NSAがVMware製品の脆弱性に注意喚起 「Workspace One Access」などに影響TechTarget発 世界のITニュース

NSAは、攻撃者が「Workspace One Access」をはじめとするVMware製品の脆弱性を悪用していると報告した。VMwareは既にパッチを公開しており、NSAは政府機関に早急適用を勧告した。

2021年01月05日 10時30分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

 国家安全保障局(NSA)が2020年12月7日 (現地時間)に発行したセキュリティ報告によると、ロシアが支援する攻撃者は、VMware製品の脆弱(ぜいじゃく)性を悪用している。NSAが報告した脆弱性「CVE-2020-4006」は、米国の共通脆弱性評価システムCVSS(Common Vulnerability Scoring System)で深刻度が上から2番目の「重要」(スコア7.2)と評価された。VMwareはCVE-2020-4006に関する情報を公開し、パッチを公開した。

VMware製品に見つかった脆弱性の中身

 NSAの報告によると、攻撃者はこの脆弱性を利用して保護されたデータにアクセスできる。NSAは、国防総省(DoD)や防衛産業基盤(DIB)など政府機関のシステム管理者 に対し、VMwareが提供するパッチをできるだけ早く適用するように求めている。悪用された脆弱性は、以下のVMware製品に影響を及ぼす。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...