2012年06月04日 09時00分 公開
特集/連載

【Q&A】VMware環境で災害復旧計画を立てるには?VMware vs. サードパーティー

VMware環境で災害復旧(DR)計画を立案するために効果的なツールとは。用途や目的に応じてVMware Site Recovery Manager(SRM)かサードパーティーのDRツールを選択すべきだ。

[Nick Martin,TechTarget]

 障害発生時のフェイルオーバー手順やワークロードの復旧手順を規定した、盤石なVMwareの災害復旧(DR)計画は、組織のデータを保護し、業務を継続するためには欠かせない。物理サーバ間でのシームレスな仮想マシン(VM)の移動を実現する仮想化は、DR計画の在り方に革命を起こした。現在、VMをさらに迅速にオンラインに戻すためのさまざまなVMware DRツールが存在しているが、IT担当者が現実的なビジネス目標を設定し、綿密な計画と厳しいテストをもって最後までやりぬく努力をしなければ、宝の持ち腐れになる。

 本稿では、VMware Site Recovery Manager(SRM)とサードパーティーのDRツールを使用した、VMwareのDR計画立案について、よく寄せられる質問に答えたい。

VMwareのDR計画はどのように立て始めればよいか?

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...