2015年11月04日 15時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:ストレージ管理者に朗報をもたらす「VMware vSphere 6」FTやvMotionを強化(1/3 ページ)

米VMwareの「VMware vSphere 6」のリリースから、VMwareが徹底的に仮想化したインフラを備えた完全なるソフトウェア定義のデータセンターを目指していることが見て取れる。

[Arun Taneja,TechTarget]
VADPの3種類のトランスポートモード(参照:失敗しないVMware環境に最適なバックアップ製品の選び方(VADP編))《クリックで拡大》

 米VMwareが「VMware vSphere 6」をリリースしたことは一大事である。これに議論の余地はない。vSphere 6は2015年2月に開催された「VMware's Partner Exchange」で発表されたが、中でも大きなニュースだったのが「vSphere Virtual Volumes」(VVOL)の導入だ。それ以外にも、「VMware Virtual SAN」(VSAN)、フォールトトレランス、「vSphere vMotion」、高可用性、拡張性、セキュリティ、データ保護、レプリケーションなども大幅に強化されている。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...