2011年08月16日 09時00分 公開
特集/連載

クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリットSMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】

クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。

[坂口武生,日商エレクトロニクス]

 今回から3回にわたり、中堅・中小企業(SMB)を対象に、サーバ仮想化のメリットと導入のポイントを解説する。サーバ仮想化をする目的、導入までのステップ、P2V(Physical to Virtual)移行のポイント、仮想環境での運用の変化などを、IT部門の方が具体的にイメージできることを目指す。第1回のテーマは、「クラウド時代になぜ今さら仮想化が企業にとって必要なのか?」。本稿の前段では仮想化のメリットを語る前に、企業ITのトレンド、大企業とは異なるSMBの現状に触れる。後段では、SMBにとってまずはIT基盤を仮想化することの重要性を解説する。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | SMB | グループウェア | 基幹システム | LDAP | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...