Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(後編)SCVMM 2012新機能 〜ストレージ管理&ネットワーク管理

Microsoftがプライベートクラウド市場への参入を狙い、2011年下半期にリリースする仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」。後編では、ストレージ管理とネットワーク管理の分野における新機能について紹介する。

2011年01月12日 08時00分 公開
[Beth Pariseau,TechTarget]

仮想化のための物理インフラのプロビジョニング

 TechEdのSCVMM vNextセッション「Fabric Management for the Private Cloud」での説明によると、SCVMM 2012では、代理管理者レベルにおいてネットワーク管理者とストレージ管理者という2つのロールが新たに追加されるという。すなわち、同ソフトウェアの新バージョンは、ベアメタルサーバ、ホストクラスタ、ロードバランサ、ネットワークリソースおよびストレージリソースのプロビジョニングに対応した初のSCVMMバージョンになるということだ。

 同セッションによると、SCVMM 2012では仮想マシン作成の際にOSとアプリケーションの配備を自動化できるという。さらに、SCVMMのGUIを使って物理的なホストクラスタを作成し、共有ストレージボリュームを接続することも可能だ。

 「クラスタリングの自動化がもたらすメリットは大きい」と話すのは、米Slumberlandでインフラチームのマネジャーを務めるセス・ミッチェル氏だ。同社では約120個のHyper-Vゲストを運用し、SCVMMを「酷使」しているという。「クラスタリングはとりわけ手間の掛かる作業の1つだ」と同氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...