2011年01月12日 08時00分 公開
特集/連載

Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(後編)SCVMM 2012新機能 〜ストレージ管理&ネットワーク管理

Microsoftがプライベートクラウド市場への参入を狙い、2011年下半期にリリースする仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」。後編では、ストレージ管理とネットワーク管理の分野における新機能について紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]

仮想化のための物理インフラのプロビジョニング

 TechEdのSCVMM vNextセッション「Fabric Management for the Private Cloud」での説明によると、SCVMM 2012では、代理管理者レベルにおいてネットワーク管理者とストレージ管理者という2つのロールが新たに追加されるという。すなわち、同ソフトウェアの新バージョンは、ベアメタルサーバ、ホストクラスタ、ロードバランサ、ネットワークリソースおよびストレージリソースのプロビジョニングに対応した初のSCVMMバージョンになるということだ。

 同セッションによると、SCVMM 2012では仮想マシン作成の際にOSとアプリケーションの配備を自動化できるという。さらに、SCVMMのGUIを使って物理的なホストクラスタを作成し、共有ストレージボリュームを接続することも可能だ。

 「クラスタリングの自動化がもたらすメリットは大きい」と話すのは、米Slumberlandでインフラチームのマネジャーを務めるセス・ミッチェル氏だ。同社では約120個のHyper-Vゲストを運用し、SCVMMを「酷使」しているという。「クラスタリングはとりわけ手間の掛かる作業の1つだ」と同氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...