2019年10月31日 05時00分 公開
特集/連載

難病や新薬候補の発見にも効果 機械学習の進化形「GAN」の広がる用途GANに期待するもの【後編】

高い精度でコンテンツを認識し、再現できる「GAN」(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。その用途はどこまで広がるのか。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

機械学習


画像 《クリックで拡大》

 高い精度でコンテンツを認識し、再現できるGAN(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。医療における現在のGANの用途として、検査結果で身体的な異常を発見することが挙げられる。これは診断の高速化や患者の治療の選択につなげることができる。

 GANで画像のエラーを発見できれば、患者の健康状態を直ちに分析して判断することが可能になる。正式な診断はできないとしても、医療専門家に注意を促すことは間違いなくできる。GANはまた、かつては治療不可能だった既往症について、新しい治療法を確立する目的でも使われている。

GANの用途はさらに広がる

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...