「BroadcomのVMware買収」は進むのか進まないのか 各国が注目するその結末Broadcom610億ドル買収劇の行方【中編】

BroadcomのVMware買収について、英国政府が調査を進めている。この買収は世界各国の市場に影響を与えかねないため、調査の行方が注目されている。

2023年06月29日 05時15分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

関連キーワード

サーバ | VMware | サーバ仮想化


 半導体ベンダーのBroadcomが、仮想化ソフトウェアベンダーVMwareを約610億ドルで買収すると発表した件について、英国の競争・市場庁(CMA:Competition and Markets Authority)が懸念を表明した。

 英国の法律事務所Fladgateでコンペティションパートナーを務めるアレックス・ハフナー氏は、今回の買収案件に対してCMAが取った行動は極めて重要だと述べる。その理由とは。

巨大買収が影響を与える市場は1つではない

 BroadcomもVMwareも世界各国で事業を展開している。そのため、各国で公正取引を監視する規制当局が今回の合併について調査している段階だ。ハフナー氏がCMAの行動を極めて重要だと述べた理由は、具体的な懸念を表明するものだからだ。「CMAの裁定は重要な基準点になり、今回の買収をまだ評価している他国の規制当局が、慎重に精査する可能性が高い」とハフナー氏は述べる。

 ハフナー氏の分析によればCMAは、BroadcomがVMwareの持つサーバ仮想化ソフトウェア市場で有する支配的地位を利用して、サーバ仮想化ソフトウェア以外の関連市場でBroadcomのライバル企業にダメージを与えることを危惧している。

 「CMAがこの考え方に固執するのであれば、当事者であるBroadcomとVMwareはその懸念を解消する方法を考えるために、想像力を働かせる必要がある」とハフナー氏は述べる。


 後編は、CMAが調査に至るまでの経緯を、VMware側の動向も確認しながら解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...