2011年08月12日 09時00分 公開
特集/連載

VMware vCloud Expressがいまいちはやらない理由満たされないユーザーニーズ

VMwareのクラウド事業者向けプログラム「VMware vCloud Express」の不振が続いているようだ。その理由をサービスプロバイダーが明かす。

[Carl Brooks,TechTarget]

 VMwareが「VMware vCloud Express」を発表してから2年が経過したが、このサービスプログラムは低迷しているようだ。エンドユーザーの関心が低く、プロバイダーにとって魅力的な収入源ではないことが響いている。

 vCloud Expressは2009年に、VMwareのユーザー企業を顧客に抱えるマネージドホスティングプロバイダーが、Amazon.comのAmazon Web Services(AWS)風のクラウドサービスを提供する方法として発表された。vCloud Expressによるクラウドサービスでは、完全に自動化されたセルフサービス型の柔軟なオンデマンドコンピューティングインフラが、APIやWebポータルを通じて提供される。このクラウドサービスは、仮想化されたエンタープライズインフラのほとんどと互換性があり、プロバイダーが企業のIT部門に対し、テストや開発などへのクラウドの利用を促進できる方法として宣伝されていた。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。