仮想マシン(VM)用セキュリティソフト「AppDefense」「Sophos for Virtual Environments」「McAfee MOVE AntiVirus」の違い最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【後編】

仮想マシン(VM)やVMが稼働する物理インフラを保護するために、ベンダー各社はVM用セキュリティソフトウェアを提供している。こうした製品の中から、VMware、Sophos、McAfeeの製品の機能や特徴を説明する。

2022年01月11日 05時00分 公開
[Jessica LulkaTechTarget]

 中編「『仮想マシン(VM)用セキュリティソフト』選びに失敗しない4つの検討項目」を基に仮想マシン(VM)用セキュリティソフトウェアの主要要件を見極めたら、市場に出回る個別の製品やサービスを確認する。現在入手可能な主要なVM用セキュリティソフトウェアの中から、以下の製品/サービスの機能や特徴を説明する。

  • VMwareの「AppDefense」
  • Sophosの「Sophos for Virtual Environments」
  • McAfeeの「McAfee MOVE AntiVirus」

AppDefense

 AppDefenseは、VMで稼働するアプリケーションを保護するデータセンター向けVM用セキュリティソフトウェアだ。VMの実行プロセスの分析、異常の検知/対処、アプリケーションの制御、修復という4つの主要機能を備える。物理サーバとVMを分離させ、VMが攻撃された場合にシステム全体に被害が拡大することを防ぐ。通信のブロックや分析用のスナップショット取得など、脅威検出時の自動対処機能を備え、手作業による対処の負荷を軽減するする。

Sophos for Virtual Environments

 Sophos for Virtual EnvironmentsはVMwareのハイパーバイザー「ESXi」とMicrosoftのハイパーバイザー「Hyper-V」で使用できる市販のマルウェア対策ソフトウェアだ。両ハイパーバイザーによる仮想インフラを1つの画面で管理することを可能にする他、物理インフラと仮想インフラ向けの管理機能を用意している。Sophos for Virtual Environmentsを利用すると、セキュリティ担当者は管理対象のVM全てをスキャンして潜在的な脅威を検知し、脅威に対して自動クリーンアップ機能を実行できる。

McAfee MOVE AntiVirus

 McAfee MOVE AntiVirusは、全てのハイパーバイザーと「Linux」「Windows」などのOSを横断してVMや仮想デスクトップを保護する。McAfee MOVE AntiVirusは複数ベンダーのハイパーバイザーやOSで利用でき、オンプレミスシステムとクラウドサービスの双方で、異常やマルウェアをスキャンすることが可能だ。McAfeeのインフラ可視化製品「McAfee Cloud Workload Security」と併用すると、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」などのクラウドサービスを保護できるようになる。その他の機能として、エージェントレス監視機能やVMのデータセキュリティの自動オフロード(負荷軽減)、1つの画面でセキュリティ対策状況を確認できるダッシュボードを用意している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...