VMware Workspace ONE vs. Citrix Cloud デジタルワークスペース2大製品を比較製品構成を詳しく解説

デジタルワークスペースの2大巨頭であるCitrix SystemsとVMware。それぞれのデジタルワークスペース関連製品/サービスは何ができるのか。詳しく紹介する。

2019年01月07日 05時00分 公開
[John PowersTechTarget]

関連キーワード

Citrix | VMware


画像

 エンドユーザー向けのデスクトップやアプリケーションを統合管理できるようにして、IT担当者の業務を簡素化する「デジタルワークスペース」。Citrix SystemsとVMwareがそれぞれ提供するデジタルワークスペース関連の製品/サービスは、IT部門による管理を容易にし、組織に強力なモニタリング機能を提供し、リモートデスクトップやモバイルデバイスのエンドユーザーに対するパフォーマンスを向上させる。

 本稿では、Citrixの「Citrix Cloud」とVMwareの「VMware Workspace ONE」という、主要な2つのデジタルワークスペース関連製品/サービスを詳しく紹介する。

Citrix Cloud

 IT担当者はCitrix Cloudを利用すると、オンプレミスのハードウェアやパブリッククラウド、プライベートクラウドで稼働する、デスクトップとアプリケーションを統合管理できる。Citrix Cloudには多くのサービス(Citrix Cloudサービス)が含まれている。このうち仮想アプリケーションと仮想デスクトップへの安全なアクセスを提供する「Citrix Virtual Apps and Desktops」(旧「XenApp」「XenDesktop」)を使えば、オンプレミスやクラウドといった複数のホスティング先にデスクトップをデプロイ(配備)できる。

 Citrix Cloudサービスの中にあるデジタルワークスペースサービスが「Citrix Workspace」だ。Citrix Workspaceは、Citrix Virtual Apps and Desktopsとファイル共有の「Citrix Content Collaboration」(旧「ShareFile」)、統合エンドポイント管理(UEM)の「Citrix Endpoint Management」(旧「XenMobile Service」)などで構成されている。組織は、豊富なCitrix Cloudサービスから目的のサービスを選択し、追加料金を支払ってCitrix Workspaceと共に使用することもできる。

 Citrix Workspaceに含まれる各サービスの概要は、以下の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...