニクス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部