2015年01月14日 15時00分 公開
特集/連載

2014年は「DaaSの年」だった AWS、Microsoft、VMwareの気になる戦略とは混戦状態の市場を制するのは、どのベンダー?

2014年は「Amazon WorkSpaces」「VMware Horizon DaaS」「Microsoft Azure RemoteApp」などのサービスによって、クラウド型のデスクトップやアプリケーションの重要性が確認された1年となった。

[Gabe Knuth,TechTarget]

 「今年はVDI(仮想デスクトップ環境)の年になる」との予測が数年にわたって続いた後、2014年は実際には「DaaS(Desktops as a Service)の年」となった。米VMware、米Amazon、米MicrosoftなどのベンダーがDaaS事業への注力を強めた結果、クラウド型デスクトップは2014年の最もホットなトピックの1つになった。

 2014年のDaaSに対する関心の高まりには、AmazonやMicrosoftとともにVMwareが大きく貢献した。VMwareはDaaSの草分けである米Desktoneを2013年10月に買収し、2014年3月にDesktoneの技術を「Horizon DaaS」としてリリース。以前からDaaSを手掛けていたDesktoneの技術をベースとするHorizon DaaSは、当然ながら大好評のDaaSプラットフォームとなった。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...