2019年11月26日 05時00分 公開
特集/連載

データサイロを解体した4社の事例【中編】Dell、EMC、VMwareはデータ統合における「人的問題」をどう解決したのか

2016年に完了した大型買収に伴い、異なる企業の異なるシステムが同居することになったDell Technologies。システム間の連携をスムーズに進める上で鍵となるデータ統合を、同社はどう進めたのか。

[Bill Marcus,TechTarget]

関連キーワード

Adobe Systems | データ | データ統合


画像 《クリックで拡大》

 データサイロ解体の問題を解決するために外に出向くまでもない企業もある。

 Dell Technologies(以下、Dell)は、克服しなければならない問題を社内に抱えていた。2016年に大型買収をした直後、Dellは3つの異種データシステムを統合する必要に迫られた。統合の対象となったのは、Dell、EMC、VMwareそれぞれのデータシステムだ。Dell、EMC、VMwareで働いていた従業員が連携するために、新生Dellはどのようにデータを管理して、ネットワークとレガシーシステムを統合したのだろうか。

 Dellが買収直後に最も急を要した問題は、予定管理システムと電話システムを連携させて、従業員が相互に連絡を取れるようにすることだった。これはデータの問題のように思えるが、「共同作業の改善によって解決する人的問題だということが分かった」と、同社シニアバイスプレジデントを務めるマーク・ステイン氏は語る。

Dellが挑んだ「データの民主化」という難題

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。