2019年10月31日 05時00分 公開
特集/連載

GANに期待するもの【後編】難病や新薬候補の発見にも効果 機械学習の進化形「GAN」の広がる用途

高い精度でコンテンツを認識し、再現できる「GAN」(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。その用途はどこまで広がるのか。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


画像 《クリックで拡大》

 高い精度でコンテンツを認識し、再現できるGAN(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。医療における現在のGANの用途として、検査結果で身体的な異常を発見することが挙げられる。これは診断の高速化や患者の治療の選択につなげることができる。

 GANで画像のエラーを発見できれば、患者の健康状態を直ちに分析して判断することが可能になる。正式な診断はできないとしても、医療専門家に注意を促すことは間違いなくできる。GANはまた、かつては治療不可能だった既往症について、新しい治療法を確立する目的でも使われている。

GANの用途はさらに広がる

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...