2019年12月19日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft、AWS、Google、VMware、IBMがハイブリッドクラウドで狙うものハイブリッドクラウドが向かう先【後編】

Microsoftはハイブリッドクラウド環境を構築する製品として2017年に「Azure Stack」を投入した。そして2019年、「Azure Arc」を発表した。同社の動きが意味するものとは。

[Chris Kanaracus,TechTarget]

 前編「Microsoftの『Azure Arc』は『Anthos』や『AWS Outposts』と何が違うのか?」ではMicrosoftが新たに発表した「Azure Arc」とともに、Azure Arcに類似するクラウドベンダーのハイブリッドクラウド向け製品を説明した。Azure Arcはクラウドサービス群「Microsoft Azure」(以下、Azure)のサービスを、Azure以外の環境からでもデプロイ(利用可能な状態にすること)、管理できるようにするサービスだ。

 MirosoftはAzure Arcを競合ベンダーのパブリッククラウドで使うことについて、過度に強調してはいない。ただし「どのようなインフラでも利用できる」と同社は説明しており、それは競合ベンダーのパブリッククラウドでも利用できることを示唆している。

 Azure Arcが成功すれば、Amazon Web Services(以下、AWS)がその後を追い、マルチクラウド環境でAWSのサービスを運用管理できる製品/サービスの提供に乗り出す可能性もある。Googleは既に「Anthos」でマルチクラウドをターゲットにした機能を提供している。

GoogleやVMware、IBMの狙いは

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...