難病や新薬候補の発見にも効果 機械学習の進化形「GAN」の広がる用途GANに期待するもの【後編】

高い精度でコンテンツを認識し、再現できる「GAN」(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。その用途はどこまで広がるのか。

2019年10月31日 05時00分 公開
[Ronald SchmelzerTechTarget]

関連キーワード

機械学習


画像 《クリックで拡大》

 高い精度でコンテンツを認識し、再現できるGAN(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。医療における現在のGANの用途として、検査結果で身体的な異常を発見することが挙げられる。これは診断の高速化や患者の治療の選択につなげることができる。

 GANで画像のエラーを発見できれば、患者の健康状態を直ちに分析して判断することが可能になる。正式な診断はできないとしても、医療専門家に注意を促すことは間違いなくできる。GANはまた、かつては治療不可能だった既往症について、新しい治療法を確立する目的でも使われている。

GANの用途はさらに広がる

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...