2011年08月16日 09時00分 UPDATE
特集/連載

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリット

クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。

[坂口武生,日商エレクトロニクス]

 今回から3回にわたり、中堅・中小企業(SMB)を対象に、サーバ仮想化のメリットと導入のポイントを解説する。サーバ仮想化をする目的、導入までのステップ、P2V(Physical to Virtual)移行のポイント、仮想環境での運用の変化などを、IT部門の方が具体的にイメージできることを目指す。第1回のテーマは、「クラウド時代になぜ今さら仮想化が企業にとって必要なのか?」。本稿の前段では仮想化のメリットを語る前に、企業ITのトレンド、大企業とは異なるSMBの現状に触れる。後段では、SMBにとってまずはIT基盤を仮想化することの重要性を解説する。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | SMB | グループウェア | 基幹システム | LDAP | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...