2020年04月10日 10時00分 公開
PR

「VMware Cloud on AWS」本来の価値を引き出すクラウド移行の”ヒント”VMware vMotionでは解決しない真の課題

既存業務システムをクラウド化するには、技術とプロジェクト運営の両面で多くの課題を解決する必要がある。しかしオンプレミスのシステムはさまざまな要件で稼働しており、事はそう簡単ではない。どうすればよいのか。

[ITmedia]

 負担を掛けずにクラウドへの移行を実現するプラットフォームとして「VMware Cloud on AWS」(VMC on AWS)がある。VMC on AWSは仮想マシンを作り直すことなく、そのままオンプレミスからクラウドに短期間かつ低リスクで移行できる。新しい技術のキャッチアップもほとんど必要がない。特に大規模な業務システムほどクラウド移行の負担も大きくなるため、VMC on AWSが候補になりやすい。

 一方で、大規模なシステムの移行となると、クラウドであれオンプレミスであれ、計画をしっかりと立てて進める必要がある。移行元の環境はどんな構成なのか、システム間でどんな連携があるか、移行時のシステム停止はどこまで許容できるかなど、あらゆる観点を踏まえた慎重なプロジェクト運営が求められる。さらにクラウドサービス特有の仕様を考慮して、システム構成や移行方法を検討しなければならない。

 大規模システムをクラウドに移行するに当たり、VMC on AWSの特徴を生かしつつ、確実かつ効率的にプロジェクトを運営するには何が必要なのか。


提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部