2021年01月05日 10時30分 公開
ニュース

NSAがVMware製品の脆弱性に注意喚起 「Workspace One Access」などに影響TechTarget発 世界のITニュース

NSAは、攻撃者が「Workspace One Access」をはじめとするVMware製品の脆弱性を悪用していると報告した。VMwareは既にパッチを公開しており、NSAは政府機関に早急適用を勧告した。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 国家安全保障局(NSA)が2020年12月7日 (現地時間)に発行したセキュリティ報告によると、ロシアが支援する攻撃者は、VMware製品の脆弱(ぜいじゃく)性を悪用している。NSAが報告した脆弱性「CVE-2020-4006」は、米国の共通脆弱性評価システムCVSS(Common Vulnerability Scoring System)で深刻度が上から2番目の「重要」(スコア7.2)と評価された。VMwareはCVE-2020-4006に関する情報を公開し、パッチを公開した。

VMware製品に見つかった脆弱性の中身

 NSAの報告によると、攻撃者はこの脆弱性を利用して保護されたデータにアクセスできる。NSAは、国防総省(DoD)や防衛産業基盤(DIB)など政府機関のシステム管理者 に対し、VMwareが提供するパッチをできるだけ早く適用するように求めている。悪用された脆弱性は、以下のVMware製品に影響を及ぼす。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...